FC2ブログ



















忘れられない恐怖体験(不気味編:其の12)第119話:山で執拗に追いかけてくる“あいつ”は山神だった!?霊格をアップさせて山神に!?悪霊みたいな存在なのに山神だとは・・・・

霊山と呼ばれる●●●山から帰った私は
早速お払いにして貰おうと
毎度お世話になっているお寺に行った

すると
「手に負えん」
「ここに連絡先を書いているから」と一枚の紙を渡された

理由も何も教えて貰えず
ただ一枚の紙きれをパっと渡されただけ

何度
訪ねても教えてくれなかった

2016y3.png

しかも書かれている住所は
奈良県・・・

物凄く遠い
地図を見ると・・・
何やら山頂に近い標高にある寺だった

「お師匠さんかな?」

そう思いながら旅行費用を
広島銀行に借りて
そこへ向かった

登山は慣れているのに
足が重い
体が重い

「疲れているのかな・・・」

何度も休憩をとるのは初めての事だ
汗がドクドクと出る
体調悪いと感じた

しかし
ここまで来ると登るしかない

するとプーンと変な臭いが・・・

2016y4.png

嗅いだ事ある
あいつだ!

慌てて周りを見る
キョロキョロ見渡した

すると
50m以上離れている所に
あいつの姿が!

逃げよう・・・・
周りを見ても一本の登山道しかない

2016y5.png

駆け下ろうとした時
後ろで激しい声がした

「エイ!エエエエイ!」
いつの間にか5人のお坊様が立っているのである

何処から来たの?
不思議に思っていると

え?
目の前にはお寺が・・・・
いつの間に?
訳が分からなかった
瞬間移動した覚えはない

それよりも激しい読経のお坊様達の迫力に
圧倒されていた

あれ?
あいつがいない

不安になり辺りを見渡すと

今度は寺の中で
正座していた

いつの間に?
意識が何度も飛んでいるようだった

あ・・・
お払いされているな
護摩炊きの火の温かさにほっとした自分がいる
めらめらとした炎が心地良かった

2016y1.png

すると
お坊様が顔を覗きこんできて
「楽になったやろ?」と言ってきた

何故かボロボロ涙が溢れて
「有難うございます有難うございます」と
頭を下げる自分がいた

「もう山に行ったらいけないよ」と言われ
ショックを受けた

「あれは何処にでも来るから気をつけなさい」
「浄霊できるものじゃないから」と言う

「山神に近いものがあるし・・・・」と
険しい表情を見せられ
聞ける雰囲気ではなかった

それでも勇気を振りしぼって
「お坊様でも駄目なのですか?」と聞いてしまった・・・

すると残念そうな・・・優しい顔で
「あそこまで集まると無理だから」
「とてもとても無理」
「もう神様に近いから・・・」

山を諦めるように諭された

どうやらアレは上から見ているらしい
常に狙われているのだという

リュックサックは(身代わり)になったそうだが
この悪霊を欺く事は出来なかったとか・・・

一度狙ったら
ずっと狙い続けるという

何か(しるし)でもつけられたのか
右腕には
いつの間にか15cmの切り傷の跡が・・・・
これがあいつの目印なのか

2016y5.jpg

山に行くと狙われる
霊的な山に行くと逆効果とは・・・

神がかりな力をも得るとは
普通の悪霊ではない

正体は最後まで教えてくれなかったが
妖怪とか山神の域なのだろうか

山神といっても
人間側の味方とは限らない

人間から見れば
恐れ多い存在なのだろうか

それ以降
もう山に登る勇気もなくなった

あいつの臭いと姿を思い出すだけでも
吐き気が止まらないほどだ

貴方の周りにも
恐い山神の話はありませんか?

山の遭難者も
あいつに遭っているかもしれません


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/02/24 14:44 ] 忘れられない恐怖体験(不気味編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(不気味編:其の11)第118話:いつの間にか切り裂かれたリュックサック・・・中に入っていた金属製の身代わり地蔵様が砂のように砕けていた

