FC2ブログ



















忘れられない恐怖体験(人間編:其の20)第57話:街灯の無い真っ暗な散歩道に不審な冷蔵庫が落ちていた!!『冷蔵庫の中見ました?』・・・ただの不法投棄では無い感じの事情聴取に震えてしまった

狭山湖沿いの散歩道
深夜に冷蔵庫がポツンと置いてあった

これは21年前の出来事です

当時
私は新聞販売店で新聞配達をしていました

狭山湖周辺は
街灯も無く常に真っ暗でした

無題201

そんな中
秋頃だったでしょうか・・・

いつもの様に
朝刊を配っていると・・・
その散歩道に何か白いモノが見えるのです

バイクで近づくと
ビビりました

何と
散歩道の真ん中に
冷蔵庫が捨ててあるのです

3ドアタイプで
高さは140cmくらいでしょうか

20161_20191115112758c71.png

『不法投棄だ!』と私は思いました
狭山湖の周辺は悪質な不法投棄が多く
珍しくありません
電子レンジもゴロゴロ転がっています

ですが・・・
この冷蔵庫は異様に感じました
1人?では捨てれません

中に何が入っているか?と思う人もいるでしょうが
そんな・・・
恐ろしくて見れません!!


無題240


慌てて横を通り過ぎました
通り過ぎても不気味感が増すのです

その異様な雰囲気に飲まれまいと
平常心を心がけました

でも・・・
その日は小雨が降り
暗いせいか
ズーンと重く何か恐怖心が強くこみ上げるのです

何とか
配達を終えて・・・
店に戻ると警察官が3人来ていました

『冷蔵庫見たよね・・・・』

え?
不法投棄で事情聴取かな?

『見ましたけど誰が捨てたのか分かりません』
そう伝えると・・・

『いえ・・・そうではなくて・・・』と声を
詰まらせるのです

『冷蔵庫の中見ました?』
変な事を聞くのです

真っ暗闇で不審な冷蔵庫を
開ける勇気なんてありません

『何か入っていたんですか?』
そう聞くと口を噤むのです

『捜査上の関係で・・・』
それ以上
教えてもらえませんでした

その日の夕方
同業他店の配達員のおじさんが
私を手招きして呼び寄せるのです

『お前も聞かれたか?』
あー事情聴取の事だなと思いました

そのおじさんも詳しい内容は
聞かされていないものの・・・
さすが地元の人です

気になる事を言ってきました

『あの冷蔵庫な・・・』
『子供の一部が入っていたらしい』

え?
子供の一部?

2016_20191115112757077.png

まさか
人喰いの一種でしょうか?

その後
ニュースにもなりません

新聞配達員って色んな情報通ですが・・・
その後の展開が分かりませんでした

やっぱり・・・
子供の一部だったのでしょうか?

何か事情あるのは分かりますが
隠す内容だったのでしょうか?

今となっては分かりません

子供が死んで児童手当目当てで
放置って
よくあると聞きます

これも都市伝説でしょうか?




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/11/15 12:13 ] 忘れられない恐怖体験(人間編) | TB(-) | CM(0)

巷で囁かれる怖い話(不思議編:其の4)第41話:2006年の北朝鮮からの輸入禁止で急変した食卓に並ぶ農・海産物・・・産地偽装していた業者が大慌て!国内市場は価格高騰の品薄の混乱状態に

急に農・海産物の値段が急騰
鮮度も著しく低下した商品が並ぶになった
そんな2006年の出来事を
覚えているだろうか?

高価な海産物の中で
庶民にかろうじて
手が届く蟹を例にすれば・・・
分かりやすいだろう

2006年10月14日に
北朝鮮の地下核実験発表を受けて
万景峰号を含め
北朝鮮の全船舶は現在も入港禁止になった

輸入禁止である

それ以来
食卓に並ぶ農・海産物は
異常な品薄になり価格が高騰した

2016061_20191101005245e94.png

我々が普段口にしていた農・海産物は
ほとんどが北朝鮮産だった

海産物は特にカナダ産といいながら
仕入れ先とされる産地と

実際の輸入量の数が合わなかった

悪質業者は口を揃えて言い放つ
『本当の事を言うと売れないから・・・』
『価格を維持できないから』
『値段を下げてまで売りたくない』
これは悪質ではないか?

