FC2ブログ



















忘れられない恐怖体験(心霊編:其の12)第69話:リストカットで苦しむ女性の身体に群がる複数の男と生霊達!リストカット痕にしがみつく生霊も取り除くには環境変化と痕を消すのが最善の策なのか

ふとした停電で
4時間30分の記事が消えて・・・・
少し動揺しています

これから書こうとする内容は
少し分かりにくいと思います

私自身も失望と失恋により海に身を投げた事や
ヘモグロビンA1cが15.8と
普通はあり得ない数値で死を覚悟した体験から
複数の依頼により
ネット上で相談役をしていました

ですが2年6か月前に
妻と口論の末・・・離婚届をぶつけられ
説得できないのを痛感し
相談役から退いていました

そんな中どうしても・・・と
声がかかり
モデルをしているという20代女性の
相談をする事に・・・

霊媒師さんが
私にしかできない?と言うので
仕方なく引き受けました

何故私なのかなぁっと思っていたら案の定
とても深い・・・
深い闇を抱えて生きている女性でした

親は子供を選べません
その女性も必死に闘っていました
だが周りの男は
隙あらば彼女の身体やお金を狙っていました

その中から救うには
彼女への説得と
今いる環境の離脱が必要となりました

メール・電話では良い子なんですが・・・
私にはそれが本当の姿には思えませんでした
何かがおかしいんです
すると5度目の自殺未遂をしたと報告がありました

201612_20191129173425dc6.png

私も会う事は極力避けたかったのですが
この眼で見たかったのです
ですが駄目ですね
妻以外の女性を見るのは久しぶり
モデルさんをしているだけあって綺麗でした

邪念を払うために
ボールペンで脚を何度もぶっ刺して向き合いました
そして両手を握らして欲しいと言いました

そして案の定
両手を出した途端
リストカットしているのが見えました
『これだ』
彼女を縛っているのは
このリストカットの(痕)でした

2016_20191129173422b91.png

私は霊媒師ではありません
ですが
この痕から毛糸状の何かが見えます

後に聞いた話ですが
これは複数の者の(手)だそうです

彼女との対面は
彼女の部屋で行ないましたが・・・・
非常に荒れていました

テーブルの上には
灰皿から溢れ出しているタバコの山
カップラーメンにはカビの生えた変な物が浮いていました

部屋の隅には黒カビが
風呂にも!
台所には『あー!』と叫びたくなるような汚れた食器が!

そんな汚い部屋なのに
男は身体を求めて訪ねるというのです
何かを感じた気がしました

そもそも霊媒師さんが
ぱっとお祓いしないのは何故!?
分かった気がしました

はいはい
私は洗剤持たせると掃除する洗剤マニアですよ?
霊媒師さんよく分かっているんですね(汗)

あっけにとられている彼女を
注意深く見ながら掃除していきました

そんな時です
ピンポーンピンポーン呼び鈴が鳴りました

すると彼女が
ガタガタ震えだすのです
コレも原因の一つか?とガチャっと出ると
『お前誰!?●●●出せよ?』と言うではありませんか?
ちゃらいホスト風の男です

201613.png

あぁ!
私を呼んだのもコレを想定してなのね
更に分かった気がしました

あーだこーだ叫んでいるホスト風の男を
ガシっと掴んで中に入れて・・・・
脅しあげてエプロン着させて掃除させました

『あの子の身体楽しんだぶん働けや!』
怒鳴りあげました

するとあれだけ震えていた彼女が
台所の洗い物をしているのです

ここで良い兆候と思えるのでしょう
ですが
私にはまだ不安がよぎるのです
注意深く・・・・
さりげなく包丁や刺せるモノは抜いていきました

憑いているなら
何かしらの反撃や反発があるのです
浴室を後回ししたのも理由があるからでした

過去には類似例で
ベランダから飛び降りる者がいました
もう二度と同じ目に遭わしたくないからです

201611_20191129173424909.png

今回はまだ
思わぬ助手が出来たので彼に任せました
『ココであの子と楽しんだんだろ!?』と
更にムチを与えました

途中で交代して
漂白剤の力でカビを消しました

部屋の黒カビも漂白剤で
消しました

部屋の方はこれでOKなんですが
残留した生霊とか
とても厄介だと聞きます

ホスト風の男に
『引越し代払える?』と優しく聞くと
お金が全然無いと言うではありませんか

今後彼女に付きまとったら
表か裏で追い詰めると言って
ホスト風の男を解放しました

さて夕方になってしまいました
まだ彼女の両腕のリストカット痕から
毛糸状のモノが消えません
朝までお話をしました
つまらないお話でも様子を見ないと駄目なんです

20161_20191129173423e98.png

忘れてはいけません
この女性の身体目当てにやってくる生霊が
リストカット痕に住み着いているのです

リストカットをする事で・・・・
自傷という自分を痛めつける行動で
自分を追い詰めて許しを請う場合や
自分を戒める懺悔に近いものがあります

このリストカット痕には
2次的誘発衝動が潜んでいます

痕を見ると辛い事を思い出す
また反対に辛い事を忘れられる
だが結局はどう転んでも・・・・
再度
同じような行為に駆られるのです

リストカット常習者には
痕が消えるまでの監視者と
今住んでいる居住の変化が最低限必要です

退去する時
クリーニングに任せればいいじゃんと
思う方がいると思います

ですが敢えて
自身が掃除する事で・・・
今までとは違う
今までの自分と決別する意志を見せる必要があります

生霊に話しかけても通じません
ですが彼らの苦手な事
住み辛い事をする事は大事なのです

これは自然界にもいえることですよね
猫ちゃんが何度も来る・・・・
水をかけても何度も来る・・・・
そんな場合は臭いスプレーで
猫達を遠ざける事が有効です

彼女の周りを生霊が嫌う環境にした
それでも彼女のリストカット痕から消えない
そんな場合は
そのリストカット痕を消せばいいのです


痕を消すのは自費になったが
寄付で何とかクリアできました

だが転居する必要があります
身体目当ての男はあのホスト風の
男だけでは無かったのだから・・・・

ここからは
社会福祉事務所の協力を求めました
やっとの事で生活保護対象に・・・
それで精神科にも通えることが出来ました

その後彼女に再会しました
わずかに残った痕があるが
あの毛糸状のモノが見えません

全ての要因があったと思う
・複数の男との交わりによる生霊まとわり
・リストカットという自傷行為
・その痕を見ての2次的誘発衝動
・部屋の黒カビを好む低級霊の集団
・霊の居心地良い環境を作ってしまった

