FC2ブログ



















忘れられない恐怖体験(心霊編:其の12)第69話:リストカットで苦しむ女性の身体に群がる複数の男と生霊達!リストカット痕にしがみつく生霊も取り除くには環境変化と痕を消すのが最善の策なのか

ふとした停電で
4時間30分の記事が消えて・・・・
少し動揺しています

これから書こうとする内容は
少し分かりにくいと思います

私自身も失望と失恋により海に身を投げた事や
ヘモグロビンA1cが15.8と
普通はあり得ない数値で死を覚悟した体験から
複数の依頼により
ネット上で相談役をしていました

ですが2年6か月前に
妻と口論の末・・・離婚届をぶつけられ
説得できないのを痛感し
相談役から退いていました

そんな中どうしても・・・と
声がかかり
モデルをしているという20代女性の
相談をする事に・・・

霊媒師さんが
私にしかできない?と言うので
仕方なく引き受けました

何故私なのかなぁっと思っていたら案の定
とても深い・・・
深い闇を抱えて生きている女性でした

親は子供を選べません
その女性も必死に闘っていました
だが周りの男は
隙あらば彼女の身体やお金を狙っていました

その中から救うには
彼女への説得と
今いる環境の離脱が必要となりました

メール・電話では良い子なんですが・・・
私にはそれが本当の姿には思えませんでした
何かがおかしいんです
すると5度目の自殺未遂をしたと報告がありました

201612_20191129173425dc6.png

私も会う事は極力避けたかったのですが
この眼で見たかったのです
ですが駄目ですね
妻以外の女性を見るのは久しぶり
モデルさんをしているだけあって綺麗でした

邪念を払うために
ボールペンで脚を何度もぶっ刺して向き合いました
そして両手を握らして欲しいと言いました

そして案の定
両手を出した途端
リストカットしているのが見えました
『これだ』
彼女を縛っているのは
このリストカットの(痕)でした

2016_20191129173422b91.png

私は霊媒師ではありません
ですが
この痕から毛糸状の何かが見えます

後に聞いた話ですが
これは複数の者の(手)だそうです

彼女との対面は
彼女の部屋で行ないましたが・・・・
非常に荒れていました

テーブルの上には
灰皿から溢れ出しているタバコの山
カップラーメンにはカビの生えた変な物が浮いていました

部屋の隅には黒カビが
風呂にも!
台所には『あー!』と叫びたくなるような汚れた食器が!

そんな汚い部屋なのに
男は身体を求めて訪ねるというのです
何かを感じた気がしました

そもそも霊媒師さんが
ぱっとお祓いしないのは何故!?
分かった気がしました

はいはい
私は洗剤持たせると掃除する洗剤マニアですよ?
霊媒師さんよく分かっているんですね(汗)

あっけにとられている彼女を
注意深く見ながら掃除していきました

そんな時です
ピンポーンピンポーン呼び鈴が鳴りました

すると彼女が
ガタガタ震えだすのです
コレも原因の一つか?とガチャっと出ると
『お前誰!?●●●出せよ?』と言うではありませんか?
ちゃらいホスト風の男です

201613.png

あぁ!
私を呼んだのもコレを想定してなのね
更に分かった気がしました

あーだこーだ叫んでいるホスト風の男を
ガシっと掴んで中に入れて・・・・
脅しあげてエプロン着させて掃除させました

『あの子の身体楽しんだぶん働けや!』
怒鳴りあげました

するとあれだけ震えていた彼女が
台所の洗い物をしているのです

ここで良い兆候と思えるのでしょう
ですが
私にはまだ不安がよぎるのです
注意深く・・・・
さりげなく包丁や刺せるモノは抜いていきました

憑いているなら
何かしらの反撃や反発があるのです
浴室を後回ししたのも理由があるからでした

過去には類似例で
ベランダから飛び降りる者がいました
もう二度と同じ目に遭わしたくないからです

201611_20191129173424909.png

今回はまだ
思わぬ助手が出来たので彼に任せました
『ココであの子と楽しんだんだろ!?』と
更にムチを与えました

途中で交代して
漂白剤の力でカビを消しました

部屋の黒カビも漂白剤で
消しました

部屋の方はこれでOKなんですが
残留した生霊とか
とても厄介だと聞きます

ホスト風の男に
『引越し代払える?』と優しく聞くと
お金が全然無いと言うではありませんか

今後彼女に付きまとったら
表か裏で追い詰めると言って
ホスト風の男を解放しました

さて夕方になってしまいました
まだ彼女の両腕のリストカット痕から
毛糸状のモノが消えません
朝までお話をしました
つまらないお話でも様子を見ないと駄目なんです

20161_20191129173423e98.png

忘れてはいけません
この女性の身体目当てにやってくる生霊が
リストカット痕に住み着いているのです

リストカットをする事で・・・・
自傷という自分を痛めつける行動で
自分を追い詰めて許しを請う場合や
自分を戒める懺悔に近いものがあります

このリストカット痕には
2次的誘発衝動が潜んでいます

痕を見ると辛い事を思い出す
また反対に辛い事を忘れられる
だが結局はどう転んでも・・・・
再度
同じような行為に駆られるのです

リストカット常習者には
痕が消えるまでの監視者と
今住んでいる居住の変化が最低限必要です

退去する時
クリーニングに任せればいいじゃんと
思う方がいると思います

ですが敢えて
自身が掃除する事で・・・
今までとは違う
今までの自分と決別する意志を見せる必要があります

生霊に話しかけても通じません
ですが彼らの苦手な事
住み辛い事をする事は大事なのです

これは自然界にもいえることですよね
猫ちゃんが何度も来る・・・・
水をかけても何度も来る・・・・
そんな場合は臭いスプレーで
猫達を遠ざける事が有効です

彼女の周りを生霊が嫌う環境にした
それでも彼女のリストカット痕から消えない
そんな場合は
そのリストカット痕を消せばいいのです


痕を消すのは自費になったが
寄付で何とかクリアできました

だが転居する必要があります
身体目当ての男はあのホスト風の
男だけでは無かったのだから・・・・

ここからは
社会福祉事務所の協力を求めました
やっとの事で生活保護対象に・・・
それで精神科にも通えることが出来ました

その後彼女に再会しました
わずかに残った痕があるが
あの毛糸状のモノが見えません

全ての要因があったと思う
・複数の男との交わりによる生霊まとわり
・リストカットという自傷行為
・その痕を見ての2次的誘発衝動
・部屋の黒カビを好む低級霊の集団
・霊の居心地良い環境を作ってしまった

