FC2ブログ




















巷で囁かれる怖い話(心霊編:其の7)第124話:廃トンネルの肝試しで上から大きな足がきて押し潰した!?逃げ延びた友人もベッドごと潰れて圧死の不可解な死を遂げるという結末に・・・神罰を下せるほどの者の正体とは

これは
大学1年生の時の話である
夏も終わり秋の紅葉が
ちらちら見かけていた頃だ

この時はまだ
下記の記事に書いた
大学から紹介された学生寮みたいな
集合アパートに住んでいた

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の3)第10話:
配線が無くても鳴り続ける不思議な呼び鈴・・・
他界した高齢の大家さんは息子と勘違いしたのか?
それとも呼び鈴を形見として
息子に渡して欲しかったのだろうか?
https://occult110.blog.fc2.com/blog-entry-10.html


電話は無く
2F出入口に公衆電話がついていた

夕方
ジリジリンと公衆電話が鳴った

受話器を取ると
珍しく私宛の電話だった

2016l2.png

病院からだったが何故?
私を呼んでいる者がいると言う

よく聞いてみると
高校時代の同級生だったYからだった

「悲惨な事故をされて・・・」
それ以上は語らなかった

夕方から始まる講義を休み
その病院へと向かった

そこには
包帯グルグル巻きのYがいた

声をかけると
「お前なら分かってくれるよな!」
「お前なら・・・」
何度も繰り返すのである

そこに居合わせた家族の中に
お母さんがいたのだが
外にと手招きしてきた
「息子は頭がおかしくなって・・・」
「あの子の話に付き合ってもらえますか?」と
涙を流すのである