これらを断つ事が
今回の彼女の更生に繋がりました

だが
私もどうやら弱いらしい

左目が出血してしまった
大事には至らないが左目が
赤のカラコンしているみたいだ

これは何かの警告なのだろう
人を説得するにはその人の何倍以上もの
信念をぶつけないと理解してもらえない

どんなものにも(対価)は必要だ
今回の左目の赤カラコン程度だけで済んだのなら
まだ喜ぶべきなのでしょうか?

無題125

霊媒師さんからは
『徳を積んだね』と言われたのが
まだ救いだった

貴方の周りの人にもありませんか?
ただのリストカット痕でも
何かが住み着いているかもしれません

もし大事な人にそんな痕があったら・・・・
早く消して楽にしてあげるといいでしょう




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/11/29 17:39 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の11)第67話:焼身自殺の訳あり物件に入居して気づいた時には遅かった!訳あり物件には嘘が隠されていた・・・下の階に住む大家の娘は放火魔だった

「あんた小さい事気にする人?」

これは20年位前の話になります

無題180

千葉県の新聞店に勤めて
8ヶ月・・・・
急に新聞店の経営者が大借金抱え失踪し
新聞店が潰れました

新しい経営者が
住む部屋を用意してくれたが・・・
(グループ店への移動を命じられた)

管理する不動産屋さんから
「あんた小さい事気にする人?」
「幽霊とか信じちゃう人?」
そんな風に言われるのである

先祖代々から真言宗
宗派を変えなければ良いとだけ聞かされ
宗教上の束縛は無かった

ご先祖様が知らない言葉を聞かされなければ
不快に感じないし怒らない
それはごもっともだ
祭壇とか仏壇は無い
そんな程度だと話すと・・・・

不動産屋さんは
ある物件を薦めてきた
(新しい経営者の勧めだと言う)
埼玉県の北葛飾郡〇〇町にその物件はあるという

3DK
コーポ2階建て古くは無い
大家さんが近くの物件
スーパーは歩いて5分の場所に2件
病院はすぐ近く
良好物件だった

ただ訳有り
焼身自殺だという

2016_20191126135313b64.png

新しい経営者の強い勧めで
その物件を見た

妻と中に入って見ると・・・
綺麗な物件だった

何も違和感を感じない
妻も何も感じないという

焼身自殺によくありがちな
焦げた臭いがする・・・・
全くなかった

すぐに新しい経営者の方が
ここに現れ・・・・
「いい物件じゃん!」と太鼓判を押され
考える暇も無く決められた

下の人に隣に人に挨拶して回った
ただ気になったのは
何度伺っても下の人には
息子さん(成人)しか会えかった事

やはり子供がいるだけに
しっかり挨拶したかった

そんな矢先
夏だというのに子供2人が
高熱を出した
インフルエンザの疑いありというのだが
陽性になる事はなかった

また違う子が何を思ったのか・・・・
変な人を見たとガラス製の引き戸に向けて
おもちゃを投げて割り・・・

妻も昼間も違和感を感じて
嫌だと言い出しました

20161_2019112613531426e.png

経営者に何度も相談し
引越しの許可を貰い
新しい物件を探そうと妻・子をなだめました

その日は夜だったので
経営者には相談できませんでした

次の日
どんな物件がいいだろうね?と
コンビニに売ってある物件情報誌を
妻と一緒に目を通していると
部屋中が臭く・・・・
部屋中焦げた臭いがするのです

慌てて台所に行きました
火は出ていません
部屋を見て回りました
何処にも火は出ていません

救急車がウゥゥーと来ました

ドドドンとドアを叩くのです
急いで開けると
「下からまた火が出たから逃げて!」と

201611_201911261353152bc.png

また?
気になりましたが
それどころではありません

外に出ました
すぐに消火されました
近所の人が話しかけてきました

「あんた気ぃつけやぁー」
話を聞くと・・・・
私の部屋で焼身自殺というのはデタラメでした

下の人が放火したがるというのが
本当の話でした

その放火のせいで
上の階の人が
何度も死んでいるというではありませんか
慌てました

不動産屋に言うと
「ばれちゃったかぁー」と
舌をべろっと出されました

放火した下の階の人は
大家さんの娘でした

201612_20191126135317d1d.png

私は違う場所をあてがって欲しいと
経営者に何度も言うと
ようやく違う部屋を用意してくれました

これが私の初めての心霊物件となりました

その後
大家さんの娘という事もあり
表立ってとがめる事は出来ませんでした
経営者がうるさく止めていました

ただ気になったのは
新たに物件をあてがってもらったのですが
大家名を伏せていました

契約上これってあり?と思いましたが
経営者が「いちいち気にすんな!」と言ってくる始末
不安がぬぐえませんでした

後日聞いた話ですが
娘さんがおかしくなったのも・・・・
交通事故だとか

2016113_20191126135318fdc.png

アクセルとブレーキを間違えて
コンビニに突っ込み
若い男性を死なせてしまったというのです

それ以来
周囲では半狂乱で
泣き叫ぶ姿が見られるようになったそうです

車で押しつぶした男性の姿を
目の前で見てしまい・・・・
何かに憑かれてしまったかもしれません

貴方もコンビニだからと・・・・
安心していると車に轢かれますよ?

