FC2ブログ



















忘れられない恐怖体験(不思議編:其の13)第163話:鬼の様な行政の者に追い詰められて2度目の自殺を決断してしまった!横浜市港北区の事故で左腕・左脚が赤黒く紫色し動かなくなり・・・心身共に疲れてしまった

【二度目の自殺未遂】

港北区の一件で心身共に疲れました

【第160話】
土砂降りの中いきなり歩道から目の前1mの位置で
老人が走って飛び出してきた・・・
警察官の『あんたが轢いたと言えばすぐに解決するんだよ』と
いう言葉に怒りで身体が震えてしまった
https://occult.fc2.net/blog-entry-182.html


紹介された店を解雇され
次の店に挨拶に行く途中で異変に気づきました

左腕・左脚が動かなくなり
見てみると両方とも赤黒く紫色でした
びびが入っていそうな気配でした

人売り業者に指示された店も酷く
区域は一年後
大規模な立ち退きの場所で
営業してもお金になりませんでした

区域は文化住宅が中心でマンションは無く
私みたいな貧困層が集まる住宅だらけ
悩みに悩んでいました

2017l8.png

どんどん動かなくなる左腕と左脚・・・

行政にも相談に行きましたが
『新聞店で前借りして家を借りたら?』とか
実現不可能な事ばかり言われました

子供達のオムツ代・病院代に困り
金融機関に行くも
新聞屋という理由で断られました

行政からの支払い催促も酷く
市の職員二人がチンピラみたいな口調で
玄関先でまくしたてていました

何度も分割払いでお願いしたのですが
『一括で払え』の一点張り

『払わない限り毎日来ますよ?』と脅して帰りました

さすがに
この時は疲れました・・・

『ごめん疲れた』と妻と子供達の顔を見ながら
手で涙を拭きました

外に出るとバイクに乗って
自殺する場所を探そうと思いました

2017l6.png

そういえば
区域内にやばそうな場所があったのを思い出し
広い県道に出ると
なんと凄いスピードで逆走しているBMWが!!

思いきり轢かれました
そこから意識がありません

気がついた時は病院のベッドでした

2017l1.png

しかも個室・・・

慌てました
今の私には払えません

ナースコールをしようと思った途端
自分の置かれている状況に驚きました

腕も脚も頭も何もかも・・・
固定されていました

2017l2.png

しばらくして看護婦さんが来たので
『個室は困るんです』と言うと
『轢いた人がこちらにと・・・』
『費用は向こう持ちだから』と言うのです

そして驚いたのは
2日間意識が無かったとか・・・
頭蓋骨も骨折していたそうです

2017l5.png

『右腕と右脚は前からひび入っていたかも』と言うと
後からきた医師に
全部治して貰えるから心配しないでと言われました
(※工場で遭った右足の粉砕骨折は言えませんでした)

【第72話】
妻を変えれないのは全て男の責任・・・
全て許して心を豊かにして逝こうと思います
https://occult.fc2.net/blog-entry-78.html


翌日
轢いた人の弁護士が来て
全て任せて欲しい
休業保証も慰謝料も出すから
他言は無用でと・・・

2017l7.png

看護婦さんの話しだと
轢いた人は名のある権力者で
同乗していたのは愛人とか・・・

婿入り養子だから
必死に隠蔽したかったとか・・・

でもそのおかげで
お金が工面できて
行政の取り立てから解放されただけでも
ほっとした自分がいた

2017l3.png

情けないやら
嬉しいやら喜ぶに喜べなかったが
もう少しでお金で自殺するところだった

貴方も経験ありませんか?
人生は何があるか分かりません

辛い時にこそ
早まってはいけません


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています




怪談ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/05/18 12:48 ] 忘れられない恐怖体験(不思議編) | TB(-) | CM(0)