FC2ブログ



















忘れられない恐怖体験(不気味編:其の6)第75話:結核病院での凄まじい体験『元気ちょうだいよ』馬乗りになって泣き叫んだ少女は私の元気が欲しくてたまらなかった・・・その少女の年齢を聞いてもっと驚いた

これは東京のK市の新聞店に
勤めた時の話です

当時は色んな販売店主に
売られて悲惨な毎日でした

新しく割り当てられた担当地域は
よく人が辞める?と有名でした

3日間で8区域の2400世帯を
覚えさせられて・・・・
途中には
『ここ明菜の母ちゃんが常連のとこな』
パチンコ店を通る時に教えてもらいました
だから・・・
お金がなくなるのかな?
そんな風に思いました

そんな時です
ある地域に不思議な場所があったのです

結核病院でした
そんな病院は何処にでもあります

ですが
ここは違ったのです

教えてくれる人は
サッサと自分のマスクを着用しました
私の分はありません(汗)

2016_2019120617252925c.png

『ぐずぐずするな!』
怒声が何度も聞こえてきました
仕方なくマスク無しで入る事に

3階まで非常階段を上がり
廊下に出ると・・・
患者専用?の売店がありました

売店女性もマスクをしています
『こいつ新しい奴だから・・・』
軽く挨拶して新聞を取り替えました

うつったかな・・・
凄く不安でした

まぁ毎日ではないし・・・と
思っていたら
『ここ毎日配ってな!』

え?
区域が離れている時も?

酷い時は
区域の端から端まで
18分かかりました

遅いと罰金とか
あり得ない店でもありました

このブログ読者の方は
もう知っていると思いますが
右足粉砕骨折の私にとって地獄でした
まだ血が止まらない時でもありました

ですが
最初に売られた時の借金を
返さないといけないので必死でした
ここでもわずかな希望を抱き
行政に助けを求めましたが・・・・

『どんな人でも親はいるでしょ?』
『どんな人でも親戚はいるでしょ?』
『どんな人でも友達はいるでしょ?』
そう言われて突き放されました

いつになっても
親がしてきた事が大きくふりかかって
私にはどうする事もできませんでした

さて話は戻り・・・
そんな時の事です

7回くらい行った時でしょうか?
いつものように売店で
新聞の入れ替えをしていると
誰かに見られている気配を感じました

壁に隠れて
こちらを見ている少女?がいます

66667.png

その時は
気に留めませんでした

それから2ヶ月経ち
夏くらいだったと思います

どんどんあの壁から覗いていた
少女?が近寄ってきていました

ついには顔の真横まで
顔を近づけるように(汗)

マスク越しに
『こんにちは!』と言いました

するとニコっと笑顔を見せて
『見えるんだー』と言いました

見えるんだ?
まさか?幽霊?
それは勘違いでした

それから毎日の様に
まとわりつくようになりました

とうとう
病院の入り口で待っては
非常階段を
おんぶして?ということに

少女?とはいえ・・・
もう見た目的には立派な女性です

病院関係者に
『どうしたらいいですか?』と
相談すると・・・

『おんぶしてあげて』と
意外な答えが・・・

もしかしたら
親のいない子かな?と
勝手に解釈して
次の日からおんぶしました

さすがに3階はきつい
足がプルプル震えていました

ですが
その少女?の笑顔見ると
受け入れるしかありませんでした

秋の終わりかけでした
いつもの少女?がいません

あれ?
もしかして風邪でもひいたのかな?

売店に行くと・・・
その少女?がいました

20163564.png

すると
『うわー』と大きな叫び声をあげて
飛びかかってきました

ドタンと後ろに倒され
その少女?は馬乗りになって
私のマスクをもぎ取りました

『うつってしまえ!』
大きな叫び声と共に
唾やら吐きかけていました

でも・・・
泣いているんです
その顔を見ると
怒りが全くこみ上げてきませんでした

不謹慎ですが
その少女?をそっと抱きしめて
『大丈夫?』と声をかけました

すると意外な言葉を発するのです
『どうして元気にならないの?』
最初は意味が全く分かりませんでした

『元気ちょうだいよ』
その言葉でハっとしました

あぁ・・・
元気の“象徴”に思えたのか?