これも何かの(引き寄せ)でしょうか?




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/11/26 14:02 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の10)第62話:付き合っていた女の子に憑いていた生霊が20人以上・・・付き合っていた彼氏が7人失踪・首吊り自殺していたという訳アリ彼女との結末

貴方は生霊に執拗に
霊障を受けた事がありますか?

自分とは無関係で
知らない者からの生霊の
霊障はまるで(当たり屋)です

これは
私が大学一年の時の話です

コンビニでアルバイトをして
6ヶ月目だったでしょうか?

違う直営店のアルバイトの
女の子から告白されました

私も当初は
尻込みするほどの綺麗な人でした

20161_20191121040644484.png

「俺でいいの?」
何度も聞き直した記憶があります

ですが
付き合ってしばらくの事
居酒屋で妙な事を聞いてしまいました

「いなくならないでね!」
手を握りしめ泣きながら言うのです

酔っているのか?
それとも何か精神的な病みなのかな?
そう思うほどの泣きぶりです

「大丈夫~!」と声をかけました

「何でそんな事言うん?」と尋ねると
彼女の彼氏になった人が
今まで7人も失踪
その内3人が首吊り自殺していたと・・・・
ドン引きしました

しかも私を選んだ理由が
(強そうだから・・・・)

その強い意味が違うんです
まさか・・・・
神経図太そうな事?

ちょっと不快になりました
すると
「霊に強そうだから・・・」と言うのです

無題104

何でもバイト仲間で
そう聞いたらしく・・・・
それで自分を選んだとの事でした

聞いて嬉しくないなぁと思っていたら
居酒屋のテーブルの上にあった
ガラスのコップが2個同時に割れました

2個同時ですよ?
物凄くビビリました

そんな話を聞いている最中でしたので
余計にそう感じました

居酒屋の店長に
怒られた程度で済みましたが
テーブルに戻ると
サラダを盛っていた皿までもが
割れていて・・・・
慌てて居酒屋を出ました

居酒屋を出て
「部屋に行きたい」と言うので
そんな気分では無かったのですが
仕方なく部屋に連れて行くと・・・

いきなり抱きついてきました

無題106

「うわムラムラしてきた・・・」
そんな風に思った時です

ピキピキっと金属音が耳元で
うわっと思った途端

彼女が
「フッフフフ」と笑いだすのです
ゾクゾクっと恐怖を感じました

「今日は止めよ?」と声をかけると
「何でー?」と泣くのです

今・・・・
「フッフフフ」と変な笑い声を
出した様子に気づいていません

何かヤバイ
タクシーを呼んで帰宅させました

その夜
3時過ぎでしょうか?
天井の蛍光灯がバーンと落ちてきました

何かおかしい

次の日
いつもお祓いに行っているお寺さんに行くと
「うわー」とお坊さんが言いました

2016_20191121040643f79.png

いつもそんな風に驚かないお坊さんの
様子にこちらも驚いてしまいました

「心霊スポットに行ったの?」と聞かれました

事情を説明すると・・・・
「付き合ったら駄目じゃけ」と言われました

何と
私に憑いていたのは
20人以上らしかったのです

一見
普通に見えた女の子でしたが
過去に風俗に勤めていたそうなんです

こんな事聞かされても言い難いなぁ
困ったなぁと思っていると・・・・
昼過ぎでしょうか?
その子の兄?から電話がありました

「父親を刺したんです・・・」
衝撃の言葉を聞きました

私も別れたくない気持ちもあったのですが
精神病院に入ってしまって・・・・
それ以来は面会できない為
音信不通になりました

兄?と思われる方に電話しても
繋がる事はありませんでした

その後
彼女の事を色々聞きましたが
身体を売る風俗では無く
只のキャバ嬢だったらしいのです

色白で美人で
妙に色っぽい事もあり・・・
客が途絶えなかったそうですが
ストーカー被害で悩んでいたそうです

生霊って本当に怖いですね

自分とは無関係でも
霊障を引き起こすとは驚きです

あのまま・・・・
付き合っていたら
私はどうなっていたのでしょうか?

「フッフフフ」と笑う霊に
刺されていたかもしれません




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/11/21 04:12 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の9)第60話:訳あり物件で色んな所から音がした・・・お祓い出来ないほどの物件に住んだら実の父親らしき姿を見た!電話確認すると3日前に死んでいた

