FC2ブログ




















訳あり物件入居体験談(其の4)第122話:訳あり心霊物件の霊障は人災だった・・・真下の1階に住む高齢夫婦の呪術師が呼び寄せた邪悪な霊に毎日の様に首を絞められた恐怖

これは埼玉県のI市に住んでいた時の話

2016p1.jpg

まだ新聞販売店の人売り業者(ヤクザ)の手から
抜け出せずにいた頃の話です
今から25年くらい前の話でしょうか
子供が5歳くらいの話です

販売店での仕事も慣れ
落ち着けるかな?と思っていたら・・・
人売り業者(ヤクザ)が来店し一変しました

「お前ここに行け」
渡されたメモ用紙に
次に行く販売店の名前と住所が書いています

この頃も何度も
行政に助けを求めていましたが・・・
「身内くらいいるでしょ?」と門前払い

自力では
この人売り業者(ヤクザ)から抜け出せませんでした

妻に
この現状を伝えに行くと
涙ぐんでいます
引っ越しの日々でした

保育園に行き
事情を説明しても
理解して貰えませんでした

強引に
転居を余儀なくされる日々・・・
もう人間としての生活が
崩れかけている感じでした

2016p4.png

「申し訳ありません」
それしか伝える事ができません

子供を抱えながら
引っ越し業者に荷物の搬出の指示をしました
この引っ越し代も借金の内です

人売り業者(ヤクザ)には店から
引っ越し代が渡されているはずなのに
何故か
借金として計上されているのです

文句を言えば・・・
と思う方は多いでしょう

言うと
どうなるか・・・・
山に連れて行かれて
家族全員終わりです

そんな連中でした・・・・

バスに乗り電車に乗り
新しい店へと行きました

店での挨拶も簡単に済ませ
社宅へと案内されました

ここがいいという選択肢はありません
指定された部屋に住むしか無いのです

古びたアパートの2階
カンカンと階段を上がり
部屋に行くと・・・異臭がしました

2016p6.png
妻の方を見ると
気づいていない感じでした

あぁ・・・
私だけ臭く感じるのか・・・・
ため息が出ました

部屋の中に入ると
案の定
ビリビリとした感じが伝わりました

そんな時です
トイレ付近から
目の前をさっと通って押し入れの中に
スーっと入っていく影?を見ました

妻は気づいていませんでした

あぁ・・・
やはり出たか

6畳一間の部屋でした

引っ越し業者が到着し
荷物の搬入がはじまりました

「ここでいいんですか?」
引っ越し業者も困るくらいの狭さです

寝る場所しかありません

「早く借金を返して抜け出すから」
妻にそう言うしかありませんでした

仕事は我慢できます
だが残された家族が心霊物件で
悪影響を受けないか・・・
そちらの方が心配でした

幸いな事に
妻と子供には
どうやら霊障は無いみたいでしたが
私には容赦なく襲い掛かりました

金縛りだけでなく
身体の上に乗って首を絞めてきます

2016p3.png

はっきりと見えませんが
絞められている力は強く
首に絞めた痕が残り赤黒い痕が・・・

これはいつか殺される・・・
そんな感じに思い悩んでいました

どうしてこの部屋だけ?
自殺があったのだろうか・・・
同僚の人達も
連れて来られたばかりで
知らないと言うではありませんか

その原因は2週間後
なんとなくわかりました

真下の1階の高齢の夫婦が
猫や犬をさらってきては惨殺し
庭に埋めていたのです

警察官に事情を聞かれた時に
話を聞いた時は驚きました

ここで
あれ?って思いました

真昼でも
私の首を絞める霊は
犬・猫ではありません

それとも
人間の形をしている霊なのでしょうか

2016p2.png

私の新聞販売店での
配達区は隣でしたが・・・・
事情に詳しい主婦の話を聞いて
びっくりしました

なんと
真下の1階の高齢夫婦は
呪術師だと言うのです

だから犬・猫をバラバラにしていたのか
理由が分かりました

この高齢夫婦が誤った手法で
霊を集め怒らしているのだと・・・・

それを証明するかの様に
この高齢夫婦が引っ越しした後は
あの首を絞める霊は来なくなりました

2016p5.png

この場所も5か月間で引っ越し
災難はまだまだ続きました

貴方の周りにも
胡散臭い呪術師はいませんか?

