FC2ブログ



















忘れられない恐怖体験(心霊編:其の3)第10話:配線が無くても鳴り続ける不思議な呼び鈴・・・他界した高齢の大家さんは息子と勘違いしたのか?それとも呼び鈴を形見として息子に渡して欲しかったのだろうか?

これは私が学生の頃の話です

ブログ記事で言えば
丁度
型枠業者を辞めた時でしょうか

この時
大学の紹介で
低家賃の部屋を借りる事が出来ました

1階は高齢の1人暮らしの大家さんで
2階は4部屋ありました
今回借りたのは一番狭い4畳半でした

2万5千円
風呂・便所・台所は共同でした
エアコンはありませんでしたが・・・・
日陰に建物があるせいか
ひんやりとしていました

他の3部屋は
同じ大学の先輩が住んでいました
大はしゃぎする事無く
静かで快適でした

バイトは
昼はレンタルビデオ店
夜はコンビニのポプラ

朝7時に部屋に帰って・・・
昼11時にまたバイトという状況でした

無利子の奨学金を借りていたのですが
母親が
通帳とハンコを
以前の部屋から
いつの間にか持ち出し
行方不明になったのもこの時です
(実家から引っ越ししていました…消息不明です)

夜間といえど
日時制の半額の
授業料を払わないといけないので
必死でした

2時間くらいしか寝れませんでしたが
気持ち的に楽でした
ある事が起きるまでは・・・

そのある事は・・・
引っ越ししてから2週間くらいで
起きました

8時半でしょうか
『●●さーん』
『●●さーん』
大家さんが呼ぶのです

高齢で足が悪いので
階段を上れないので・・・
大声で呼んでいるのです

『はーい何でしょう』と下に降りると
『これ郵便局に出してきて』と言うのです

入居時に話をしたのですが
私のバイトの事情を忘れたのかな
ぼけたのかなと思っていました

それで
大家さんに再度言うと
『知っているよ』
『でもね昼はあんたしか居ないから』と
言うのです

それから毎日続きました
いい加減に腹がたち
無視をしていると・・・

2016060_20191016073331fe7.png

ある日の事
8時半過ぎでしょうか・・・
部屋の中でブザー?
呼び鈴が鳴るのです

201606_20191016073331a8b.png

これはさすがにたまらないと
紹介先の大学に相談しました

何人もの方が来られ・・・
やっと説得できたのか
静かになりました

それから
2ヶ月くらい経ったでしょうか
大家さんが亡くなりました

大家さんの息子さん?らしき方が
来られて・・・
来月取り壊すから
引っ越しして欲しいと言うのです
これは仕方ありません
了承するしかありませんでした

そして
いつもの様に寝ていると
また“アノ”ブザー?呼び鈴が
鳴りました

あの息子?
解体業者?
不動産業者?

鳴り止まないので
下に行くと・・・
誰かがいる様子がありません

変だな?

上に戻り・・・
ブザーの配線を切りました

そしてその日は
夜のバイトが休みの日でした

すると
深夜の1時に・・・
配線を切ったはずのブザーが鳴るんです

慌てました!!
他の部屋では先輩が寝ているのだから・・・

すると案の定
先輩達が怒ってきました

私はとっさに
鳴り続けるブザー?呼び鈴を
もぎ取り・・・
先輩達に見せました


無題202

私の手の上で・・・
電源も無く鳴り続ける
そのブザー?呼び鈴を見て
先輩達は
『うわぁ!!!』と叫びながら
部屋に戻っていきました

私は次の日
このブザー?呼び鈴を
神社に持って行こうと
下に降りると・・・

その息子さんらしき人が
はき掃除をしていました

『どちらへ?』と聞かれたので
全てのいきさつを話しながら
そのブザー?呼び鈴を見せると
その息子さんらしき人が
うわーって泣き出しました

何でも
一緒に住んだら・・・
(多分・・・この家?の事かな?)

母に何かあったら鳴らしてと
買っていたモノと
一緒らしいのです

私はその時
はっと思いました・・・

大家さんはきっと
私が息子と似ていて
淋しくて鳴らしていたのか?

それとも形見として
呼び鈴を息子に渡して欲しかったのだろうか?

大家さんの成仏を願うばかりである




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/16 07:35 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の1)第8話:交通事故で亡くなったはずの人と今では空き室の部屋で契約してしまった・・・確かに洗剤とビール券を渡したその人は実体化した死霊だったのか

私が研磨工場で
大怪我をして・・・

見た目(目に派手な傷)から
何処にも働けず・・・

新聞屋のセールスで働いた
時の事である

某県T市にセールスに
行く事になった

当時も今でもそうだが
この地区も
中日新聞の勢力下だった

割り当て地区は
商店街もあったが・・・
『●●新聞とるとね追い出される』と
本当の話なら
独占禁止法違反に抵触する
断り方が目立った

もうこうなったら
片っ端から攻めていこうと
地図の端の
山のふもとまで来た

コーポやマンションが
ちらちらとあり
3件新規の契約がとれた

ホっとしたのか
急激な寒さに震えた

2016060.png

ふと辺りを見渡すと・・・
ちっぽけな社が祀ってあった
近くには公園が・・・
『あのベンチで休もう』

そうして
ベンチで休んでいたら・・・
5分も経っていないだろうか・・・

耳がキーンキーンとしてきた

『ここは標高高いのかな?』と
思いつつ
鼻をつまみ耳を
楽にしようとした瞬間

すぐ後ろで
『おい』と声がした
後ろを振り返ると・・・
また更にその後ろで
『おい』と声がした

この時
ビクビクっと寒気が走り
怖くなって走った

201606.png

新聞店に1時間早かったが
上司の許可を取り戻った

先程
契約した3件の契約書を
見せると・・・

それを見た店長?と
店主がギョッとしているのである

『これ何処で聞いた?』
『本当にここに行ったの?』
変な事ばかり聞くのである

私はこれ
てんぷらカード(誤魔化した契約)
じゃないですよと伝えると・・・

『ここ拡張禁止にしないと駄目だな』と
話し合っているではないか

私は
そこの住民が不払いか何か
トラブルを抱えているのかと
思っていたら・・・

『これウチの亡くなった従業員』
『交通事故でね』
『あんたは3人目かな』

ゾっとした・・・
確かに生きた人と
契約したつもりなのに・・・

渡した洗剤・ビール券どうなるんだ?と
思ったら・・・
店側で負担してくれた

でもその後
意味深な事を言うのである

『(現場に)戻ったら駄目だよ』
『あんたも事故するでね』と・・・

先程の声と関係があるのだろうか・・・
更にゾっとした




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/15 07:16 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)