前回の記事の続きだが
記事の下書き段階で
霊媒師さんにストップをかけられた

どうやら文字だけなのに
招いてしまったみたいだ
念入りに浄霊をして貰った

地縛霊と違って
意志を持った悪霊は本当にタチが悪い

2016r2.png

常に
こちらの様子を窺って
少しでも弱みがあるとつけこんでくる
悪霊というより悪魔レベルだろう

ここまで邪悪化すると
ただの除霊で済ますエセ霊媒師では
霊障を取り除けず
ますます深刻化するという

エセ霊媒師の呪文で
更にヤバイ状況になる・・・・
悪霊は歓喜し
周りの者を喰らい堕としていくという

話はそれてしまったが
前回のブログ記事
これで終わりではなかった

口を閉ざした旅館の従業員と
女将さんの様子に戸惑いながら
旅館を後にした

一刻も早く
地元のお寺さんにお払いに行きたかった

何かが私に憑いているというか
何かに見られてる
不安・不快な状況のままだった

最寄りの駅は無人駅
一日に数本しか無い田舎である

近くには休憩する場所もなく
駅のベンチで時間を潰すしかなかった

後2時間は時間を潰さないといけない・・・
苦痛だったが
先程の旅館に戻るには何かためらいを感じていた
戻ってはいけない気がしたのである

そんな時である
喉が渇いたので自動販売機を探した
近くには・・・・無かった

歩いている人を見つけ
自動販売機を聞いてみた

すると近くに
タバコ屋さんがあってすぐ近くに自動販売機があるという

軽く頭を下げ
その場所へ向かった

タバコ屋さんを見つけた
自動販売機でお茶を二本買っていると
小窓を開けて
タバコ屋さんの店主?店番?みたいな
高齢のお婆さんが話しかけてきた

2016r1.png

「あんた会ったんやろ?」
「私もね、ここに嫁いで50年になる」

ん?何か違和感を感じた
少しボケているのかな?
気に留めず
「そうですか・・・」と返事をすると

「あったんやろ?」
「●●●山であったんやろ?」と言うのである

この時はっとした

まさかアレの話をしているのか?

「知っているんですか?」
「教えてください」

そう言うと
「教えてもいいけど私が殺されるかもしれん」と言い出した

だったら言うなよと心の中で
ポツリと思った

それでも気になるので
高齢のお婆さんに少しだけ聞こうとすると
窓を開けた向こうで
お婆さんは寝ているのである

よくある事である
高齢の方が話の途中で居眠りする事は・・・

すると
チリリリリンと自転車のベルが鳴った

2016r5.png

駐在所の警察官が自転車に乗ってやってきた
「まだいんのか?」

あぁ
早く出て行って欲しいのだな・・・
そんな気が凄く伝わってくる言葉の口調だった

「何も喋っとらん!」
「何も喋っとらん!!」

高齢の婆さんはパシャンと小窓を閉めた

駐在所の警察官は
こちらを睨んだままずっと立ち止まって見続けている
気色悪いものを感じていたので
目を合わさずに駅に向かった

2016r3.png

駅に着くと
リュックサックを開けて先程のお茶をしまおうとすると
リュックサックが切り裂かれていた

何ヵ所も鋭利な刃物で・・・
まるで刀か何かで切りつけられた感じだった

タバコ屋さんの前で
自動販売機でお茶を買う時に財布を出した時は
切り裂かれていなかった

アノ駐在所の警察官が来てから・・・・
切り裂かれたというのか

中に入っていた身代わり地蔵様が
金属製だというのに
砂のように砕けていた

やはり
アノ駐在所の警察官には何かあるようだ

電車に乗る時
隅っこから
アノ駐在所の警察官が見ているのに気づいた

2016r4.png

まさか1時間も見張られていたのか
気色悪いものを感じた

長くなったので
今回はここら辺まで・・・・

次回は
私が登山を止めた本当の理由を書こうと思う


※画像はフリー写真素材【写真AC】
【イラストAC】より イメージ画像として使用しています




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/02/21 16:19 ] 忘れられない恐怖体験(不気味編) | TB(-) | CM(0)

巷で囁かれる怖い話(心霊編:其の5)第110話:消えていくアイドル・AV女優達・・・TV・DVDは巨大な生霊の収集装置なのか?生霊と一緒に飛んでくる下級霊と動物霊が更なる不幸を招いていく