その霊障は人災かもしれません


※画像はフリー写真素材【写真AC】
【イラストAC】より イメージ画像として使用しています




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/02/27 16:12 ] 訳あり物件入居体験談 | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の14)第102話:不法投棄に手を染めた叔父の乗ったミニショベルカーは宙に舞い上がり30m離れた谷底へ落ちた・・・神罰は下半身不随になっても許されないのか

【これは1年半前の記事です】

KKK(監視・告発・危険予知)の活動で知り合った霊媒師さんに
記事の《お祓い》をお願いしていましたが
ようやく私の元に送り返されてきました

少し粘着性のある霊や神罰を
引き寄せてしまったのですが
(現在は大丈夫です)
なんとか記事アップできそうです

FC2ブログは30日更新無いと
広告が表示されるんですね
初めて知りました

これは私の父方の弟
叔父の話です

叔父は祖父が営んでいた
不動産を足がかりにして
土地を買い占めては最終処分場に仕立て
産業廃棄物といわれる
廃プラスチック類・ゴムくず・金属くず
ガラスくず・コンクリートくず・陶磁器くず
がれき類等を埋め立てる商いをしていました

2016_2020012415324609d.png

雨水の影響を受けない
安定型最終処分場だったらしいのですが
持ち込み業者が勝手に
廃油・紙くず・木くず・繊維くず
動植物性残さ・動物のふん尿・動物の死体等
廃棄していたそうです

この職種だけではありませんが
暴力団の息がかかった業者も多く
法律は守られていませんでした

トラックで持ち込んでは
ドサーっと捨てていくらしいのです

何度も何度も
市や県から指導が入っていたと聞きました

そんなある日の事です

叔父は
いつもの様に運ばれてきた
入り混じっている産業廃棄物を
ミニショベルで埋め立てながら
均していると・・・・

急にミニショベルが宙に舞い上がり
30m以上離れた谷底に
落ちたらしいのです

その事故で
叔父は一生
下半身が動かない身体になってしまいました

その事故がきっかけで
違法状態がばれて
持ち込み業者と共に
刑法による懲罰対象になりました

それから叔父は毎晩
理由が分からない高熱を出して
生死をさ迷ったらしいのです

高熱が出て5日目
祖母は霊媒師さんを捜したと聞きます
3人目で
ようやく本物の霊媒師さんと出逢い
見て貰ったところ
山・水の神様の神罰だと分かったそうです

相当な怒りだったらしく
2度断られたとか・・・・

それでも
なんとかお願いして護摩焚きをして
貰ったらしいのですが・・・・

部屋で
庭で
産業廃棄物処理場で
谷の祠で
近くの池で

5箇所
計10週間近く護摩焚きをして
貰ったらしいのです
祈祷料や祭壇・諸々の準備で
300万だったとか・・・・

これが高いか安いかは
皆さんの判断に任せますが
霊媒師さんも命がけだったとか・・・

その産業廃棄物処理場は
借金の担保で競売にかけられ
叔父が競り落として
開墾したらしいのですが・・・

201601_2020012415324778d.png

その山は元々
いわくつきの山だったらしいのです

そんな山を開墾し
産業廃棄物をドカドカ埋め立てるのだから
土壌も地下水も汚染されて・・・・
神様も怒って当然でしょう

霊媒師さんも終わった時
様相が違ったといいます

叔父の胸ぐらを掴み
車椅子から引っ張り倒して
『お前の子孫はない』と怒鳴りながら
帰ったらしいのです

2016014_202001241532489b2.png

熱が下がった叔父は
車椅子生活を過ごしていましたが
10日後くらいから
狂ってしまって入院後
すぐに亡くなりました

祖母は
その2ヵ月後
叔父の供養もお願いしようと
手紙を添えたお中元を贈ったら・・・
宛先不明で
戻ってきたので直接届けようと伺ったら・・・
霊媒師さん宅は火事で
跡形も無くなっていたらしいのです