部屋に戻りYに尋ねた
「何があったの?」と言うと
「俺も殺されるかもしれん」と言うのである

ヤクザか何かと思ったら
広島の幽霊トンネルの話をしだした

2016l1.png

「そこは鉄の柵あるだろ?」と言うと
友達4人で外して
車で中を走ったらしいと言うのだ

男女4人
もう一人の男性の名は私も知っている者だったが
ほかの女性二人はスナックの女の子だという

話を聞いていくと
どうやら肝試しに行ったみたいだ

トンネルの真ん中で
いきなり車が上から潰れたという・・・
信じがたい話だ

他の3人は押し潰され
Yだけが車外に放り出され
助かったというのだが・・・・

2016l4.png

そこで
Yが見たのは大きな足だったという
足から上は見えなかったらしい

そこで彼はいきなり興奮し
「皆あいつに殺されたんだ!」と叫びだした

計器の異常を感じてか
看護婦さんが慌てて来て病室から追い出された
叫びまくるY・・・
妹らしき女性とお母さんは泣きじゃくっていた

これは
私がどうする事も出来ないと直感した

夕方遅かったが
いつもお世話になっている
お寺さんに連絡してみた

事情を説明すると
「●●トンネル!?」と驚かれ
「無理や勘弁やで」と電話を切られてしまった

その当時
霊媒師さんみたいな方の連絡先を知っておらず
途方に暮れた

そもそも
●●トンネルは呪われているのか
疑問に思った

図書館に行き
●●トンネルについて調べてみた

事故や落盤が相次いでの閉鎖とまでしか
分からなかった

そんな中
話を聞いたお寺さんの
同級生の息子から連絡が・・・
彼にとっても同級生の惨事である

彼の話によると
お父さんである住職は怯えているらしい
そのくらい悪霊なのか
それ以上は聞き出せなかった

だが彼も協力するという
警察署へ訪ねてみた

何度も門前払いされたが
「●●●に行くといいよ」と一人の警察官が教えてくれた
事情に詳しい人が退職して
呉の商店街で喫茶店を営んでいるという

その喫茶店に行ってみた
マスターに
「●●トンネルの事故で聞きたいのですが・・・」と言うと
関わりたくないから退職したという
きっぱり断られた

退店をやんわりと促されたが
帰り間際に
「生き残ったYは同級生なんです」と言うと
「あれはね・・・踏まれたんだよ」とポツリ言い出した

「俺も信じているんだよ踏まれたと・・・」
車の痕には足の型が残っていたという

2016l3.png

だが
上の指示で揉み消されたとか

「●●トンネルみたいな事は初めてではないんだよ」
その話に驚いてしまった

もう何台も何台も同じ事が起きたのだとか
足跡もはっきり残っていたとか
全てトンネル内での操作不良による横転事故で
片づけられたという

お祓いしようにも
何度も失敗しお祓い者も
不可解な事故を遂げたという
圧死だそうだ・・・

何も無い所で圧死

この元警察官は
今でも《トンネルの足の持ち主》が
踏んづけたと思っているらしい

同僚も何人か不可解な事故を起こして
慌てて退職したのだそうだ

「もういいか?」と声を詰まらせるマスターの様子に
食い下がれなかった

「お祓いできる人いないかな」
私の言葉を聞いてお寺さんの息子は
何人か心当たりがあるという

その日はそこまでにと
急いで広島市内に戻った

アパートに戻ると
Yのお母さんから電話があったとメモが
深夜でもいいから電話をくれとの事だった

電話をかけると
「通夜に来てもらえますか?」と言うのである
その場で私も泣き崩れてしまった

2016l6.png

「そんな感じではなかったのに・・・」と私が言うと
「ベッドごと潰れて・・・」
不可解な死に方だったらしい

病院も早々と霊柩車を手配してくれただけで
何も触れなかったそうだ

通夜に行った
そこにはお寺さんの息子も姿があった

「あの件だけど・・・」
お寺さんの息子は重く口を開いた

2016l5.png

「あれ天狗様らしい」
「人が近づくべきものじゃないって・・・」と言うのである

どうやらあの●●トンネルに近づく者は
神罰が下る様だ

2016l7.png

その4か月後だろうか
●●トンネルは完全に塞がれたと聞いた
もう肝試しはできないと・・・・

貴方の周りにも
不可解な事故が起きるトンネルはありませんか?
鉄柵で覆われている廃トンネルありませんか?

入れないようにする理由は
単なる危険を防ぐ為ではなく
神罰から人を守る為ではないだろうか

肝試しという軽い気持ちや好奇心から
その鉄柵から先は入ってはいけません


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています






オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/03/03 12:38 ] 巷で囁かれる怖い話(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の14)第102話:不法投棄に手を染めた叔父の乗ったミニショベルカーは宙に舞い上がり30m離れた谷底へ落ちた・・・神罰は下半身不随になっても許されないのか

【これは1年半前の記事です】

KKK(監視・告発・危険予知)の活動で知り合った霊媒師さんに
記事の《お祓い》をお願いしていましたが
ようやく私の元に送り返されてきました

少し粘着性のある霊や神罰を
引き寄せてしまったのですが
(現在は大丈夫です)
なんとか記事アップできそうです

FC2ブログは30日更新無いと
広告が表示されるんですね
初めて知りました

これは私の父方の弟
叔父の話です

叔父は祖父が営んでいた
不動産を足がかりにして
土地を買い占めては最終処分場に仕立て
産業廃棄物といわれる
廃プラスチック類・ゴムくず・金属くず
ガラスくず・コンクリートくず・陶磁器くず
がれき類等を埋め立てる商いをしていました

2016_2020012415324609d.png

雨水の影響を受けない
安定型最終処分場だったらしいのですが
持ち込み業者が勝手に
廃油・紙くず・木くず・繊維くず
動植物性残さ・動物のふん尿・動物の死体等
廃棄していたそうです

この職種だけではありませんが
暴力団の息がかかった業者も多く
法律は守られていませんでした

トラックで持ち込んでは
ドサーっと捨てていくらしいのです

何度も何度も
市や県から指導が入っていたと聞きました

そんなある日の事です

叔父は
いつもの様に運ばれてきた
入り混じっている産業廃棄物を
ミニショベルで埋め立てながら
均していると・・・・

急にミニショベルが宙に舞い上がり
30m以上離れた谷底に
落ちたらしいのです

その事故で
叔父は一生
下半身が動かない身体になってしまいました

その事故がきっかけで
違法状態がばれて
持ち込み業者と共に
刑法による懲罰対象になりました

それから叔父は毎晩
理由が分からない高熱を出して
生死をさ迷ったらしいのです

高熱が出て5日目
祖母は霊媒師さんを捜したと聞きます
3人目で
ようやく本物の霊媒師さんと出逢い
見て貰ったところ
山・水の神様の神罰だと分かったそうです

相当な怒りだったらしく
2度断られたとか・・・・

それでも
なんとかお願いして護摩焚きをして
貰ったらしいのですが・・・・

部屋で
庭で
産業廃棄物処理場で
谷の祠で
近くの池で

5箇所
計10週間近く護摩焚きをして
貰ったらしいのです
祈祷料や祭壇・諸々の準備で
300万だったとか・・・・

これが高いか安いかは
皆さんの判断に任せますが
霊媒師さんも命がけだったとか・・・

その産業廃棄物処理場は
借金の担保で競売にかけられ
叔父が競り落として
開墾したらしいのですが・・・

201601_2020012415324778d.png

その山は元々
いわくつきの山だったらしいのです

そんな山を開墾し
産業廃棄物をドカドカ埋め立てるのだから
土壌も地下水も汚染されて・・・・
神様も怒って当然でしょう

霊媒師さんも終わった時
様相が違ったといいます

叔父の胸ぐらを掴み
車椅子から引っ張り倒して
『お前の子孫はない』と怒鳴りながら
帰ったらしいのです

2016014_202001241532489b2.png

熱が下がった叔父は
車椅子生活を過ごしていましたが
10日後くらいから
狂ってしまって入院後
すぐに亡くなりました

祖母は
その2ヵ月後
叔父の供養もお願いしようと
手紙を添えたお中元を贈ったら・・・
宛先不明で
戻ってきたので直接届けようと伺ったら・・・
霊媒師さん宅は火事で
跡形も無くなっていたらしいのです

