FC2ブログ



















忘れられない恐怖体験(不気味編:其の1)第24話:飲む護符だと騙されて犬を餓死させて作る呪符を飲まされてしまった!呪符を作った者は発狂して精神病院へ・・・呪いは呪いをかけた者にもこうむるのか

『これよく効くんだよ』
『88か所参りのお土産』と
飲む紙の護符をいただいた

2016_20191022114933eed.png

これは
私が小学一年生の頃の話である

下記の記事でも書いたが・・・
忘れられない恐怖体験(心霊編:其の5)第19話:
大阪で母親の不倫相手の奥さんが発狂して蛇に取り憑き・・・
20分くらい逃げても逃げても執拗に私を狙って
追いかけ噛みまくられ痛さと恐怖で失神してしまった
https://occult110.blog.fc2.com/blog-entry-19.html

ここに登場する母の不倫相手側の
奥さんに
この“護符”を貰った

母は平然と
その旦那さんと不倫しながら
そこの奥さんとお茶したりしていた

そんな矢先
護符を貰ったのである

だが
ある日
その不倫している旦那さんに
『奥さん88か所行ったん?』と
聞いたらしい

すると
そんな所へは
一切行っていないという

そんな出所不明の護符だが
母は私に飲まそうとするのである

2枚くらい飲んだろうか・・・

ある日
興味本位に紙を開封してしまった

すると
薄く犬の毛らしきものと
赤い文字で“呪・・・”と
漢字がびっしりと書かれていた

気味悪く感じた私は
母に見せると・・・
形相を変えていた

近くの神社に持って行った母から
聞いたのだが・・・
その護符は
犬神を呼びよせる呪符ではないかと
言われたらしいのである

無題218

その護符の話も
いつの間にか
その奥さんが精神病院に入院した事で
記憶に忘れられていたが・・・

高校3年生の時に
机の隅から
その呪符が出てきたので
お寺さんの同級生の友人に
頼んで調べてもらうと・・・

やはり陰陽師が
使う呪符らしきものではないかと言われ
処分してもらった

201606_201910221149345dd.png

後で
調べたのだが・・・
五芒星の形にその呪符を置き
その真ん中に
犬を土に首だけ出して埋めて
目の前に食べ物を置き
一週間くらい飲まず食わずで・・・
苦しませながら餓死させて
その時に生じる凄まじい怨念と邪気を
呪符に封じ込めるらしい

どうりで・・・
あの蛇が私だけを追いかけてくるはずだ
そして
噛まれた同じ日に
奥さんが発狂して入院したのは
その呪いが
呪いをかけた方にも
はね返ったのではないだろうか

そう考えると・・・
妙に自分でも納得出来るのが
不思議だ

貴方も知らずに
呪符を飲まされていませんか?

人から貰うものは・・・
本当に信用できる人でなければ
飲んではいけない

これも呪いに関する
都市伝説でしょうか・・・・




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/22 11:54 ] 忘れられない恐怖体験(不気味編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(人間編:其の6)第11話:人売りを平気でする(新聞)本社に騙され心霊物件の社宅に住むはめに・・・住めない状況に気づき経営者に部屋の変更をお願いしたらチンピラに豹変してしまった

人売りに近い●●社の
紹介に騙された

これは私が
研磨工場で怪我をして
新聞屋セールスをしている最中に
就職活動をした実話である

愛知県名古屋市の
●●●●の本社が人材募集をしていた
国語・数学のテストをして
それから各店舗へ
人材開発の者と
面接に回るというものだった

『家族がいるので・・・』

社宅は3DKを用意してくれると
約束してくれて
募集時にもそう書いていた

だが・・・
紹介してくれる店舗は
2人くらいのボロボロな店舗ばかり
配達のバイクすら無い

『社宅?ねぇよ!!』
全然話が違うではないか

人材開発の者に言うと・・・
『おかしいねぇ』とサラっと言うのである

その後
名古屋のあちこちを回り
7店舗も回った
何処もボロボロの・・・
店舗ばかり
配達用のバイクなんて一台も無かった

夕方4時頃
『豊田市の近くにいい店舗がある』と
連れて行かれた

初めて
配達のバイクが並んでいる店である
大きく見えた
(そう見えるようにされたのか)

この店舗は3DK用意してくれるという
同じ部屋だと言って
違う部屋を見せられた

3DK
まあまあ綺麗だった

『ここに決めます』と
人材開発の者に伝えると・・・

2016060_201910160816548b9.png

次の瞬間
その経営者が
『はい10万ね!』と目の前で
●●●●の人材開発の者に
万札を渡しているのである
異様な光景だった

この時思った
売られたのかと・・・・

今日一日
これが本当の“目的”だったのかと

そして
実際に住む社宅の鍵を渡され
室内に入ると・・・
ガク然とした・・・

風呂には髪の毛だらけ
ガス給湯はボコボコ?
蹴られた感じで故障していた
壁には穴があり
天井になんと!!!

●ね!!
クソ●●と経営者の名前が
書かれていたのである

こんな所にどうやって住むのか!!
経営者に言おうと
外に出ると・・・

上の階に住むという人が
声をかけてきて・・・
『ここ先月に奥さんが自殺したんよ』
『旦那さんは行方不明よ』

201606_20191016081653d13.png

更に
『幽霊が出る部屋だからやめとき!!』
驚いた・・・

店側の事情は
ある程度分かるが・・・
落書きや壁の穴
風呂のガス給湯器のへこみを
見ると・・・

店と何らかのトラブルがあったと
誰でも分かるだろう

経営者に
『部屋を変えてくれませんか?』と伝えると
『そこしか無いしオメーは既に10万の借金してんだよ!!』
またまた
その言葉を聞いて驚いた

でも私が
『法的に解決します』と言うと・・・
経営者は
『どうなってもしらんからな!!』と
怒鳴っていた

私が住もうとした社宅・・・
心霊物件だというが
この経営者が原因だと
はっきりわかった

一体
何人の人が涙を流し恨んで逝ったか・・・
考えるだけでもゾっとする

こんな店に紹介して
紹介料を貰う●●新聞本社の人間にも
憤りと呆れを感じてしまった

さすが●●屋と蔑まれるゆえんだろうか




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/16 12:13 ] 忘れられない恐怖体験(人間編) | TB(-) | CM(0)