本当の神罰は
護摩焚きでは
許してもらえないのでしょうか

その後
叔父の家も出火原因不明の火事で
全焼しました

祖母が叔父が可哀想だと
喉が渇いたらいけないと仏壇で
お水をお供えしたら・・・・

ろうそくや線香をつけていないのに
仏壇が2回も燃えたらしいのです

無題244

このままでは・・・・と
危険を感じた祖母は
他の霊媒師さんを捜しましたが
誰も受け付けてくれませんでした

そして祖母は
私が3歳の時から
叔父の事は考えてはいけない
叔父の写真を持ってはいけない
叔父の墓参りしてはいけない

私に厳しく
守るように言い聞かせました

こうして叔父の事を書けたのは
霊媒師さんの尽力だと思いますが・・・
叔父が亡くなってから
50年以上経ちます

それでも許してもらえない
神罰とは怖いものだと痛感しました

ブログにアップするだけでも
ヤバいのは本当に驚きです

2016074.png

貴方の周りの土地は大丈夫ですか?
神様の祟りは本当に怖いですよ?

山に行っても川に唾を吐いたり
小便したり
食器を洗ってはいけません

至るところに神様はいますので
気を引き締めて行動するのが最善です

祟りになる場所は至る所にある
これも都市伝説の類でしょうか?




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/01/24 15:36 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の9)第62話:付き合っていた女の子に憑いていた生霊が20人以上・・・付き合っていた彼氏が7人失踪・首吊り自殺していたという訳アリ彼女との結末

貴方は生霊に執拗に
霊障を受けた事がありますか?

自分とは無関係で
知らない者からの生霊の
霊障はまるで(当たり屋)です

これは
私が大学一年の時の話です

コンビニでアルバイトをして
6ヶ月目だったでしょうか?

違う直営店のアルバイトの
女の子から告白されました

私も当初は
尻込みするほどの綺麗な人でした

20161_20191121040644484.png

「俺でいいの?」
何度も聞き直した記憶があります

ですが
付き合ってしばらくの事
居酒屋で妙な事を聞いてしまいました

「いなくならないでね!」
手を握りしめ泣きながら言うのです

酔っているのか?
それとも何か精神的な病みなのかな?
そう思うほどの泣きぶりです

「大丈夫~!」と声をかけました

「何でそんな事言うん?」と尋ねると
彼女の彼氏になった人が
今まで7人も失踪
その内3人が首吊り自殺していたと・・・・
ドン引きしました

しかも私を選んだ理由が
(強そうだから・・・・)

その強い意味が違うんです
まさか・・・・
神経図太そうな事?