外部からの指摘が相次ぎ
産地偽装の検査や表示義務も
厳しくなりだしたのもこの頃である

まだ
この時代は
生産地の誤魔化しが横行し
北朝鮮産であっても
カナダ産と偽るなど
悪質な手口が
横行していたのである

2006年以降
冷凍品の貯えも底をつきだし
粗悪で安価な生産地から
代替え品を急きょ輸入したのである

某県の海産業者を例にすると
毎年
安価で美味しいと評判で
楽天市場でも1位、2位を争うほどの
海産業者だったのに

2006年以降
不味い・・・
パサパサすると評判がガタ落ちになった

カナダ産の蟹が特に
不評になった

カナダからは一切
蟹を輸入していないにも関わらず
カナダ産と偽って販売していたのである

2006年以降
北朝鮮産が入荷できなくなると
採算が取れないと
インドネシア諸島から
品質が低下した海産物を輸入し
行政の検査からバレたのである

今では
こっそりと社名を変えて
営業を続けているらしい
抜け道は幾らでもあるのだろうか?

北朝鮮産が流通している頃は
市場も活発で潤っていた

消費も庶民の暮らしも好景気だった

201606_20191101005245e1c.png

今では暴利をむさぼる
仲買業者が横行して
負が負を呼んでいる

暴利を得ようとする悪質な者が
仲介する限り・・・
食卓に並ぶ海産物は
安くならないのだろうか?




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/11/01 00:56 ] 巷で囁かれる怖い話(不思議編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(人間編:其の12)第29話:開店前にパチンコ台に置かれたライター!『ライター置いてある台はそのままに・・・』店長にきつく言われたのに・・・他の店員が嫌がらせで撤去したら怖い事態に

パチンコ店
貴方はヤバイ裏話を
知っていますか?