これは私が30代前半の事です
埼玉県入間市に引っ越した時の事

無題180

大きな一軒家が格安で
何と5LDKが4万でした
敷金・礼金無し
駐車場スペース2台分
普通はありませんよね

出るよ?と不動産屋から事前告知があり
あぁやっぱり・・・と思いましたが
経済的余裕が無く
そこに決めました

20161_2019111811405160d.png

最初の晩から異変がありました
玄関の方でコンコンコンコンと
音がするのです

まるで
玄関をノックしている感じでした

心霊物件はこんなもんと無視していると
今度は風呂場からゴンゴン

音はいつもの事
家族は皆慣れていました

すると
一軒家の天井なのに・・・
天井でゴリゴリって擦る様な音が

さすがにこれは気持ち悪く感じました
『自分にはどうする事も出来ない』と言っても・・・
あ・・・以前の様にはいかないみたいでした

明かりをつけ
コーヒーでも飲もうと起き上がると
部屋の外に誰か座っているのです

ガラス戸でしたので
はっきりと見えました

でも・・・
下を向いている感じでした
ふと悲しい気持ちに無性になりました

無題238

『父親だ!』

直感的に自分を3歳の頃に
捨てて行った父親だと感じました

すると・・・
心の中が分かるのか
スーっと姿が消えました

それからモヤモヤ
心の中が晴れません

妻に説明すると・・・
電話してみたら?と言われ
ホっとしました

ばあちゃんに電話するのは15年ぶり
奇跡的に電話番号を覚えておいたのが
不思議でした

電話すると・・・
ばあちゃんは驚いた様子も無く
変な感じでした

次の瞬間
謝ってくるのです

『●●君・・・うち(父親)のにね写真渡したんよ』

最初は意味が分かりませんでした
話を聞くと・・・
実の父親は3日前に亡くなったらしいのです

死ぬ直前に
私の事を後悔していたとか・・・
それで
ばあちゃんは以前に送った
私の家族で写った写真を渡したらしいのです

『そっち行ったんでしょ・・・』
ばあちゃんは静かに泣きながら言いました

今まで
実の父親の事を正直恨んでいました
ですがこの瞬間
許せる気持ちになりました

あんなにも
みじめで寂しそうで悲しそうで・・・
あの姿を見ると
憎しみなんて湧き出ません

あぁこれが
お知らせというものだったんだなと
思いました

その夜
これで終わったと思っていました

ですが
夜の23時だったと思います

天井がゴリゴリってまた音がするのです
父親が成仏していないのかな?と
思いました

よく眠る事も出来ず・・・
朝から電話帳を探し求めました
田舎なので・・・
公衆電話も見つかりません

ようやく見つけ
パラパラめくっていると・・・
目の前がお寺さんでした(汗)

駄目もとで
相談してもらおうと訪ね
出来れば安くお願いしようと思っていたら
住所を教えた途端
びっくりされてしまいました

2016_2019111811405248c.png

『住んでいるの?』
『ほんとに?』

何度も何度も聞いてくるのです

や、やばいとこだったんだ・・・
この時
初めて気づきました

すぐ引っ越しなさいと和尚さんに
言われましたが?と
不動産屋に訪ねて言うと・・・
違う物件紹介すると言われました

敷金・礼金要らない
しかも引っ越し代まで出すと言うのです
(脅したつもりはないのですが・・・)

3LDKでしたが
やばそうな一軒家よりマシです

反対に
何があったんだろ!?

周りの人に聞いても
誰も教えてくれませんでした

結局
その地域に
7ヶ月住んでいましたが
本当に住民の口が堅い事・・・

今でも分かりません
ただ相当やばい気がしました

もしかしたら・・・
実の父親の死も関係があるかもしれません

最期に
私の家族の身代わりになってくれたのでしょうか

それとも・・・




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/11/18 12:13 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の8)第58話:病室内に黒い影の集団が見えた!目の前にいた患者さんが急死・・・その黒い影が2つ私の周りに近づいて離れなくなったのは2回目の栄養不良が原因なのか

貴方は黒い影を見た事がありますか?

これは私が高校2年生の夏に
体験した話です

当時
私の環境は非常に悪く
栄養摂取状態も良くありませんでした

朝、袋ラーメン一個
昼、袋ラーメン一個
夜、袋ラーメン一個

母親は家に帰らず・・・
男の元に遊んで帰らず・・・
何処にいるのかさえ分かりませんでした

手元には1円のお金もありません
電気・ガスが止まったままの生活でした

そんな中
夏の炎天下が続く中で
家の前で倒れてしまいました

2回目の栄養不良でした

近所の人が通りがけに気づいてくれて
病院へと運んでくれて・・・・
大事に至りませんでした

目を覚ますと・・・
病院のベッドでした

同級生の一族が経営する病院

私の家庭事情も知っている様で・・・
しきりに院長先生が来ては
『お金の心配いらんから』と言ってくれました

そうなんです
呉の阿賀でも一番古い母子家庭寮(長屋)に
住んでいて・・・
電気も水道も止まったり・・・
金払いの悪さで有名でした

この病院にも未払いがあり
目を覚ました時は
お金の事ばかり気にしていました

院長先生は私の心を見抜いていたのか
そんな一言が嬉しくてたまりませんでした

嬉しい反面
ずっと泣いていた記憶があります

そんな時
病室は6人部屋でしたが
目の前のベッド付近に黒い影が
見えたのです

無題3

しかも・・・
え?っと見続けていると
スーっと下に落ちて?いきました

浮遊?みたいな感じです
スーっと落ちていきました

目をこすりました
まばたきを何度もしました

栄養不良で
こんな幻覚が見えているのかと
思いました

その夜
とても気味悪い光景にゾっとしました

目の前にいっぱい黒い影がいるのです
ボウフラの様にフラフラ?
揺れている感じでした

うわ!気持ち悪い!と思った瞬間
その集団?から2つ?

スーっとこちらに近づいてきました

人なのか何なのかよく分かりませんが
黒いものが2つ近くにいるんです

2016_201911161750436bc.png

怖くて布団をかぶって朝まで
震えていました

朝になると目の前のベッドの方が
急死していて・・・
病院は大騒ぎになりました

昼になると
『家に帰っていいよ』と言われたので
家に帰ろうとすると・・・

道の途中で見かけないお坊様に
『ちょっと・・・』と声をかけられました

お話を聞くと
近くの灰が峰の竜神様に言われたそうなんです
話を半分に聞いていると・・・

『黒い影見えるんでしょ?』と聞かれ
びっくりしました

『祓う様に言われたから・・・』
そんな風に言って
大きな数珠を身体になすりつけ
お祓い?をしてもらいました

黒い影は
宗派で呼び方や見識が違うと思いますが
その時
私が聞いた話では
意識を持たない負の集合体と聞きました

自然界で言うと
黒カビみたいな存在だとか・・・

それぞれには何も力があるわけではないが
集まると・・・
負の力が強くなり
お互いを引きあってしまうとか・・・

だから・・・
亡くなる人の周りにいっぱいいたのか
納得しました


無題221


でも・・・
何故
私の周りに2つの黒い影がついてきたのか

教えてもらいそこねました
聞くんだった
でも聞かない方がよかったかもしれません

貴方の周りにも・・・
黒い影見えませんか?