ちょっと不快になりました
すると
「霊に強そうだから・・・」と言うのです

無題104

何でもバイト仲間で
そう聞いたらしく・・・・
それで自分を選んだとの事でした

聞いて嬉しくないなぁと思っていたら
居酒屋のテーブルの上にあった
ガラスのコップが2個同時に割れました

2個同時ですよ?
物凄くビビリました

そんな話を聞いている最中でしたので
余計にそう感じました

居酒屋の店長に
怒られた程度で済みましたが
テーブルに戻ると
サラダを盛っていた皿までもが
割れていて・・・・
慌てて居酒屋を出ました

居酒屋を出て
「部屋に行きたい」と言うので
そんな気分では無かったのですが
仕方なく部屋に連れて行くと・・・

いきなり抱きついてきました

無題106

「うわムラムラしてきた・・・」
そんな風に思った時です

ピキピキっと金属音が耳元で
うわっと思った途端

彼女が
「フッフフフ」と笑いだすのです
ゾクゾクっと恐怖を感じました

「今日は止めよ?」と声をかけると
「何でー?」と泣くのです

今・・・・
「フッフフフ」と変な笑い声を
出した様子に気づいていません

何かヤバイ
タクシーを呼んで帰宅させました

その夜
3時過ぎでしょうか?
天井の蛍光灯がバーンと落ちてきました

何かおかしい

次の日
いつもお祓いに行っているお寺さんに行くと
「うわー」とお坊さんが言いました

2016_20191121040643f79.png

いつもそんな風に驚かないお坊さんの
様子にこちらも驚いてしまいました

「心霊スポットに行ったの?」と聞かれました

事情を説明すると・・・・
「付き合ったら駄目じゃけ」と言われました

何と
私に憑いていたのは
20人以上らしかったのです

一見
普通に見えた女の子でしたが
過去に風俗に勤めていたそうなんです

こんな事聞かされても言い難いなぁ
困ったなぁと思っていると・・・・
昼過ぎでしょうか?
その子の兄?から電話がありました

「父親を刺したんです・・・」
衝撃の言葉を聞きました

私も別れたくない気持ちもあったのですが
精神病院に入ってしまって・・・・
それ以来は面会できない為
音信不通になりました

兄?と思われる方に電話しても
繋がる事はありませんでした

その後
彼女の事を色々聞きましたが
身体を売る風俗では無く
只のキャバ嬢だったらしいのです

色白で美人で
妙に色っぽい事もあり・・・
客が途絶えなかったそうですが
ストーカー被害で悩んでいたそうです

生霊って本当に怖いですね

自分とは無関係でも
霊障を引き起こすとは驚きです

あのまま・・・・
付き合っていたら
私はどうなっていたのでしょうか?

「フッフフフ」と笑う霊に
刺されていたかもしれません




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/11/21 04:12 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(不思議編:其の5)第40話:違法薬物書き込みを警察に通報・・・警察関係者から『会えませんか?』と言われて合った17人の者達が消息不明に!何処に消えたのか?

違法薬物売買の書き込み

通報すれば・・・
後は警察が何とかしてくれる

警察=貴方の味方
  ↑↑↑
こんな風に思っていませんか?
これは11年くらいの話です

当時
ネットにも市民オンブズマンを!!
そんな目的の為に集まった
ネット集団の一員に参加していました

201606_2019103011260182f.png

活動は活発で
主に通報活動と監視

私の役目は
警察が捜査をしやすいように
分かりやすく状況をまとめると
いうものでした

莫大なサイトの中から
違法書き込みを見つけ出す
活きた情報でないといけません

世間一般では
荒しと呼ばれる集団でした

・違法書き込みがあると・・・その管理者に通報する
・sageを使い書き込みを見えにくくする
・違法売買者を煽って特定のサイトに誘い出し
個人情報を探る際に必要な情報を抜き出す
といった感じでした

活動的には問題がありながらも
IHCよりは効率的で
閉鎖数も比較になりませんでした

そんな矢先
このグループも壊滅に追い込まれたのです

それは
キ●友掲示板の通報でした

この集団のある者が

各府省への政策に関する意見・要望
電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose
   ↑↑↑
上記の窓口を使い警察庁に通報したのが
発端でした

千葉県警の者が接触してきたのです
『うちの管轄で扱っているから・・・』と
何度も接触してきたそうです

荒しと呼ばれる集団の者は
存在を示したいという強い願望があるせいか
疑いを持たず・・・
むしろ歓喜していた様子でした

私は何度も
その一員に“接触”は止める様に
言いましたが・・・

彼を含め
他の者も止めようとしません

そんな意見の相違で抜ける事にしました

抜けた後も
彼らのアジト的なHPには
立ち入りの“許可”をもらえ・・・
時々ではありますが
彼らの状況をPC画面の向こうから
眺めていたのです

そんなある日の事です

彼らが警察関係者から詳しい話が聞きたいと
接触を求められ・・・
そのついでに
荒しと呼ばれる●●●●の者が
集まる事になったみたいなのです

私は不安がよぎりました
ですが
彼らは聞く耳を持ちません

慎重的な考えを持つ2人を除いて
他の者は集まる事になったみたいでした

人数的には
定かではありませんでしたが
約17人くらいでしょうか
集まる事になったのです
(居酒屋に予約入れた人数で分かりました)

ですが
翌日からパタリと彼らの動きが止まりました

2016061.png

残された2名だけが
あとふたしている感じでした

17人でしょうか・・・
その後の書き込みや活動らしいものが
無くなったのです

そんな事が起きて
数か月後でしょうか・・・
下記の様な事件が発覚しました

(該当ニュース)
薬物捜査員の「キ●友」は元容疑者…
クスリと女にハマった刑事の“修羅”
2009/12/26 産経新聞
《-記事URL削除-》

なんと捜査関係者が
彼らのキ●友の一員だったのです

私は
ハっと・・・
荒しと呼ばれる
あの集団を思い出しました

偶然でしょうか・・・
気のせいでしょうか?