これは
平成7年くらいの話です

当時
愛知県でパチンコ店勤務を
していました

3DK社宅無料
ボーナス2回支給
タバコ・飲み物支給
弁当代支給・・・

こんな条件にひかれて
働く事になりました

閑静な住宅がある社宅は
なんとこのパチンコ店所有の
物件でした

それから
7ヶ月経ちました・・・
班長になった時の事です

店長から
『ライター置いてある台はそのままに・・・』
『撤去するなよ?』
『言う通りにしとけばいいんだよ』
こんな事を言われました

2016_20191023060204cba.png

後から知ったのですが・・・
店長は客の数人と共謀し
不正に店から玉を出させては
謝礼を貰っていたのです

このパチンコ店は
監視カメラが一切無いという
不思議な店でした

そう注意された矢先
同じ班長の夫婦もんの
奥さんが
『班長!ライターがあります!』と
言うのです

私は何度も
『これ訳ありだから・・・』と
説明しても奥さんは
理解していない・・・
いや・・・わざと言っているのです

わざとトラブルを
起こしているかの様に見えました

すると
そのライターをいつの間にか
撤去していたのです

『元に戻して!!』

そう言うと・・・
泣き出しました

主任の奥さんがいましたが
『不正してんの?あんた!!』と
怒鳴りつけるのです

困った・・・
もうパニックです

すると・・・
開店時間になり
客が入ってきました

当時は
アレジンが大人気
たちまち満席になると・・・
ヤクザ風のおっさんが
『そこワシの台だろ!!』と
怒鳴り出していました

何と・・・
あのライターの台だったのです

それでも
どく気配を見せない姿に苛立ったのか
椅子を蹴って警察を呼ぶことに・・・

この時
警察に全ての事情を話す決意をしました

無題203

すると店長が
『奥さんと子供どうなるか知らんぞ!!』と
脅迫してきました

ホールに戻ってみると・・・
先程の
あのライターが置かれていた
アレジンが箱を積んでいました
12箱!!!
止まりません

結局
3000個という大箱で
36箱・・・
10万発以上出ていました

その光景を見て・・・
また同僚の班長の奥さんが
主任の奥さんと一緒に
『こいつはね・・・』
『不正してるから・・・』と
常連客と罵倒しているのです

夕方
交代時間になると・・・
更に追及が激しくなりました

夕方に来た主任に
『店長から言われた』と言っても
同僚の班長に
『店長にきつく言われていた』と言っても
聞く耳持ちません

それどころか
店長に言いつけたのです

『おい!!話がある!!』

それから
散々脅されました

店長室から出ると・・・
あの班長の奥さんが
ニヤニヤ笑っているのです

そして本当の恐怖は
社宅に戻ってから・・・起こりました

シャワーを浴びていると
店長が訪ねて来たのです

『おい!!外に出ろや!!』

妻に警察呼んで・・・と言い残して
外に出ました

すると
今朝トラブルを起こしていた客と
常連客が他に2人いました

『車に乗れ!!』
断ると・・・
妻と子供が危険だと直感しました

仕方なく
白の大型ワゴンに乗せられ・・・
山に連れて行かれました

20162.png

作業小屋に連れて行かれ・・・
椅子に縛られ
5,6発でしょうか
殴る蹴るをされました

口の中が血だらけだと感じました

すると・・・
変な事を言いだすのです

『いっつもライター取りやがって!!』
『おいしっかり言わなきゃいかんで?』
『毎日ようやらかしてくれたのぉ』

え?
意識が遠のいていましたが
勘違いだと分かりました

言うべきでは
無いと分かっていましたが
自分の命が危険だという恐怖感から
自分はライターを一度も撤去した事が
無いと告げました

『ああそう?』

ガンと顔をバットらしきもので
殴られ・・・
気を失いました

どれだけ
時間が経ったのか分かりませんが
次に目を開けた時には
目の前に泣き叫ぶ同僚の班長の奥さんと
主任の奥さんがいました

それぞれの旦那さんである
主任と班長も椅子に縛られて
殴られているのです

あぁ・・・もう駄目や・・・と
思った瞬間
パトカーのサイレン音が聞こえました
そしてやっと解放されました

警察に事件との
共謀性は無いと言われた時は
ホっとしました

そして
店長と客の3人が捕まりました

でも・・・
何故か班長と主任には
二度と会う事はありませんでした

働く場所を失いましたが
社宅に来月末まで居ていいと言われ・・・
そしてまた求人誌を見る日々が続いたのです

貴方の周りにも
そんな怪しいライターが
置かれている台がありませんか?
そして玉が異様に出ていませんか?

もしかしたら
お店の関係者と
グルになっているかもしれません




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/23 16:13 ] 忘れられない恐怖体験(人間編) | TB(-) | CM(0)

巷で囁かれる怖い話(不思議編:其の2)第26話:野菜無人販売所の野菜は近隣の農家の野菜とは限らない!?野菜無人販売所にあるのは新鮮な野菜のはずが・・・設置者も収穫場所も不明な野菜だらけの恐怖

無人野菜販売所
田舎の農家には有り難い存在

ですが
これが本当に
近所の農家のものなのか・・・

これは私が9年前に
体験した話です

某県の田舎郊外にある
美味しいと評判の
食べ放題店に行きました

バス停から降りると・・・
空気が違う!!

田舎の濃厚な山や土の
匂いが心地よく感じられました

わずかな距離なので
歩いていると・・・

野菜の無人販売所が・・・
色んな野菜があります
近くのイオンより揃っている?
感じがしました

『ここ凄いね・・・』
『どれも新鮮そう』

帰り際に立ち寄り
買って帰る話になりました

201606_20191022132016f79.png

お目当ての
食べ放題店は凄い混雑していました
観光バスがズラっと並び・・・
時間無制限のはずが
2時間の制限制になっていました

繁盛期だから仕方ない
当初は気にしていませんでした

ですが
入店すると・・・

え?
ここ日本なの?