負のエネルギーが集まるのも理由があるんです
その場所を避けたり近寄らない方が
賢明だと思います

これも都市伝説でしょうか?




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/11/16 17:52 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の7)第37話:絶景の危険な場所で『もう少し・・・』とささやく声・・・あの声は一体なに?自撮りしている最中に聞こえた不思議な声に吸い寄せられると転落死するのか

自撮り・・・
貴方は経験ありますか?

景観の良い場所に行くと・・・
自分も一緒に
その光景に写りたいと
思う時はありませんか?

観光客が多く
フレンドリーな雰囲気だと
『写してもらえませんか?』と
頼みやすい・・・

でも実際は
そんな雰囲気でもありません

ましてや
景観が良い場所=危険な場所でもあります

危険な場所と
簡単に述べてしまいましたが
自然の尊厳を感じる場所だからこそ
景観が良いと感じるのかもしれません

これは
私が学生の頃の話です

当時
登山が大好きで・・・
毎月1回は登山をしていました

愛媛県の石鎚山が
特に大好きでした

201606_201910281210031d4.png

友人達の間で
自撮りの見せあいこをしていると知り
話題作りに
次回は
写真を撮ろうと思いました

『霊峰石鎚山ってどんな感じなん?』
同じゼミの女子学生達に
聞かれる事も多かったのです

石鎚山は
日本百名山、日本百景の一つで
日本七霊山のひとつと言われるほどです
気安く写真を撮るなんて・・・

ですが
女子学生達からせがまれて
撮る事にしたのです

そして石鎚山に登る時がきたのです

登山口の売店で
使い切りカメラの一番高いものを
買いました
安いと・・・
画質が悪いので・・・

そして頂上付近で
自撮りしようと
絶壁が見える場所に行きました

『もう少しかな?』
『もう少し・・・』

その時です
『もう少し・・・』と
私以外の声が聞こえたのです


その瞬間
足元がグラッとした感じを
今でも忘れません

何かに身体全体が
吸い寄せられるに
フワっとした感じでした

すると
ガシャン!ガシャン!と鳴り響いたと思うと
『貴方!!』と怒声が聞こえました

ハっとしました

声のする方を見ると
何人もの人が立っていました

2016_20191028121003d89.png

修験者といわれる山伏の人達が
錫杖を鳴らしながら近づいてくるのです

何人?
数えようとしても不思議な事に
数える事が出来ないのです

え?
ここ立ち入り禁止なのかな?
凄く怒っているし・・・

そう思えるほど
見える山伏の一部の人達の
顔が険しかったのです

『すみません!!今すぐ去りますので』と言うと
囲まれました

そして座り込むのです

え?
ええ?と思いました

その場を動いていい感じがしないのです

何やら
テンポを上げた感じで呪文らしきものを
唱えはじめました

動けませんでした
すると・・・
座れと言われたわけでもなく
自分の意志で座ろうとしたわけでもないのに
座り込んでしまいました

次の瞬間
エイ!エイ!エエイ!!と大声を
上げていました

祓い清めてくれた感じでしょうか?

すると1人の人が
『ここはこんなのが集まりやすいから』
『気をつけて下りなさい』と言うのです

深々と頭を下げて
石鎚山を下りて・・・
下の売店でうどんを食べていると
売店の人が
『山伏さんに会われたんだね』と言うのです

『どうしてわかるんですか?』と聞くと
私のリュックサックに
お札が貼られていました

その場ではがす事が出来ず
(怖いでしょ?普通は・・・)
近くのお寺さんにリュックサックごと
持っていき相談しました

すると
『もうお役目終わっているから・・・』と
ペリっとはがしてもらいました

帰宅するまで
守ってもらっていたらしいのです

更に
『霊山はね・・・色んなものが集まるから』と
言われました

あの時
やはり私に
『もう少し・・・』と声をかけたものは
この世のものではなかったみたいです

もしあの時
山伏さん達に合わなかったら・・・
下記の記事の様に転落死していたかもしれません

(参考ニュース)
・ペルー・マチュピチュで観光客が転落死 自撮りしようと
《-記事URL削除-》

・ペルーでまた写真撮影中の転落死 韓国人観光客、アマゾンの滝で自撮り
《-記事URL削除-》

景観の良い危険な場所で
自撮りする・・・

それを狙って
あの世に誘う
この世のものではない存在に
貴方は気づいていますか?

耳元でささやいているかもしれません




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/28 12:13 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の6)第21話:そこは通ってはいけない場所・・・霊道で待ち受けていたのは付き合っていた彼女の生霊達が取り憑いた人の顔をした二匹の不気味な犬だった