毎日
痛みに耐えて
汗だくになっているだけなのに・・・

そうしていると
複数の職員さんが
ようやく少女?を引き離してくれました

次の日
あんな事があって行き難いな・・・
まぁ普通に接しようと思っていたら
あの少女?はいません

売店の人に驚く事を聞きました
『あの子亡くなったんよ』

5555.png

え?
昨日はあんなに元気だったのに?
『まだ若いのに・・・』

その言葉を受けて売店の人は
『28歳なのにね・・・』

28歳!?だったのか
あんなに軽いのに・・・・

次の日
給料日でした

何を思ったのか花を買いました
病院の人に嫌われるかな?と
思いつつ渡しました

その後
何度も現在も結核の検査をしましたが
感染は確認できませんでした

その後
1年経ってからでしょうか

その区域の配達員は
20人以上
結核感染していると聞きました

2016356.png

私が感染しなかったのは
あの少女?のおかげでしょうか

それとも・・・
何かしらの加護がある為に
あの少女?を受け入れずに
跳ね飛ばしたのでしょうか?

それは今となっては
確認する術はありません




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/12/06 17:28 ] 忘れられない恐怖体験(不気味編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(不気味編:其の5)第55話:アダルトビデオに何とモロに自分の恥ずかしい姿・行為が!!・・・盗撮を認めないラブホテル&悪質ビデオ販売会社と争った結果

これは私が21歳の時の話です

いつもの様に
大学に行くと・・・
周りが大注目しているではないか?

何!?
この視線は!?

すると仲の良い友人が
一本のビデオを手渡してきた

20161_20191113175640462.png

『これ・・・●●だろ?』と言うのである

慌てて
見ると・・・・

どうもホテルの一室の盗撮ぽいものだった

次の瞬間
見た事ある人物が映っている

『俺、俺、俺だ!!』

思い切り慌てた

アダルトビデオ店から借りて
パッケージを見ると・・・

小さな字で
出演者の許可をとっていますと
書いてあるではないか?

『いつ許可とったんだよ!!』

腹がたった私は
このビデオ販売会社に電話した
出ない・・・

撮影協力店のラブホテルに
電話すると・・・

その様な撮影許可をしていない
撮影機器を置いていない
盗撮は不可能とまで言い切った

2016_20191113175639a92.png

でも
アダルトビデオにモザイク無しで
出演している私にとっては
一大事である

その前に一緒に映っている彼女は
もっと大きな傷が残るだろう

無許可で盗撮・販売・・・
許せなかった

四日後
やっとビデオ販売会社の者が電話に出た

『あぁ?どこに電話してんだテメー』
思い切りチンピラ?ヤクザ口調だった

『盗撮?撮られる方が悪いんだよバーカ』

この言葉で
販売停止と慰謝料を求めた裁判を起こした

すると
これに興味持ったのか
警察関係者の者が事情を聞いてきた

思わぬ方向にいくなと思っていたら
警察はただの“脱税”捜査だった

裁判の日がきた

向こうは誰一人出廷せず
私の主張が一方的に認められた

後日
先方の弁護士がようやく会いに来た

慰謝料と販売停止の書類を無造作に
スーパーの袋に詰めて
書類はグチャグチャ・・・

お互いの弁護士の言い争う一面もあったが
無事に解決した

ただ店頭から
撤去されたのは半年くらいかかったらしい

そんな事件があって2年後
警察関係者からホテル内に仕掛けられた
盗撮機器が見つかったと聞いた

組織ぐるみの犯行だったらしい・・・
その影響なのか
ビデオ販売会社は潰れていた
(名前を変えて営業しているらしいが・・・)

ビデオ会社の中には
怖い者がいると実感した

無題2

こんな者が作り上げていた盗撮モノに
興奮していたと思うと
非常に恥ずかしい

今ではほとんどのアダルトビデオは
作り物だと聞く

だが・・・
たまに怪しい盗撮モノを見つけると
当時の嫌な記憶が戻ってしまう

貴方の周りにもありませんか?
ただの鏡だと思っていると
痛い目に遭いますよ
盗撮されているかもしれません




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/11/13 17:58 ] 忘れられない恐怖体験(不気味編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(不気味編:其の4)第36話:何度も飛び降り自殺が起きる高層マンションは自殺の名所だった!上からドシャと人が落ちてきて・・・連続目撃してしまい精神的に病んでしまった