『えい!えい!ええい!』
TV等でよく見かける
霊媒師・心霊研究家のお払いの行為

あんなに簡単に除霊なんて
本当は出来ません

20163_20200206162232cd5.png

TVの心霊番組に登場する
霊媒師や心霊研究家の人達は
TV用の【演出】の顔にしかすぎません
※本当に力のある人は表に出ず控えています

TVというのは
強力な生霊収集装置みたいなものです

本当の霊能力者・霊媒師は
余計な生霊に執拗に
付き纏われない為に表を出るのを避けています

よくアイドルやタレントが
不思議な病気を発症しますよね
これは霊障によるものがほとんどです

2016_20200206162228720.png

特にグラビアアイドル・AV女優には
様々な霊障が起きています

TVで肌を出す
裸を見せる・・・とても危険な行為です

たかが生霊と思われるかもしれませんが
TVやDVDから来る【生霊】は凄い数なのです

それだけでも凄いのに
“商売道具”に手を出そうとする
TV局のプロデューサーも多く
彼らの執拗な生霊も凄まじいのです

20164_20200206162233d99.png

単なる生霊だけではありません
生霊に憑いた下級霊や動物霊も
一緒に飛んできます

あんなに売れていたのに・・・・
あんなに人気があったのに・・・・
ふと消える芸能人やグラビアアイドル達は
物凄い霊障に悩まされていたのです

20161_20200206162229032.png

前述にも触れましたが
特にグラビアアイドル・AV女優達は
邪気にまみれた男達の獲物にもなりやすく
絶え間無く悪意のある【存在】に悩まされ
追い詰められていきます

腫瘍はまだ良い方です
表沙汰にされませんが・・・・
胸に顔が出てきたり身体の中から
人面の形をしたデキモノが出るケースもあります

20162_2020020616223041e.png

華やかな世界にいる者ほど
そんなデキモノには耐えられず
最悪の場合は絶命するといいます

悪霊の思う壺といった感じです

昔に比べ
無信仰や邪教の増加で
土地の力も弱まり
悪意のある生霊・死霊が活発化しています
この事も悪因の一つです

貴方の周りにもありませんか
何気ない生霊を飛ばしていませんか
これも都市伝説の類でしょうか


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/02/06 16:25 ] 巷で囁かれる怖い話(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の15)第109話:闇の中へ引き込もうとする元妻の姉(次女)・・・宗教ごちゃまぜの為か浄霊もできないとは!集合霊が大きな“悪しきもの”に変わってしまった

(2018年)11月9日にTwitterに
アップした内容がようやく
掲載OK出ました

8日の夜
夢の中で「お前の命無いぞ!」と
物凄く低い声で
あり得ないほど背の高い女の人に追いかけられた夢を見た
(私の2~3倍だろうか・・・)

無題286

目が覚めてホっとしたら
金魚の水槽に異変を感じ見てみると・・・
5匹全部☆になっていた

パキ・・・・
変な音に振り返った瞬間
右足小指の爪が剥げた
(何処にもぶつけていないのに・・・)

それにしても
たった数時間で・・・・
あれだけ水槽のPHとか
気を配っていたのに・・・・

やはり何か来ていたのだろうか・・・・
忙しいと言われるだろうが
KKK(監視・告発・危険予知)グループの繋がりで
知り合った霊媒師さんに
事情を説明したメールを送った

でも・・・・
返信が来なかった

それから3週間過ぎて
いきなり千葉県まで来てと・・・・

お弟子さんの家らしいのだが
地図を頼りに行くと
驚いてしまった

家の屋根に髪の毛らしきものが
びっしりとついているのである

無題298

風のせいか・・・・
ゆらゆら揺れている?
いや動いているのか?
「気色悪いなぁ・・・・」

そう思っていると
家の中から一人の女性が
「早く!」と怒鳴るのである

怖くなって上を見上げながら
家の中に駆けこもうとすると・・・
ポタ・・・っと髪の毛?
いや・・・蛇?
黒いヒモ?
落ちてきた

ポタポタポタ
目の前を塞ぐようにポタポタ落ちてきた

バサバサバサ
塩らしきものを撒いている女性が3人も・・・・
ただ事ではない(汗)

無言で指で奥に行くように
指示されて・・・・
暗い廊下を歩いていくと

7人くらいの人が
読経を唱えながら護摩焚きをしていた

最前列の人が霊媒師さんかな?
とにかく頭を下げておこう

前に進んだ途端
転んでしまった
というより意識が飛んだという方が
しっくりきそうだった

糖尿病で意識を失った時に似ていた

病気のせいだと思った私は
すぐに謝罪して正座した
「すみません」

「だから何度も言わなくていいの」

え?
一回しか言っていないのになぁ・・・
そんな風に思っていると
「貴方は謝りすぎなの」と言われてしまった

あれ?
誰かと話している?と不思議そうに見ていると
お弟子さんらしき人達が私を取り囲んで
「貴方は今向こうに行っているから」
「ふわふわするけど・・・」
「目の前に伏せてもいいから・・・」
そう言ってきた

あ・・・・
自分の中から霊魂が出て行ったのかな?
あれ?
でも・・・・
今自分はここにいる気がするんだけどなぁ

不思議な感覚だった

読経の声が大きくなった?
声が強くなった?

