FC2ブログ



















忘れられない恐怖体験(不気味編:其の14)第139話:雨も降っていないのに赤いポンチョを来た少女が目の前に・・・声をかけると老婆が振り返り『邪魔すんなよ!』と怒鳴って消えた怪奇現象に遭遇してしまった

これは11年前の出来事です

三重県津市の寿町の川沿いで
赤いポンチョを着た少女らしき者を見ました

2016o1_20200408011124ffc.png

高校に通う子供の
進路相談の帰りで子供と一緒でした

雨は降っていないのに?
ポンチョを着ています・・・

何か違和感というか
少し気味が悪い感じがしました

ですが既に19時40分くらい・・・
小学校の子供もいるので念の為
声をかけました

2016o3_20200408011126312.png

『どうしたの?』
『おうちは何処?』

こちらに向いて答えません

泣いているのかな?
心に何か傷を負っているのかな?

『大丈夫?』
『おじさんが家まで送るよ?』と言うと

『邪魔すんなよ!』と
老婆が振り返って怒鳴りました

2016o2_20200408011125533.png

びっくりしていると
私と子供の前で消えたのです

子供は高校生の男の子でしたが
2時間くらい震えていました

『邪魔すんなよ!』
幽霊だとは思いますが
何か違和感がありました

悪霊ならば
少しは悪意が感じとれます

言葉からして
悪意はあったのに感じがおかしいのです

2016o4_20200408011128142.png

これはもしかすると
妖怪と呼ばれる類でしょうか?

いずれにしても
悪意があるには変わりません

邪魔すんなよ!
何を狙っていたのでしょうか?

貴方の周りにもいませんか?

赤いポンチョの老婆には
気をつけてください


※画像はフリー写真素材【写真AC】
【イラストAC】より イメージ画像として使用しています




怪談ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/04/08 01:12 ] 忘れられない恐怖体験(不気味編) | TB(-) | CM(0)