これは私が新聞店で
配達員をしていた時の話です

もう21年くらい前になるでしょうか
当時
神奈川県の某市で
新聞配達員の仕事をしていました

飛び降りの名所って・・・
本当にあるんです

各家庭の順路を
先輩から教えてもらっていると・・・

『ここ上から飛び降りるから』
『巻き添えにならんように・・・』と
脅してくるのです


『怖がらせないで下さいよ』と
言い返しましたが
その異様で不気味な雰囲気は
言われる前から感じていました

それから2月後でしょうか

いつもの様に
上を警戒しながら
足早にバイクに戻り
乗った瞬間・・・
ドシャ?っという大きく鈍い音がしたのです

無題209

すると
近くにいた他の新聞店の配達員が
悲鳴をあげていました

振り返ると・・・
何かが落ちていました

それは人でした

もうそれから
警察からの事情聴取で
仕事にならず・・・

1●Fから飛び降りたらしいのですが
私が
その階を配った時には
そんな人がいませんでした

エレベータから降りて・・・
その後は非常階段から降りながら
下に向けて配るので
不審な人がいれば気づくはずなんです

同じ事を何度も
警察官に聞かれましたが
本当に
そんな人を見ていないのです
不思議でした

それから
1週間経たない内に
また飛び降り・・・

それから5日後に
また飛び降り・・・

私が配達した直後に
飛び降りたのです

精神的に悩みました

そして1週間でしょうか
とうとう仕事に支障が出るほど
精神的に参ってしまって・・・
休んでしまいました

結局
退店する事になりました

すると驚く事を聞いたのです

私が休んでいる1週間の間に
また飛び降りがあったらしいのです

本当に自殺の名所ってあるんです
引き寄せられるのか・・・
それとも誘われているのか・・・

その一帯は以前
墓地だったらしいのです

201606_20191027050516b51.png

自殺の名所
呪われた土地

何か因果関係を感じてしまいます

貴方の周りにも・・・
自殺の名所がありませんか?

知らないだけで・・・
沢山
存在するかもしれません




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/27 12:13 ] 忘れられない恐怖体験(不気味編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(不気味編:其の3)第32話:お祓いできない危険な場所は無数にある!移動できない犬塚の祟りなのか・・・犬のトラブルが多発する地域で犬に顔を食べられるという事故が!!

犬塚の祟り・・・

貴方はそんな祟りを
知っていますか?

これは
私が工場で足を骨折し
働く場所が無く
新聞の拡張員をしていた時の話です

神奈川県Y市の某住宅団地を任されました

いつもの様に地図を渡され・・・
マジックで区域を分けていると

『ここ重点的にお願いします』と
店主が言ってきました
私の割り当てられた区域でした

『そこ訳ありの物件だらけ!気をつけな』と
古くから拡張員している先輩に
言われました

訳あり物件・・・
幽霊?ヤクザ?
どちらにしても勘弁して欲しい情報でした

はっきりと教えてくれず・・・
モヤモヤした気持ちで営業する事に

すると・・・
見た目感じでは普段と変わりません

そして
ある団地を回っていると・・・
いきなり犬に噛まれました

凄く狂暴な犬が足に噛みついているのです
柴犬でした

2016_20191025022740082.png

必死に振り払いました
蹴っても蹴っても噛みつこうとするのです

次の瞬間
『人殺し!!人殺し!!』と叫ぶ
年配の女性がいました

人殺し?犬ですよ?

飼い主らしき感じはしましたが
それなら犬の行動を止めてくれても
いいではありませんか?