無題313

護摩焚きの炎がグワっと天井まで・・・
火事になるのではないかというくらい燃え上がった

すると・・・・
はははっと笑い声をあげてる者がいた

いや・・・・
笑い声をあげてるのは自分だった(汗)

その瞬間
ドンと前に倒れてしまった
気がつくと涙がボロボロ

泣いていたのか?
先ほどは笑っていたのに!?

すると最前列の高齢の女性が
くるっと後ろに向きを変えた

「これが精いっぱい」
「死ぬよりいいでしょ」

あ・・・・
なるほど
ヤバイとこまでいっていたんだなと思った

おそるおそる聞いてみた
「私が悪いんでしょうか?」
「何かしてしまったのでしょうか?」

すると・・・
「貴方の奥さんがね・・・・」
「違う手の合わせ方しているのよ」
「でも・・・何をしても無理」

え?・・・・事情がよく理解できなかった

話を聞いていくと
5分くらいだろうか?理解できなかった

ようやく理解できた時
恐ろしい話に身震いした

どうやら
元妻のお姉さん(次女)が
元妻を墓参り(納骨堂)に連れて行ったらしい

忘れられない恐怖体験(人間編:其の32)第104話:
バツ5の義母の因縁は凄まじかった・・・
何もかも取り上げた挙句の果てに
金と不倫に狂う次女が妹である妻の家族にも
因縁を背負わせようとした恐ろしい顛末
https://occult110.blog.fc2.com/blog-entry-106.html

義母だけでなく
納骨堂の横にいる義母の元夫
(長女・次女の)中絶・死産した供養されない子供達
長女の水子様・次女の水子様・・・

忘れられない恐怖体験(不思議編:其の2)第25話:
偽霊媒師に騙され生半可に滝修行した義母が叫び出した・・・
教祖になりたいと私欲にかられた偽霊媒師は
土地の災いも引き寄せるのだろうか
https://occult110.blog.fc2.com/blog-entry-25.html


宗教をごちゃまぜにした異教・・・

集合霊が凄まじく絡み合い
大きな“悪しきもの”になっているという

無題192

家の中に入る前に見た
屋根の上にびっしりいたのも
“それ”だという

どうやら“本体”が
私の中に入り込んでいたという

しかし
浄霊出来るレベルではなかったという
周りを削いだだけに過ぎないという

それにしても
いつのまに墓参りに・・・・
あれだけ嫌がっていたのに・・・・

どうやら次女が曲者で
元妻(妹)を引き込もうとしているという

それが何故
私の元へ来るのだろうか?

「貴方はね・・・謝ってばかり」
「だからつけ入られるのよ」

守護霊様に強くお願いしてくれたという
それからというもの・・・・
何故か怒りっぽい
気性が荒くなった様な気が・・・・

帰り
何度も家の屋根を見たが
何も見えなくなった

無題285

でも・・・
影が長くなった気がするのは
気のせいだろうか?

貴方の周りにも
不幸が重なりませんか?

“何か”が
引き込もうとしているかもしれません


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています





オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/02/05 16:13 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)

巷で囁かれる怖い話(不気味編:其の10)第82話:電車内で叫ぶ人がいた!そして目の前の女性も叫びだして・・・驚く事に2人とも叫んだ自覚が無いみたいな様子に震えてしまった

2年半前の事です
市役所に行きました

津市河芸総合支所の手違いで
息子の税金関係で本庁に足を運ぶはめに・・・
(困ったもんです)

その帰り道の事です
津新町から乗った電車内で叫ぶ?人が・・・

その叫んだ人は若い男の人ですが
女性の前で叫んだ途端
その女性も『ギャー』と叫びだしました

201608.png

つられたのかな?
ですが・・・
女性の叫ぶ顔が異様に感じました

あまりの異様な光景に
高齢の女性が慌てて隣の車両に逃げていました
(テロかと思いました)

津駅手前の踏み切り付近で
叫んだのですが・・・・
ココってよく飛び込みするんですよね
(※飛び込み自殺の名所です)

2016_2019121521504595f.png

何か関係あるのでしょうか?

あまりにも叫ぶので
車掌さんを呼ぶと・・・・
呼んだ途端
正気に戻っているんです

『何ですか?』と迷惑そうに言うのです
(2人ともあれだけ叫んでいたのに・・・・)

その若い男性も女性も
物凄い叫んだのに・・・・

自覚が無いみたいです(汗)

やはりあの踏切が原因でしょうか?

2011677.png

車掌さんも
へ?の顔をするし・・・
その2人も変な顔をしていました

まるで私が変だと言わんばかりの様子です
近くにいた男性も
『関わらないほうがいい』と言っていましたが
こんなに叫ぶ人っているんでしょうか?