中国語が飛び交い
うるさくて仕方がありません

席に座り
いざ食べ放題の肉コーナーに行くと

え・・・?
何もありません(汗)

『まさかねぇ・・・』と
次の補充を待っていると

お肉がどさっと乗った
大皿を次から次へと
運んできます

『やっと食べれる・・・』と
思ったのも束の間

後ろから
ドカっと押され
割り込みされて・・・
チンピラ風の男女が中国語で
大騒ぎしながら叫んでいます
つばも飛び散っていました

なんと
小皿にとらずに
配膳用の木製トレーに
手で掴んで山積みにしているのです

異様な光景でした

まるで
食糧難の時で
餓死寸前?
食料を取り合っている感じです

すると
私の子供が転びました
背中を押されて転んだのです

『何するんだ!!』と注意すると
10人以上の怖い中国人風の男女に
取り囲まれ・・・

『うっさいんだよ猿!!』と
流暢な日本語や中国語で
罵声を浴びせているのです

大学で中国語を習っていただけに
分かる単語もあり・・・
日本人でも
こんな罵声を浴びせる事なんて
滅多にありません

子供も怖がり
妻も何をされるか分からないから
相手するの止めようと
懇願してきました

食べ放題なのに
食べるモノ・機会が無い

メニュー表にある
別料金の肉を単品で
頼むしかありませんでした

自分達の席から見える
彼らの席には山積みの肉が・・・

食べ物に執着するのは恥ずかしい
そんな気持ちで
自分を抑えようとしましたが
悔しさでいっぱいでした

無題205

ただの誹謗中傷になるので
ここまでにしますが
『文化や風習が違うから』と
言われた言葉が強烈に残りました

おかしな話です

反対に
中国で同じ様な事を言うと
たちまち
『(ここの)ルールに従え!!』と
言うくせに・・・

最低な気持ちになりながら・・・
食べていると
時間が来たのか

一部のグループが騒がしくなりました

え?
驚きました

タッパらしきものに詰め込んで
持ち帰りする者や
席にはドサっと肉が残っているのです

普通の光景ではありません

『なんて奴らだ!』

注意できない・しない店にも
イライラしました

突然
向こうの方から怒声が聞こえてきました
お店の方の1人が注意している感じでした

ですが
店の方の声は全く聞こえませんが
中国の方の声だけがはっきり聞こえます

ドスの利かし方が
広島のヤクザに似ている感じでした

残り物に対して・・・
お金を払う様子は無く出て行きました

窓から外を見ていると

え?

店横で
ションベンをしているのです
私の子供が見える位置ですよ?

私も中国人留学生の友人が
沢山いて
中国は大好きなのに・・・
うんざりしました

結局
物凄く高くついたので
帰りに寄る水族館は
諦める事になりました

2016_2019102213201518b.png

帰りに
あの野菜無人販売所でトマトでも
買おうか・・・
美味しいよ田舎のトマトって・・・

グズる子供達に
そう言い聞かせながら
先程の無人販売所に行くと
白い大型のバンが止まっていました

農家の方にしては
立派なバンに乗っているなぁと
思うと・・・
扉が開いていたので見えたのですが
車の中で小銭を数えている男女が・・・

ジロっと睨みながら・・・
中国語で
誰かに声をかけていました

私は
てっきり無人販売所の
お金を盗んでいると思いました

足早に通り過ぎようとすると
バンから沢山の野菜の入った箱を
無人販売所の前に置いて
並べているのです

え?
ええ?

並べている?

盗んでいるんじゃなくて?

何が何だか分かりません

バスに乗って警察に通報しました

すると
驚く事を聞かされました

管轄の警察署の者から電話があり
『誰が売っているか分からない』と
言うのです

誰が売っているか分からない?
そんな馬鹿な!!!

いくら法律の抜け穴があっても
こんな事があるのでしょうか

野菜の無人販売所の
中には怪しいものがあると聞きました

貴方の周りに
野菜無人販売所ありませんか?

本当に
近所の農家の方の無人販売所か
知っていますか?

新鮮だと思った野菜が
実は・・・・
・中国産もしくは訳ありの粗悪品
・他の畑・ビニールハウスからの盗品だった
・残留農薬のある野菜だった
かもしれません

これも都市伝説でしょうか?