これらを断つ事が
今回の彼女の更生に繋がりました

だが
私もどうやら弱いらしい

左目が出血してしまった
大事には至らないが左目が
赤のカラコンしているみたいだ

これは何かの警告なのだろう
人を説得するにはその人の何倍以上もの
信念をぶつけないと理解してもらえない

どんなものにも(対価)は必要だ
今回の左目の赤カラコン程度だけで済んだのなら
まだ喜ぶべきなのでしょうか?

無題125

霊媒師さんからは
『徳を積んだね』と言われたのが
まだ救いだった

貴方の周りの人にもありませんか?
ただのリストカット痕でも
何かが住み着いているかもしれません

もし大事な人にそんな痕があったら・・・・
早く消して楽にしてあげるといいでしょう




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/11/29 17:39 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の3)第10話:配線が無くても鳴り続ける不思議な呼び鈴・・・他界した高齢の大家さんは息子と勘違いしたのか?それとも呼び鈴を形見として息子に渡して欲しかったのだろうか?

これは私が学生の頃の話です

ブログ記事で言えば
丁度
型枠業者を辞めた時でしょうか

この時
大学の紹介で
低家賃の部屋を借りる事が出来ました

1階は高齢の1人暮らしの大家さんで
2階は4部屋ありました
今回借りたのは一番狭い4畳半でした

2万5千円
風呂・便所・台所は共同でした
エアコンはありませんでしたが・・・・
日陰に建物があるせいか
ひんやりとしていました

他の3部屋は
同じ大学の先輩が住んでいました
大はしゃぎする事無く
静かで快適でした

バイトは
昼はレンタルビデオ店
夜はコンビニのポプラ

朝7時に部屋に帰って・・・
昼11時にまたバイトという状況でした

無利子の奨学金を借りていたのですが
母親が
通帳とハンコを
以前の部屋から
いつの間にか持ち出し
行方不明になったのもこの時です
(実家から引っ越ししていました…消息不明です)

夜間といえど
日時制の半額の
授業料を払わないといけないので
必死でした

2時間くらいしか寝れませんでしたが
気持ち的に楽でした
ある事が起きるまでは・・・

そのある事は・・・
引っ越ししてから2週間くらいで
起きました

8時半でしょうか
『●●さーん』
『●●さーん』
大家さんが呼ぶのです

高齢で足が悪いので
階段を上れないので・・・
大声で呼んでいるのです

『はーい何でしょう』と下に降りると
『これ郵便局に出してきて』と言うのです

入居時に話をしたのですが
私のバイトの事情を忘れたのかな
ぼけたのかなと思っていました

それで
大家さんに再度言うと
『知っているよ』
『でもね昼はあんたしか居ないから』と
言うのです

それから毎日続きました
いい加減に腹がたち
無視をしていると・・・

2016060_20191016073331fe7.png

ある日の事
8時半過ぎでしょうか・・・
部屋の中でブザー?
呼び鈴が鳴るのです

201606_20191016073331a8b.png

これはさすがにたまらないと
紹介先の大学に相談しました

何人もの方が来られ・・・
やっと説得できたのか
静かになりました

それから
2ヶ月くらい経ったでしょうか
大家さんが亡くなりました

大家さんの息子さん?らしき方が
来られて・・・
来月取り壊すから
引っ越しして欲しいと言うのです
これは仕方ありません
了承するしかありませんでした

そして
いつもの様に寝ていると
また“アノ”ブザー?呼び鈴が
鳴りました

あの息子?
解体業者?
不動産業者?

鳴り止まないので
下に行くと・・・
誰かがいる様子がありません

変だな?

上に戻り・・・
ブザーの配線を切りました

そしてその日は
夜のバイトが休みの日でした

すると
深夜の1時に・・・
配線を切ったはずのブザーが鳴るんです

慌てました!!
他の部屋では先輩が寝ているのだから・・・

すると案の定
先輩達が怒ってきました

私はとっさに
鳴り続けるブザー?呼び鈴を
もぎ取り・・・
先輩達に見せました


無題202

私の手の上で・・・
電源も無く鳴り続ける
そのブザー?呼び鈴を見て
先輩達は
『うわぁ!!!』と叫びながら
部屋に戻っていきました

私は次の日
このブザー?呼び鈴を
神社に持って行こうと
下に降りると・・・

その息子さんらしき人が
はき掃除をしていました

『どちらへ?』と聞かれたので
全てのいきさつを話しながら
そのブザー?呼び鈴を見せると
その息子さんらしき人が
うわーって泣き出しました

何でも
一緒に住んだら・・・
(多分・・・この家?の事かな?)

母に何かあったら鳴らしてと
買っていたモノと
一緒らしいのです

私はその時
はっと思いました・・・

大家さんはきっと
私が息子と似ていて
淋しくて鳴らしていたのか?

それとも形見として
呼び鈴を息子に渡して欲しかったのだろうか?

大家さんの成仏を願うばかりである




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/16 07:35 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)