この区間の電車に乗る時は
気をつけたほうがいいかもしれません

この踏切には何かいるかもしれません




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/12/15 21:53 ] 巷で囁かれる怖い話(不気味編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の7)第37話:絶景の危険な場所で『もう少し・・・』とささやく声・・・あの声は一体なに?自撮りしている最中に聞こえた不思議な声に吸い寄せられると転落死するのか

自撮り・・・
貴方は経験ありますか?

景観の良い場所に行くと・・・
自分も一緒に
その光景に写りたいと
思う時はありませんか?

観光客が多く
フレンドリーな雰囲気だと
『写してもらえませんか?』と
頼みやすい・・・

でも実際は
そんな雰囲気でもありません

ましてや
景観が良い場所=危険な場所でもあります

危険な場所と
簡単に述べてしまいましたが
自然の尊厳を感じる場所だからこそ
景観が良いと感じるのかもしれません

これは
私が学生の頃の話です

当時
登山が大好きで・・・
毎月1回は登山をしていました

愛媛県の石鎚山が
特に大好きでした

201606_201910281210031d4.png

友人達の間で
自撮りの見せあいこをしていると知り
話題作りに
次回は
写真を撮ろうと思いました

『霊峰石鎚山ってどんな感じなん?』
同じゼミの女子学生達に
聞かれる事も多かったのです

石鎚山は
日本百名山、日本百景の一つで
日本七霊山のひとつと言われるほどです
気安く写真を撮るなんて・・・

ですが
女子学生達からせがまれて
撮る事にしたのです

そして石鎚山に登る時がきたのです

登山口の売店で
使い切りカメラの一番高いものを
買いました
安いと・・・
画質が悪いので・・・

そして頂上付近で
自撮りしようと
絶壁が見える場所に行きました

『もう少しかな?』
『もう少し・・・』

その時です
『もう少し・・・』と
私以外の声が聞こえたのです


その瞬間
足元がグラッとした感じを
今でも忘れません

何かに身体全体が
吸い寄せられるに
フワっとした感じでした

すると
ガシャン!ガシャン!と鳴り響いたと思うと
『貴方!!』と怒声が聞こえました

ハっとしました

声のする方を見ると
何人もの人が立っていました

2016_20191028121003d89.png

修験者といわれる山伏の人達が
錫杖を鳴らしながら近づいてくるのです

何人?
数えようとしても不思議な事に
数える事が出来ないのです

え?
ここ立ち入り禁止なのかな?
凄く怒っているし・・・

そう思えるほど
見える山伏の一部の人達の
顔が険しかったのです

『すみません!!今すぐ去りますので』と言うと
囲まれました

そして座り込むのです

え?
ええ?と思いました

その場を動いていい感じがしないのです

何やら
テンポを上げた感じで呪文らしきものを
唱えはじめました

動けませんでした
すると・・・
座れと言われたわけでもなく
自分の意志で座ろうとしたわけでもないのに
座り込んでしまいました

次の瞬間
エイ!エイ!エエイ!!と大声を
上げていました

祓い清めてくれた感じでしょうか?

すると1人の人が
『ここはこんなのが集まりやすいから』
『気をつけて下りなさい』と言うのです

深々と頭を下げて
石鎚山を下りて・・・
下の売店でうどんを食べていると
売店の人が
『山伏さんに会われたんだね』と言うのです

『どうしてわかるんですか?』と聞くと
私のリュックサックに
お札が貼られていました

その場ではがす事が出来ず
(怖いでしょ?普通は・・・)
近くのお寺さんにリュックサックごと
持っていき相談しました

すると
『もうお役目終わっているから・・・』と
ペリっとはがしてもらいました

帰宅するまで
守ってもらっていたらしいのです

更に
『霊山はね・・・色んなものが集まるから』と
言われました

あの時
やはり私に
『もう少し・・・』と声をかけたものは
この世のものではなかったみたいです

もしあの時
山伏さん達に合わなかったら・・・
下記の記事の様に転落死していたかもしれません

(参考ニュース)
・ペルー・マチュピチュで観光客が転落死 自撮りしようと
《-記事URL削除-》

・ペルーでまた写真撮影中の転落死 韓国人観光客、アマゾンの滝で自撮り
《-記事URL削除-》

景観の良い危険な場所で
自撮りする・・・

それを狙って
あの世に誘う
この世のものではない存在に
貴方は気づいていますか?

耳元でささやいているかもしれません




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/28 12:13 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)