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/22 19:13 ] 巷で囁かれる怖い話(不思議編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(人間編:其の10)第23話:山に捨てられたエロ本に隠された罠・・・男が男に襲われる!4人組の変質者に追いかけられ友人の1人が狙われて襲われ精神崩壊に追い込まれた

皆さんは山の近くに
わざと人目に付くように
捨てられたエロ本を見た事がありますか?

何もこんな所に捨てなくても・・・

でも
それが意図的に置かれている
エロ本だったら・・・

これは私が
高校2年生の時の話になります

『おい●●の話知ってるか?』
これが事の発端でした

隣のクラスにいる●●という
男子の話でした

『あいつな・・・山でシコってるんやで?』
『●●が部活の途中見かけたんだと(笑)』

相当な笑い話になっていました

当の本人は自分が笑いの種に
なっているとは・・・
気づいている様子がありません

『現場おさえようで!!』
『あいつ驚かしたろー?』

私は乗り気ではなかったのですが
7人で彼の“現場”を
目撃しに行く事になったのです

20160_20191021041057a1e.png

『あいつ大空山いつも行くみたいやで?』
『今日も行くかな?』
『おい張り込みするで!』
『尾行がいいんとちゃう?』
大盛り上がりでした

結局
尾行では目立つバレるという事で
エロ本がいつも投棄され
彼がシコっているという現場が
見える高台に待ち伏せる事になりました

ですが
その日は不発・・・
彼は来ませんでした

蚊には刺されるは
かゆくてかゆくて・・・
7人とも顔が少しボコって
なっていると翌日
学校中の笑い者になりました

『偵察隊ガンバレー!』

変な応援を周りから受けながら
次の日も待伏せする事に・・・

すると
一台の原付がバサっと
エロ本らしきものを捨てて行くのです

『あいつが捨てているんかい(笑)』

それはそれで盛り上がりました

『シー!!』
『おい!』
『来た!!!』
『●●来た!!』

他の者が身をかがめる様に
手で合図しながら
小さい声で言っているので
下を見ると・・・

何も知らない●●が
とことこと来ているのです

沢山
新しいエロ本が落ちているせいか
物色しはじめました

すると
一冊のエロ本のページを
開いたかと思うと
ズボンとパンツを下ろしました

『ブハ!!』と隣の奴が笑いましたが
私を含め他の6人は
異様な光景を見て笑えませんでした

『おい・・・あいつ気づいてないんか?』
そんな言葉を発した友人の言葉が
今でも残っています

彼がシコっているすぐ近くの
木の陰から・・・
4人の中年男性が彼の“姿”を見ながら
シコっているのです

無題225

異様な光景でした

『ヤバくね?』

そんな声が聞こえたかと思うと
誰かが木の枝を投げていました

彼に知らせる為でしょうか・・・

ですが
彼は気づく様子がありません
それなのに
アノ4人はこちらをじっと
睨んで見つめているのです

すると
いきなり走り出し・・・
高台の後ろの階段から
駆け上がって来るではありませんか?

もう必死です

半分
崖みたいな急斜面を滑りながら
走って逃げました

その4人組の中年男性の
スタミナの凄い事・・・

あれだけ距離があったのに
もうすぐ後ろまで来ているのです

『ハァハァ』
もう誰の息づかいか
分かりません・・・

必死で逃げました
やがて山の家に辿り着きました

『管理人さん!!』
『管理人さん!!』

必死に施設のドアを叩きました
管理人さんが出てくれて
ホっとしてから
皆の安否を確認できました
7人とも無事・・・
全身の力が抜けてその場に
座り込んでしまいました