一向に止めません
それどころから笑っているのです

何度も何度も
犬を振り払いながら
その場を逃げました

エレベーターに乗り込み・・・
やっと犬から逃げる事が出来ました

その建物から出ると・・・
いきなり上から
鉢植えが落ちてきました

ベランダ側では無いので
明らかに
私を狙ったのでは・・・と思いました

すると・・・
先程の年配女性が
上から睨んでいるのが見えました

『気持ち悪い・・・』

これが訳あり物件の“正体”なのかなと
思いました

結局
その団地では
犬に追われて拡張出来ずに
終わり・・・

店主がため息をつきながら
『(新規の客を)取ってきてくださいよぉ~』と
言いました

犬に襲われた話をすると・・・
店主が先程まで不機嫌そうだったのに
おとなしくなっているのです
奇妙でした

『次回宜しく』と
早々に切り上げた態度に
違和感を覚えた私は
先輩に尋ねると・・・

『あそこは犬のトラブルばっか』
『犬には気をつけろよ』と言うだけだった

そして
『犬塚には近づくなよ』と言うのである

無題

犬塚?

地図には載っていなかったが
地元では有名らしい

そうこうしている内に
3週間が経ち・・・
またあの店へ行く事になった

『前回と同じ地図な』と皆が
言うので仕方なく従う事に・・・

また“あの団地”に行くと・・・
犬の気配は無いが
警察車両が多く目立った

『何の騒ぎですかね』

人だかりになっているので
尋ねてみると・・・

『あの●階の人ね、犬に食われていたんだって・・・』

●階・・・
あ!!あの鉢植えを投げた人の階だ
まさかあの年配女性が?

『ここでは有名な●ちがいおばさん』と
言うではありませんか?

きっとあの人に違いないと確信しました

更に詳しい事を聞くと・・・
死後
何週間らしく
警察が入った時には
飼い犬に食われた痕跡があり
顔の皮膚は残っていないとか

うわ・・・
グロいなと思いながら
団地を去ろうとすると・・・
敷地内に犬塚が!!!

ここがあの犬塚?
団地内に?

ゾクっとした

後日
あの地域は犬絡みのトラブルが
絶えないと聞かされた

また
犬塚を移転させようとした工事関係者が
相次ぎ事故を起こし
祟りだと
あのままにしているとも・・・

最近では
通学中の小学生が
犬に襲われたり
噛まれるという事故が相次いでいるという

これも犬塚の祟りだろうか・・・

貴方の周りにも
そんな訳ありの犬塚ありませんか?
転居先の確認はしっかりしないと
いけません




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/25 12:13 ] 忘れられない恐怖体験(不気味編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(不気味編:其の2)第27話:食中毒に遭ったのにずさんな対応の保健所のせいで最悪な事態に・・・排便後に手を洗わないのは習慣なのか?何度も食中毒を出す弁当店で食中毒に遭った

食中毒
貴方は経験しただろうか

私は数多くの食中毒にも
遭ったが・・・

この話は
15年前の話になります

三重県の旧久居市で
土曜日の夕方

ご飯を炊くのを忘れたと
妻に聞き・・・

『近くの弁当屋に頼んだら?』と
ポストに以前
投函されていたチラシを見せた

2016_201910230459569c8.png

そうだねという話になり
私は鳥南蛮
妻はから揚げ
子供達はハンバーグを選んだ

そして
1時間後に弁当が来た

食べていると・・・
まず子供の1人が気分悪いと言い出した

その当時
住んでいた場所は
何故か
夏でも季節性のインフルエンザが
流行っていて・・・

当初は
インフルエンザだと思っていた

すると
もう一人の子供が吐き出した

2時間後
妻も私も吐き気が・・・

結局
家族全員吐いて下痢をした

食中毒?
弁当店に電話すると
『変な言いがかり付けんなボケ!!』と
チンピラ風だった

何でも調理を担当したのは
経営者の奥さんだという

夜間の緊急にかかり
食中毒の疑いがあると言われた

翌日
保健所に電話すると・・・
日曜で?繋がらず

仕方なく
月曜に保健所に電話すると・・・
『どうして弁当が原因だと?』と
冷たいし相手にしない

県の食品衛生安全課に電話しても
同様の対応をするだけだった
『他に出ていませんからね!!』
『何か他のものでは?』

わざわざ
弁当の“残し”や嘔吐物を
保存していたのに
聞き耳持たず・・・

『何の為にあるんだ!!』

一向に調べようともしない
緊急病院も形だけ・・・
全く連携も取れていなかった

そして
その夕方
皆でうどんを食べていると・・・
ニュースで
その弁当店で食中毒14人だと・・・
従業員の1人(経営者の奥さん?)の
便から食中毒菌が見つかったという