該当の警察官は
否定していますが
捜査内容を
洩らしていなかったのか・・・
疑わしいものがあります

私は警察庁に
事情を説明しました・・・

すると・・・
『会えませんか?』というのです

こんな状況で・・・
貴方は会えますか?

事情説明なんて・・・
メールだけでも十分なのに

警察は市民の味方じゃない
こんな言葉をよく聞きます

これも都市伝説でしょうか?




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/30 12:13 ] 忘れられない恐怖体験(不思議編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の6)第21話:そこは通ってはいけない場所・・・霊道で待ち受けていたのは付き合っていた彼女の生霊達が取り憑いた人の顔をした二匹の不気味な犬だった

これは私が学生の時の話である

当時
広島県尾道市に住む
女性と交際をしていた

夜23時頃だったろうか
原付バイクで
広島市内に帰る途中
●●の手前の某神社辺りで
2匹の犬に追いかけられた

時速30km・・・
普通ではない

右手は山
左手は海で街灯も無く
暗く不気味な所だった

201607_20191020022257612.png

『グルルル・・・』
鈍くて低い音が聞こえた

原付のバイク音より
ヘルメットをかぶっていたにも
関わらずはっきりと聞こえた

何だ?
ハっとすると・・・
右手の山の急斜面から
二匹の犬が物凄い速さで降りてきた

『グルルルル・・・』

右から左から挟まれて追いかけられた

え?
わ!何これ!!
バイクがこけそうになるほど
慌てた

すると次の瞬間
足に噛みつこうとするではないか

今でもはっきりと覚えていないが
動転して30㎞以上は
出していたかもしれない

それでも・・・
二匹の犬はずっと追いかけている

何度も足で振り払ったが
ついに右足を噛まれ
あまりの痛さに転倒してしまった

転倒した時
右側にいた犬を下敷きに
轢いた感じだった

『ギャワン!!』

犬の鳴き声もはっきりと聞こえた

路面をバイクと一緒に転んでいく
やがてバイクの照明も消え
全てが暗闇に・・・
全く対向車も無い気味の悪い場所だった

少し意識が遠のいていたのか
脳しんとうを起こしていたのか
分からないが
身体が動かなかった

その時である

ヘルメット越しだったが
二匹の犬が覗いているのに気づいた
フェイスガード越しに
睨みつけているのである

もう一匹無事だったのが
不思議だった

私の方といえば
身体も動かず声も出せず・・・
異様な恐怖感を感じた

『パキン』

え?

自分の胸の辺りから
金属が割れる音がした・・・

骨が折れたのか?
自分でも分からなかった

音に気を取られて
再度
犬の方を見ると・・・

恐怖で震えてしまった
人の顔だった・・・

老けた男性の顔が・・・
二匹とも人の顔だった・・・

その恐怖からなのか
『あっあっあ・・・』
自分でも意味の分からない
言葉を発してしまった

無題227

すると
パァァァァァァーン!!!

大型トラックがクラクションを
鳴らしながら急ブレーキを
かけていた

もう少しで轢かれる寸前・・・
目の前に大きなタイヤが!!!
心臓がバクバクだ

『馬鹿野郎!!ボケがぁ!!』と
大型トラックの運転手に怒鳴られた

『すいません!!』
あれ?
声が出た・・・

『何やってんじゃわれ』と言われたので
『人の顔をした犬に・・・』と言いかけると
パァァァァーンとクラクション鳴らされて
『見ても言うな!!』と怒鳴られた

意味が分からなかったが・・・
黙るしかなかった

『照らしてやるけバイク避けろ』と言われ
道路脇にバイクを置くと
大型トラックの運転手が降りてきた

殴られる様な剣幕だった

だが
バサバサバサバサ

ペッペ・・・塩辛いし
目が痛い

塩・・・

塩を大量にかけられた

『無事で良かったな』
『ここは事故でよう死ぬけ』
『帰ったら朝一番に寺に行けや』

何かヤバイらしい・・・
こんなごっついトラックの運転手が
妙に怖がっている感じが
更に恐怖感を煽った

怖そうな感じの人だったが
街灯のある場所まで着いて来てくれた
明るいトラックのヘッドライトは
妙に安心感があった

別れ際に
『気ぃつけやぁー!!』と
パァァァーンと
クラクション鳴らされて・・・
さすがに住宅も近くにあったので
冷や冷やしながら
何度も何度も頭を下げて
その大型トラックを見送った