これは私が学生の時の話である

当時
広島県尾道市に住む
女性と交際をしていた

夜23時頃だったろうか
原付バイクで
広島市内に帰る途中
●●の手前の某神社辺りで
2匹の犬に追いかけられた

時速30km・・・
普通ではない

右手は山
左手は海で街灯も無く
暗く不気味な所だった

201607_20191020022257612.png

『グルルル・・・』
鈍くて低い音が聞こえた

原付のバイク音より
ヘルメットをかぶっていたにも
関わらずはっきりと聞こえた

何だ?
ハっとすると・・・
右手の山の急斜面から
二匹の犬が物凄い速さで降りてきた

『グルルルル・・・』

右から左から挟まれて追いかけられた

え?
わ!何これ!!
バイクがこけそうになるほど
慌てた

すると次の瞬間
足に噛みつこうとするではないか

今でもはっきりと覚えていないが
動転して30㎞以上は
出していたかもしれない

それでも・・・
二匹の犬はずっと追いかけている

何度も足で振り払ったが
ついに右足を噛まれ
あまりの痛さに転倒してしまった

転倒した時
右側にいた犬を下敷きに
轢いた感じだった

『ギャワン!!』

犬の鳴き声もはっきりと聞こえた

路面をバイクと一緒に転んでいく
やがてバイクの照明も消え
全てが暗闇に・・・
全く対向車も無い気味の悪い場所だった

少し意識が遠のいていたのか
脳しんとうを起こしていたのか
分からないが
身体が動かなかった

その時である

ヘルメット越しだったが
二匹の犬が覗いているのに気づいた
フェイスガード越しに
睨みつけているのである

もう一匹無事だったのが
不思議だった

私の方といえば
身体も動かず声も出せず・・・
異様な恐怖感を感じた

『パキン』

え?

自分の胸の辺りから
金属が割れる音がした・・・

骨が折れたのか?
自分でも分からなかった

音に気を取られて
再度
犬の方を見ると・・・

恐怖で震えてしまった
人の顔だった・・・

老けた男性の顔が・・・
二匹とも人の顔だった・・・

その恐怖からなのか
『あっあっあ・・・』
自分でも意味の分からない
言葉を発してしまった

無題227

すると
パァァァァァァーン!!!

大型トラックがクラクションを
鳴らしながら急ブレーキを
かけていた

もう少しで轢かれる寸前・・・
目の前に大きなタイヤが!!!
心臓がバクバクだ

『馬鹿野郎!!ボケがぁ!!』と
大型トラックの運転手に怒鳴られた

『すいません!!』
あれ?
声が出た・・・

『何やってんじゃわれ』と言われたので
『人の顔をした犬に・・・』と言いかけると
パァァァァーンとクラクション鳴らされて
『見ても言うな!!』と怒鳴られた

意味が分からなかったが・・・
黙るしかなかった

『照らしてやるけバイク避けろ』と言われ
道路脇にバイクを置くと
大型トラックの運転手が降りてきた

殴られる様な剣幕だった

だが
バサバサバサバサ

ペッペ・・・塩辛いし
目が痛い

塩・・・

塩を大量にかけられた

『無事で良かったな』
『ここは事故でよう死ぬけ』
『帰ったら朝一番に寺に行けや』

何かヤバイらしい・・・
こんなごっついトラックの運転手が
妙に怖がっている感じが
更に恐怖感を煽った

怖そうな感じの人だったが
街灯のある場所まで着いて来てくれた
明るいトラックのヘッドライトは
妙に安心感があった

別れ際に
『気ぃつけやぁー!!』と
パァァァーンと
クラクション鳴らされて・・・
さすがに住宅も近くにあったので
冷や冷やしながら
何度も何度も頭を下げて
その大型トラックを見送った

そんなこんなで何とか
家に辿り着いたのは
深夜2時だった

着替えると・・・
異変に気づいた

20160_20191020022256836.png

お守り袋を常にぶら下げて
いたのだが・・・
カシャカシャと異音がするので
お守り袋を開けて見ると・・・

金属製の身代わり不動明王が
割れていた

転んだ時に割れたのか
アノ不気味なものから
身代わりになってくれたのか
その時は分からなかったが

翌朝に真言宗のお寺に相談しに行くと
なんと私に
7人くらいの集合霊?らしきものが
憑いていたそうだ

とても強い地縛霊で
通ってはいけない場所を通ったらしい
霊道らしかった

でも・・・
その内の2人は
違う所の霊だと言われ・・・
聞いた時は驚いた

当時
付き合っていた女性はバンドの
ボーカルをしていたのだが・・・
その彼女に
憑きまとう生霊だったらしい

彼女にもお祓いをしてもらおうと
説得してみたのだが
宗教が違うとか
気持ち悪いとかで・・・
それ以来
気まずくなり・・・
疎遠となり別れた

だが去年の夏に
帰省した際に
故郷の友人から聞いた話では
28歳で自らこの世を去ったと
聞いた

『やっぱりそうなるのか・・・』
説得できなかった
自分に情けなく涙が止まらなかった

あの生霊が原因なのか
私には知る由がありませんが
あの時の犬の“顔”は
悪意に満ちていました

もし
身代わり不動明王のお守りを
つけていなかったら・・・
どうなっていたのでしょうか?

それにしても
通ってはいけない場所があるとは・・・

貴方の周りにも
そんな“場所”があるかもしれません




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/20 04:13 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の5)第19話:大阪で母親の不倫相手の奥さんが発狂して蛇に取り憑き・・・20分くらい逃げても逃げても執拗に私を狙って追いかけ噛みまくられ痛さと恐怖で失神してしまった

蛇に追いかけられて
足を噛まれた

これは
私が小学一年生の頃の話である

当時
私は大阪の福小学校に
通っていた

親の届けが
不適切なのか・・・
隣の学区を飛び越えての
通学経路だった

子供の足でも
1時間超の道のり

どうやら
申請場所と住む場所が
違ったらしい

度々
役所・教育関係者が来ては
怒られている感じだった

そんなある日の事
夏休み前だったろうか

いつもの様に
下校していると・・・

『逃げんさい!!』と
聞こえるので
後ろを振り返ると・・・

1m以上ある
太い蛇がクネクネと
凄い速さでこちらに
向かっているのである

201607_20191019154221912.png

まるで
何かの映画みたいな迫力だった

道路は2車線有り
通行する車両はいなかったので
反対側に走っていくと

え?