201606_201910230459579a2.png

翌日(火曜日)に
保健所に電話すると・・・

『もっと早く電話してくれれば』
『弁当の残りありますか?』
ふざけた対応である

県の食品衛生安全課は
『誰に電話しましたか?』と
通話の記録さえも
とっていないではないか

驚く事に
その弁当店は3店舗あり
今回で3度目の食中毒だという

3度目?でも
営業を続けられるのは
“アノ国”の人との協力や
かばいだと近所の人に聞かされた

そもそも
向こうの人達は
排便後に手を洗う習慣が
無いらしいとか・・・
これはあくまでも噂だが
本当かもしれない

貴方の周りに
便所から出て手を洗わない人
いませんか?

もしかしたら・・・
日本人じゃないかもしれません

これも都市伝説でしょうか?




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/23 05:02 ] 忘れられない恐怖体験(不気味編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(不気味編:其の1)第24話:飲む護符だと騙されて犬を餓死させて作る呪符を飲まされてしまった!呪符を作った者は発狂して精神病院へ・・・呪いは呪いをかけた者にもこうむるのか

『これよく効くんだよ』
『88か所参りのお土産』と
飲む紙の護符をいただいた

2016_20191022114933eed.png

これは
私が小学一年生の頃の話である

下記の記事でも書いたが・・・
忘れられない恐怖体験(心霊編:其の5)第19話:
大阪で母親の不倫相手の奥さんが発狂して蛇に取り憑き・・・
20分くらい逃げても逃げても執拗に私を狙って
追いかけ噛みまくられ痛さと恐怖で失神してしまった
https://occult110.blog.fc2.com/blog-entry-19.html

ここに登場する母の不倫相手側の
奥さんに
この“護符”を貰った

母は平然と
その旦那さんと不倫しながら
そこの奥さんとお茶したりしていた

そんな矢先
護符を貰ったのである

だが
ある日
その不倫している旦那さんに
『奥さん88か所行ったん?』と
聞いたらしい

すると
そんな所へは
一切行っていないという

そんな出所不明の護符だが
母は私に飲まそうとするのである

2枚くらい飲んだろうか・・・

ある日
興味本位に紙を開封してしまった

すると
薄く犬の毛らしきものと
赤い文字で“呪・・・”と
漢字がびっしりと書かれていた

気味悪く感じた私は
母に見せると・・・
形相を変えていた

近くの神社に持って行った母から
聞いたのだが・・・
その護符は
犬神を呼びよせる呪符ではないかと
言われたらしいのである

無題218

その護符の話も
いつの間にか
その奥さんが精神病院に入院した事で
記憶に忘れられていたが・・・

高校3年生の時に
机の隅から
その呪符が出てきたので
お寺さんの同級生の友人に
頼んで調べてもらうと・・・

やはり陰陽師が
使う呪符らしきものではないかと言われ
処分してもらった

201606_201910221149345dd.png

後で
調べたのだが・・・
五芒星の形にその呪符を置き
その真ん中に
犬を土に首だけ出して埋めて
目の前に食べ物を置き
一週間くらい飲まず食わずで・・・
苦しませながら餓死させて
その時に生じる凄まじい怨念と邪気を
呪符に封じ込めるらしい

どうりで・・・
あの蛇が私だけを追いかけてくるはずだ
そして
噛まれた同じ日に
奥さんが発狂して入院したのは
その呪いが
呪いをかけた方にも
はね返ったのではないだろうか

そう考えると・・・
妙に自分でも納得出来るのが
不思議だ

貴方も知らずに
呪符を飲まされていませんか?

人から貰うものは・・・
本当に信用できる人でなければ
飲んではいけない

これも呪いに関する
都市伝説でしょうか・・・・




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/22 11:54 ] 忘れられない恐怖体験(不気味編) | TB(-) | CM(0)