FC2ブログ



















忘れられない恐怖体験(人間編:其の22)第68話:スカートをまくしあげて足を見せて「中に入って・・・・」と誘う綺麗な人妻に隠された罠・・・もう少しで引っかかるところでした

新聞のセールスって色んな出来事が起きるんです
多くのヤバイ体験しました
その中から印象深いものを
一つ語りたいと思います

それは埼玉県所沢市での出来事でした
狭山湖の近くの一戸建てをセールス中に
綺麗な人妻に出会いました

インターホンで
いつも切られるのが多かったのですが
あれ?今日は一件目で玄関開けてくれた・・・・

2016_20191128071720cb4.png

ガチャと出てくれたのは
20代前半の綺麗な人妻さんでした

「うわ!綺麗ですね!」
本心そう思いましたし思わず
口に出てしまいました

口は軽い方ではないのですが
女性に対しての表現は抵抗無く出る為
誤解されやすいのも欠点でした

「あら?そう?」

奥さんの笑顔は更に綺麗に感じました
セールストークしている中で
「面白いからもっとお話聞かせて?」と言うのです

近くに西部遊園地があるので
ジェットコースターで遭った悲惨な体験を語ると
大盛り上がりになりました

20分くらいでしょうか?
凄く長く話していたと思います

「ちょっと待ってて・・・」
そう言って奥に入っていった奥さん

戻ってくると
なんと・・・
ボタンが2つ外れているのです

20161_20191128071721cbe.png

あ・・・・
目のやり場に困りました

「フフフ・・・」
子供扱いされている感じでした

これはいかーん!と正気を保とうとしていると
「出産してから足が太くなったの・・・」と
スカートをまくしあげて足を見せてくれました

201611_2019112807172272b.png

あ・・・
あ・・・・・
綺麗な足でした
いかーんいかーん!
これは・・・いかーん!!
まるでライオンの前に落とされた生肉でした

「中に入って・・・・」

私の抑制心という(ダム)が崩壊寸前でした

そんな矢先
「ミシ・・・」
わずかに
奥の部屋に人の気配を感じました

直感しました(汗)
コレはヤバイと!

「奥さん洗剤とビール券ぜーんぶ持ってくるね!」
そう言って慌てて外に出ました

バイクにエンジンをかけて
走り逃げると・・・・

後ろから
「待てや!」と怒声が聞こえてきました

無題117

バックミラーに上半身裸のヤバそうな人が
映っているではありませんか?

もしあの時
家の中に上がっていたら・・・・
どうなっていたのでしょうか
怖い人っているもんですね




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/11/28 07:18 ] 忘れられない恐怖体験(人間編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(人間編:其の16)第45話:地下鉄のエスカレーターでぶつかった男が何処までも後をつけてくる・・・4件の通り魔の犯人に執拗に追いかけられ狙われた怖い体験

貴方は地下鉄で
怖い目に遭った経験がありませんか?

これは27年前の出来事です

当時
私は愛知県名古屋市の
中村区名駅南に住んでいました

地下鉄から降りると・・・
歩いて4分の好立地の
マンションでしたが
怖い目に遭うとは・・・
夢にも思いませんでした

その事件に遭ったのは
ある雨の日でした

地下鉄から降りて
エスカレーターに乗っていると
わざとなのか
思い切りぶつかってきた者がいました

また酔っ払いだろう・・・
そのまま素通りしていくので
気に留めませんでした

ですが・・・
改札口付近でいつもと違う
雰囲気に気づきました

柱の陰から
先程の男が見ているのです

2016061_20191103203443d56.png

やばい!!

そんな気配を漂わせている様子でした

その後
何処を歩いても・・・
急ぎ足で何処に向かっても
その男がついてくるのです

この異様な感じは
普通ではありませんでした

途中
交番があったので・・・
事情を話しました

念の為
警察官の方が
途中までついてきてくれました
さっきの男の姿は見当たりません

『有難うございました』

そう警察官に言って
数分後の事でした・・・

目の前の電柱の陰に
あの男が立っているのです

目の前はマンションでした

ですが
このまま帰宅すると・・・
やばい!!と感じました

来た道を急いで戻り
その日は
朝までバーで
飲み明かしました

昼近くに
何度も周りの様子を見ながら
帰宅してマンションに戻りました

でも
ドアを閉めた瞬間
ピンポーンピンポーンと
鳴るのです!!

あ!!まだつけてきたのか!!
頭の中が真っ白になりました

その当時は
まだ携帯電話がありません

住んだばかりなので
固定電話もつけていませんでした

すると・・・
『警察の者です』と
聞こえるではありませんか?

インターホンで
姿を確認すると・・・
警察官でした

ガチャ・・・と施錠したまま
わずかに玄関を開けると・・・

『この男に追われていませんでしたか?』と
尋ねてくるのである

ようやく信用出来て
玄関を開けました

よく写真を見ると・・・
昨日の男です

201606_20191103203441ca7.png

『間違いありません』と伝えると
昨日4件も通り魔があったらしいのです
その男が犯人だとか・・・

すれ違った人を
無差別に刺していたと
言うのですが・・・
私の場合は明らかに追っていました

何を基準に刺す相手を
選んでいたのか・・・
未だに分かりません

それとも・・・
ぶつかっただけで
刺す相手を選んでいたのでしょうか?

近年
理由も無く刺される事件が
後を絶ちませんが
少なからず
相手選びはしていると思います

貴方も経験がありませんか?

地下鉄で
ぶつかったら・・・
周りに注意しないと怖い目に
遭うかもしれません




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/11/04 12:13 ] 忘れられない恐怖体験(人間編) | TB(-) | CM(0)