蛇は私の方に向かっているではないか

逃げても逃げても
追いかけているのである

何人かの通行人が
傘で叩いてくれたかに見えたが
一向に追ってくる
スピードは緩まず・・・
20分過ぎた頃だろうか
しまいには
私は転んでしまった

すると
蛇は何度も何度も足に
噛みついた

とても痛かった!!

あまりにも痛いのと
恐怖で失神した

目が覚めたのは
救急隊員に抱えられた時だった

『毒蛇じゃないから・・・』と
言われてホっとした

原因は
田畑を所有する人が
蛇の住処に劇薬をまいて
蛇を怒らしたらしい

とんだ
とばっちりだった

だが
蛇の頭部はただれて
失明しているはずなのに…とも聞いた

この事をきっかけに
この不適切な登校経路が
児童相談所にも伝わり・・・
母は説明を逃げる様に
私を連れて広島に帰った

当時
大阪でも母親は不倫をして
相手方の奥さんに恨まれていたのだろう

相手方の奥さんに包丁で刺される寸前だったとか・・・
20160_20191019154220de7.png
今覚えば
あの時の蛇は
異様そのものだった
執拗に私だけを狙って追いかけたのは
その奥さんが
とり憑いていたのではないか

相手方の奥さんが
発狂して精神病院に入ったのも
蛇に追いかけられ噛まれた同じ日と知った時は
身震いがして止まらなかった

後に霊媒師さんに聞いた話だが
やはり不倫された奥さんが
蛇に取り憑いていたらしい

その後の様々な霊障も
これが原因だとか・・・

不倫には
償いの“代償”がある
つくづく怖いと
今でも震えが止まらない




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/19 17:13 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の4)第16話:不浄と縁の無いはずの霊媒師が母親と不倫してしまった・・・色欲の情に対する結末は恐ろしかった!天罰はこんなにも重いのか

私が何故
心霊絡みの事例が多いのかは
母親に原因があったと思います

4人の水子様がいて
供養も何もせず・・・
罰当たりな母親でした

20160.png

小学3年生・・・
広島県呉市の原小学校に
転校してきた時の事です

突然
両目が全く見えなくなり・・・
病院に行っても
原因不明と言われました

離婚したとはいえ
世の中狭いのか

父親方のばあちゃんにまで話が伝わっていました
『またアノ時と一緒じゃない?』
ばあちゃんは母親に何度も言ったそうです

実は水子様の怒りというか・・・・
祟りとは言いたくありませんが
霊障は一度経験あります
3歳まで全く目が見えなかったのです

ばあちゃんの連れて来た霊媒師さんが
3日間護摩焚きし
目が見えるようになったと聞きました
(その当時の記憶がありません)

そんな時
どういういきさつで知り合ったのか
定かではありませんが
1人の霊媒師が家にやってきたのです
(多分おばあちゃんの紹介でしょう・・・)

お寺を持ち
それなりに“信者”の方がいると
聞きました

真言宗密教という
護摩祈祷を三日間・・・
更には自身の身体に
水子様を憑依させて
母と会話をしていました

4人いる1人の内
女の子が・・・
『許さない!許さない!』と
叫んでいるのが聞こえました

2時間くらいの説得でしょうか
『お母さんを大事にするなら・・・』と
許してくれたかと思うと
いきなり“視界”が開けるのです
両目がいきなり見えました
不思議な体験です

普通ではありません
信じるも何も・・・
驚きと怖さしかありません

それから毎日
神棚・仏壇を設けて
お神酒・お水・ご飯の用意をする
日々が始まりました

勿論
真言宗のお経も唱える事も・・・

だからでしょうか・・・

心霊体験が
小学3年生から増えたのも
その理由からだと思います

ですが
この後・・・
この霊媒師が悪いのか
母親が悪いのか
色欲の情に溺れ不倫をしていました

2年くらい不倫は続いたのでしょうか
終止符が打たれるきっかけは
騒然でした

なんと
霊媒師が突然別れる!!と
母親に怒鳴っているのです

『このままではいかんのだ』
そう言い続ける声が印象的でした

201607.png

この言葉の意味が
何を意味しているのか・・・
3週間後分かりました

その霊媒師の長男が
バイク事故で亡くなりました

新聞記事では
直線道路で
前方に障害物が無いにも関わらず
急ブレーキをかけて転倒したとありました

その霊媒師の長男は
何を見て急ブレーキをかけたのか・・・
不倫という色欲の《罰》でしょうか




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/18 06:21 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の3)第10話:配線が無くても鳴り続ける不思議な呼び鈴・・・他界した高齢の大家さんは息子と勘違いしたのか?それとも呼び鈴を形見として息子に渡して欲しかったのだろうか?

これは私が学生の頃の話です

ブログ記事で言えば
丁度
型枠業者を辞めた時でしょうか

この時
大学の紹介で
低家賃の部屋を借りる事が出来ました

1階は高齢の1人暮らしの大家さんで
2階は4部屋ありました
今回借りたのは一番狭い4畳半でした

2万5千円
風呂・便所・台所は共同でした
エアコンはありませんでしたが・・・・
日陰に建物があるせいか
ひんやりとしていました

他の3部屋は
同じ大学の先輩が住んでいました
大はしゃぎする事無く
静かで快適でした

バイトは
昼はレンタルビデオ店
夜はコンビニのポプラ

朝7時に部屋に帰って・・・
昼11時にまたバイトという状況でした

無利子の奨学金を借りていたのですが
母親が
通帳とハンコを
以前の部屋から
いつの間にか持ち出し
行方不明になったのもこの時です
(実家から引っ越ししていました…消息不明です)