事情を話すと
警察を呼んでくれて・・・
バイクに乗った警察官が
来てくれました

その警察官にも事情を
話していると・・・

●●が山を下りて行くのが
見えました

『あの子?』
『無事みたいだね』
『とにかく山を下りようか』

そんな風に言われて・・・
皆で下りました

わざわざバイクを手押しで
歩いてくれる警察官に
申し訳なく感じながら
後悔していました

下山してから
たっぷりと交番で
説教されましたが
嫌な感じは全くしません

翌日
学校中の者に聞かれましたが
誤魔化すのが大変でした

あの4人組の“存在”が怖かったのです

話すと・・・
ヤバイ感じがしていました
あんだけ近くまで追いかけられたのに
顔が全く見えなかった恐怖感があったのです

卒業してから
同窓会で集まり
その話になった時・・・
他の6人とも
同じ恐怖感があったと聞きました

その後どうなったのか・・・
●●と同じ就職先だった
友人から驚く事を聞きました

●●は帰宅途中
何者かに襲われ・・・

2016_201910210410567a6.png

この“襲われた”内容は
強姦だったそうです
長時間に渡って

見知らぬ男達に強姦されたそうです

心身共に相当なショック状態で
その後は自宅から出て来なくなり・・・
引きこもりになったと聞きました

彼は・・・
あの4人組にあれから
ずっと狙われていたのでしょうか

男が男を襲うなんて・・・
気色悪い域を超えています

貴方の身近にも・・・
不審なエロ本が落ちていませんか?
それは誰かがわざと落とした
“罠”だとしたら・・・

これも都市伝説でしょうか




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/21 12:13 ] 忘れられない恐怖体験(人間編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(人間編:其の7)第15話:労働基準法違反しまくりのヤバそうな派遣業者で日払い・・・休憩無しの連続勤務で金払いは良いが作業の終わる見込み無しの恐怖に襲われた

これは
三重県に来た時の話です

もう13年前でしょうか

働いていた工場が
生産中止で
ラインストップになり
1週間の休暇を
強制させられた時の話です

当時
私は人材派遣で働いていたのですが
他のラインも
人が溢れている
紹介できない!!
『ほかのバイトすれば?』と言うので
何とか給料の
“損失分”を埋めようと
求人雑誌の“日払い”を見ました

日払い作業後に支給・・・
面倒な登録無し?

場所も近く
駅も便利だと決めました

ですが
現場に行くと
その人材派遣らしき業者の
看板がありません

ようやく
ビルの一室に
手書きで書かれた
社名の紙きれが
ドアの前に貼っているのを見つけました

コンコン!!
『おう入れ!』

失礼します・・・と
入ると・・・

人が転がって・・・いました
その横でゴルフのスイングをしているのです

2016060_20191017122118456.png

ヤバ!!
もろヤバじゃん!!
本能的にヤバイと感じました

部屋には
机無し
床にFAXと電話
バットが転がり・・・
折りたたみ自転車が一台
異様な光景でした

これは登録するだけして
逃げようと思ったら・・・

『今日暇だろ?』と何度も聞くのです

『まぁはい・・・』と答えるしか
ありませんでした
断れない感じでした

『ちょついて来い』
すると大きな黒いバンに乗せられました

『早速やってもらうでぇ』

え?
さっきの人を捨てに行くのかな?
まさか・・・
ドキドキの連続です

しかし誰も乗せないまま
走り出しました

『あの・・・』と声をかけると
『質問禁止ぃ~』と言うのです

これはヤバイ現場か
ヤバイ事務所に行くのか・・・と
落ち込んでいたら

『着いたでぇ』
『挨拶忘れるんなよ?』と言うのです

何かのビルの改装現場でした
机やらソファやら
忙しく運び出しているのです

『こんちはー●●ですぅ』

え?
さっきのドスの利いた声と違うのです

『兄ちゃん後は頼むで!!』と
置いて行かれました

これはこれで一安心
ただの作業でした

あー普通の人材派遣やった・・・と
作業が終わったと報告すると
『次の現場も頼むでぇ』と言うのです

ですが
バイト代の入った封筒を渡されて
まぁ・・いいかな・・楽だったし・・・と
次の現場に行きました

そして作業は終わる事無く
次の昼になりました
やっと作業が終わりました

目にクマが出来ています
24時間以上働いたのでしょうか?
もう感覚がありません

『おうお疲れちゃん!』と
また現金の入った封筒を渡され

『よっしゃ!次の現場も頼むでぇ』と言うのです

201606_20191017122118499.png

え?連続?え?
これはヤバイと逃げました

履歴書さえ見なかったから
逃げても大丈夫だと
確信があったからです

もしあのまま働いていたら・・・
下手すると
アノ部屋の中に転ばされて
ゴルフのスイングを目の前で
披露されていたのでしょうか?