そんなこんなで何とか
家に辿り着いたのは
深夜2時だった

着替えると・・・
異変に気づいた

20160_20191020022256836.png

お守り袋を常にぶら下げて
いたのだが・・・
カシャカシャと異音がするので
お守り袋を開けて見ると・・・

金属製の身代わり不動明王が
割れていた

転んだ時に割れたのか
アノ不気味なものから
身代わりになってくれたのか
その時は分からなかったが

翌朝に真言宗のお寺に相談しに行くと
なんと私に
7人くらいの集合霊?らしきものが
憑いていたそうだ

とても強い地縛霊で
通ってはいけない場所を通ったらしい
霊道らしかった

でも・・・
その内の2人は
違う所の霊だと言われ・・・
聞いた時は驚いた

当時
付き合っていた女性はバンドの
ボーカルをしていたのだが・・・
その彼女に
憑きまとう生霊だったらしい

彼女にもお祓いをしてもらおうと
説得してみたのだが
宗教が違うとか
気持ち悪いとかで・・・
それ以来
気まずくなり・・・
疎遠となり別れた

だが去年の夏に
帰省した際に
故郷の友人から聞いた話では
28歳で自らこの世を去ったと
聞いた

『やっぱりそうなるのか・・・』
説得できなかった
自分に情けなく涙が止まらなかった

あの生霊が原因なのか
私には知る由がありませんが
あの時の犬の“顔”は
悪意に満ちていました

もし
身代わり不動明王のお守りを
つけていなかったら・・・
どうなっていたのでしょうか?

それにしても
通ってはいけない場所があるとは・・・

貴方の周りにも
そんな“場所”があるかもしれません




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/20 04:13 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(人間編:其の1)第1話:『あんた男っぽくしなさんな』引っ越した早々に近所の人に言われ・・・男の子ばかり狙う変質者に追われて初めて意味が分かって震えてしまった

これは
私が小学3年生の頃の話です
当時
母子家庭だった私は
転々と引っ越しの
繰り返しを
余儀なくされる状況でした

母親は風俗に働き
夜は私独りぽっち・・・
そんな時の事です

大阪に引っ越ししたのですが
引っ越した早々
近所の人の視線がおかしいのです

すると隣のおばさんが
『あんた男っぽくしなさんな』
『公園で遊んだら駄目だよ』

意味深で不可解な事を言うのです

そんな忠告も忘れ・・・
1人ぽっちだった私は
公園へと出かけました

すると
公園の外れの林付近に・・・
立ち入り禁止のテープが・・・


2016053108193659b_20191010062936790.png


その瞬間
今までに感じた事の無い恐怖感が
じわじわと来ました

慌てて家に自転車で戻り
玄関の鍵を閉めた瞬間

玄関のドアがバン!!
バン!!バン!!

誰かが叩いているのです

その家は丁度
玄関付近を見渡せる部屋があったので
ソーっと
その部屋に回り・・・・
カーテンから覗きました

すると・・・
フードを被った変な人が
玄関のドアスコープから
逆に覗いているのです


20160531081935b71_2019101006293662f.png

すぐさま
警察に110番しました

すると
警察官の人が・・・

『襲われなくて本当によかったね』と
言うのです

後で隣の人に聞いた話ですが
男の子ばかり狙って
性的暴行を繰り返す事件が
続いていたそうです

その犯人は私の記憶が
正しければ
未だに捕まっていないとか・・・

男の子が犯される・・・
奇妙で怖い事件があるもんですね




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/09 23:00 ] 忘れられない恐怖体験(人間編) | TB(-) | CM(0)