本当の神罰は
護摩焚きでは
許してもらえないのでしょうか

その後
叔父の家も出火原因不明の火事で
全焼しました

祖母が叔父が可哀想だと
喉が渇いたらいけないと仏壇で
お水をお供えしたら・・・・

ろうそくや線香をつけていないのに
仏壇が2回も燃えたらしいのです

無題244

このままでは・・・・と
危険を感じた祖母は
他の霊媒師さんを捜しましたが
誰も受け付けてくれませんでした

そして祖母は
私が3歳の時から
叔父の事は考えてはいけない
叔父の写真を持ってはいけない
叔父の墓参りしてはいけない

私に厳しく
守るように言い聞かせました

こうして叔父の事を書けたのは
霊媒師さんの尽力だと思いますが・・・
叔父が亡くなってから
50年以上経ちます

それでも許してもらえない
神罰とは怖いものだと痛感しました

ブログにアップするだけでも
ヤバいのは本当に驚きです

2016074.png

貴方の周りの土地は大丈夫ですか?
神様の祟りは本当に怖いですよ?

山に行っても川に唾を吐いたり
小便したり
食器を洗ってはいけません

至るところに神様はいますので
気を引き締めて行動するのが最善です

祟りになる場所は至る所にある
これも都市伝説の類でしょうか?




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/01/24 15:36 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の4)第16話:不浄と縁の無いはずの霊媒師が母親と不倫してしまった・・・色欲の情に対する結末は恐ろしかった!天罰はこんなにも重いのか

私が何故
心霊絡みの事例が多いのかは
母親に原因があったと思います

4人の水子様がいて
供養も何もせず・・・
罰当たりな母親でした

20160.png

小学3年生・・・
広島県呉市の原小学校に
転校してきた時の事です

突然
両目が全く見えなくなり・・・
病院に行っても
原因不明と言われました

離婚したとはいえ
世の中狭いのか

父親方のばあちゃんにまで話が伝わっていました
『またアノ時と一緒じゃない?』
ばあちゃんは母親に何度も言ったそうです

実は水子様の怒りというか・・・・
祟りとは言いたくありませんが
霊障は一度経験あります
3歳まで全く目が見えなかったのです

ばあちゃんの連れて来た霊媒師さんが
3日間護摩焚きし
目が見えるようになったと聞きました
(その当時の記憶がありません)

そんな時
どういういきさつで知り合ったのか
定かではありませんが
1人の霊媒師が家にやってきたのです
(多分おばあちゃんの紹介でしょう・・・)

お寺を持ち
それなりに“信者”の方がいると
聞きました

真言宗密教という
護摩祈祷を三日間・・・
更には自身の身体に
水子様を憑依させて
母と会話をしていました

4人いる1人の内
女の子が・・・
『許さない!許さない!』と
叫んでいるのが聞こえました

2時間くらいの説得でしょうか
『お母さんを大事にするなら・・・』と
許してくれたかと思うと
いきなり“視界”が開けるのです
両目がいきなり見えました
不思議な体験です

普通ではありません
信じるも何も・・・
驚きと怖さしかありません

それから毎日
神棚・仏壇を設けて
お神酒・お水・ご飯の用意をする
日々が始まりました

勿論
真言宗のお経も唱える事も・・・

だからでしょうか・・・

心霊体験が
小学3年生から増えたのも
その理由からだと思います

ですが
この後・・・
この霊媒師が悪いのか
母親が悪いのか
色欲の情に溺れ不倫をしていました

2年くらい不倫は続いたのでしょうか
終止符が打たれるきっかけは
騒然でした

なんと
霊媒師が突然別れる!!と
母親に怒鳴っているのです

『このままではいかんのだ』
そう言い続ける声が印象的でした

201607.png

この言葉の意味が
何を意味しているのか・・・
3週間後分かりました

その霊媒師の長男が
バイク事故で亡くなりました

新聞記事では
直線道路で
前方に障害物が無いにも関わらず
急ブレーキをかけて転倒したとありました

その霊媒師の長男は
何を見て急ブレーキをかけたのか・・・
不倫という色欲の《罰》でしょうか




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/18 06:21 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)