求人って・・・ヤバイのもあるんですね




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/17 19:13 ] 忘れられない恐怖体験(人間編) | TB(-) | CM(0)

巷で囁かれる怖い話(人間編:其の2)第6話:『今、金を出せば儲かるよ』未公開株を買ってひと儲けできると持ちかけたバーの経営者・・・羽振りが良かった姿を見せた途端に行方不明に!

『今、金を出せば儲かるよ』
私が大学生の頃の話である

当時
ポプラというコンビニで
バイトをしていた

その時
バーを経営する人と
その彼女らしき人と
仲良くなったのだが・・・

『今、金を出せば儲かるよ』と
言うのである

『何の投資?』と聞いても
答えないので
私はお金を出す事はなかった

20160602072903e2a.png

『とにかく凄い話で儲かるんだって・・・』
『うちの固い客が言うんだから・・・』
ずっと言っているのが印象的だった

しばらく音沙汰無いなぁ

見かけないなぁと
思っていたら・・・

その彼と彼女が
DUCATIのバイク2台で現れた

一台なんと300万!!だという
それも新車2台・・・

どんだけ儲けてんだ?と不思議でたまらなかった

『詳しく話したら捕まるから~』と
笑っていたが・・・・

どうも
NTTの未公開株ではないかと
色んな人が言っていた

買っていたら・・・
7倍になっていたとか・・・

3か月後
辺りだろうか・・・

バーがいつの間にか
閉店していた

貸主によると
家賃が滞納して
連絡も取れないとの事だった

201606020729042c6.png

噂では
ヤバイとこから買ったからとか
捕まったのではないかと・・・

今でも思うが・・・
無事でいることを祈るばかりだ




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/14 13:54 ] 巷で囁かれる怖い話(人間編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(人間編:其の1)第1話:『あんた男っぽくしなさんな』引っ越した早々に近所の人に言われ・・・男の子ばかり狙う変質者に追われて初めて意味が分かって震えてしまった

これは
私が小学3年生の頃の話です
当時
母子家庭だった私は
転々と引っ越しの
繰り返しを
余儀なくされる状況でした

母親は風俗に働き
夜は私独りぽっち・・・
そんな時の事です

大阪に引っ越ししたのですが
引っ越した早々
近所の人の視線がおかしいのです

すると隣のおばさんが
『あんた男っぽくしなさんな』
『公園で遊んだら駄目だよ』

意味深で不可解な事を言うのです

そんな忠告も忘れ・・・
1人ぽっちだった私は
公園へと出かけました

すると
公園の外れの林付近に・・・
立ち入り禁止のテープが・・・


2016053108193659b_20191010062936790.png


その瞬間
今までに感じた事の無い恐怖感が
じわじわと来ました

慌てて家に自転車で戻り
玄関の鍵を閉めた瞬間

玄関のドアがバン!!
バン!!バン!!

誰かが叩いているのです

その家は丁度
玄関付近を見渡せる部屋があったので
ソーっと
その部屋に回り・・・・
カーテンから覗きました

すると・・・
フードを被った変な人が
玄関のドアスコープから
逆に覗いているのです


20160531081935b71_2019101006293662f.png

すぐさま
警察に110番しました

すると
警察官の人が・・・

『襲われなくて本当によかったね』と
言うのです

後で隣の人に聞いた話ですが
男の子ばかり狙って
性的暴行を繰り返す事件が
続いていたそうです

その犯人は私の記憶が
正しければ
未だに捕まっていないとか・・・

男の子が犯される・・・
奇妙で怖い事件があるもんですね




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/09 23:00 ] 忘れられない恐怖体験(人間編) | TB(-) | CM(0)