夜間といえど
日時制の半額の
授業料を払わないといけないので
必死でした

2時間くらいしか寝れませんでしたが
気持ち的に楽でした
ある事が起きるまでは・・・

そのある事は・・・
引っ越ししてから2週間くらいで
起きました

8時半でしょうか
『●●さーん』
『●●さーん』
大家さんが呼ぶのです

高齢で足が悪いので
階段を上れないので・・・
大声で呼んでいるのです

『はーい何でしょう』と下に降りると
『これ郵便局に出してきて』と言うのです

入居時に話をしたのですが
私のバイトの事情を忘れたのかな
ぼけたのかなと思っていました

それで
大家さんに再度言うと
『知っているよ』
『でもね昼はあんたしか居ないから』と
言うのです

それから毎日続きました
いい加減に腹がたち
無視をしていると・・・

2016060_20191016073331fe7.png

ある日の事
8時半過ぎでしょうか・・・
部屋の中でブザー?
呼び鈴が鳴るのです

201606_20191016073331a8b.png

これはさすがにたまらないと
紹介先の大学に相談しました

何人もの方が来られ・・・
やっと説得できたのか
静かになりました

それから
2ヶ月くらい経ったでしょうか
大家さんが亡くなりました

大家さんの息子さん?らしき方が
来られて・・・
来月取り壊すから
引っ越しして欲しいと言うのです
これは仕方ありません
了承するしかありませんでした

そして
いつもの様に寝ていると
また“アノ”ブザー?呼び鈴が
鳴りました

あの息子?
解体業者?
不動産業者?

鳴り止まないので
下に行くと・・・
誰かがいる様子がありません

変だな?

上に戻り・・・
ブザーの配線を切りました

そしてその日は
夜のバイトが休みの日でした

すると
深夜の1時に・・・
配線を切ったはずのブザーが鳴るんです

慌てました!!
他の部屋では先輩が寝ているのだから・・・

すると案の定
先輩達が怒ってきました

私はとっさに
鳴り続けるブザー?呼び鈴を
もぎ取り・・・
先輩達に見せました


無題202

私の手の上で・・・
電源も無く鳴り続ける
そのブザー?呼び鈴を見て
先輩達は
『うわぁ!!!』と叫びながら
部屋に戻っていきました

私は次の日
このブザー?呼び鈴を
神社に持って行こうと
下に降りると・・・

その息子さんらしき人が
はき掃除をしていました

『どちらへ?』と聞かれたので
全てのいきさつを話しながら
そのブザー?呼び鈴を見せると
その息子さんらしき人が
うわーって泣き出しました

何でも
一緒に住んだら・・・
(多分・・・この家?の事かな?)

母に何かあったら鳴らしてと
買っていたモノと
一緒らしいのです

私はその時
はっと思いました・・・

大家さんはきっと
私が息子と似ていて
淋しくて鳴らしていたのか?

それとも形見として
呼び鈴を息子に渡して欲しかったのだろうか?

大家さんの成仏を願うばかりである




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/16 07:35 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の2)第9話:友人が面白半分で心霊物件に住んだ初日から様子がおかしくなり・・・床に頭をゴンゴン打ちつけて血まみれになりながら発狂してしまった

これは私が学生の頃の話です

当時は携帯電話が無く
ポケベルさえ無い時代でした

そんな中
友人との連絡は
寮の公衆電話か
自宅に引いた電話回線のみでした

その時は
電話開設するにも電話加入権が必要で
7万2千円かかる時代でした

そんな時の事です

モノ好きでお調子者の友人が
心霊物件に住んだと言うのです

2016060_201910150729189d2.png

学生の間では有名な心霊物件で
先輩も住んでいたのですが
講義中に叫ぶようになり
精神病院に入っていると有名でした

そんな物件に
彼が住んだというのです

興味本位で住んだ彼は
その日
学生たちの間で話題でした

ですが
彼が大学に来ると・・・
顔が暗いのです

『今日泊まってくれへんか?』と
弱気に言うのです

それがまた更に皆の
爆笑を買いました

分かったわぁと言ったものの
友人達を集めるのは
大変な手間です

原付でまわる事
1時間
ようやく4人を集める事ができました

私を含め
5人で彼のアパートに向かいました

すると
彼がアパートの前で
待っているのです

その姿に皆は爆笑していましたが
私は一瞬
彼が薄笑いしている様に見えました

とても気色悪い印象が
今でも残っています

そして皆でいよいよ
例のアパートに入りました

臭い!!
カビ臭いのです!!

『生ごみ捨てろよ』
友人の1人が言いました

201606_20191015072917774.png

すると彼が突然
『分かってる!!』と彼を殴ったのです

それに腹を立てた友人が
帰ると言うと・・・
彼は正気に戻り

『ごめんなさい』
『ごめんなさい』と叫び出しました

当初は
こいつ
こんなに反省しちゃって・・・
と思っていましたが・・・
床に頭をゴンゴン打ちつけているのです

異様な光景でした

そして
頭を上げた彼は血まみれでした

『何してん!!』と皆が叫ぶと・・・
『これでいいんか!!』と怒鳴りました
全く意味が分かりません・・・・
そこからずっと叫んでいるのです

とても普通じゃないので
友人の1人が救急車を呼びに行きました

その後
彼は自傷行為が激しくなり
自分の腕にもかぶりついてしまうほどの
荒れ様になり
精神病院に入院してしまいました

昨日まで普通だったのに・・・・
何が彼を変えたのでしょうか

やはり心霊物件に住むと
頭がおかしくなるのでしょうか?
今でも謎です

ただ
気になる事があります

その現場にいた私以外の
友人4人はすぐに

ギャンブルに
のめりこみ・・・
自己破産してしまった事です

そんな私も9年前に
自己破産しました

似通った環境は偶然でしょうか
今でも不思議です




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/15 12:13 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の1)第8話:交通事故で亡くなったはずの人と今では空き室の部屋で契約してしまった・・・確かに洗剤とビール券を渡したその人は実体化した死霊だったのか

私が研磨工場で
大怪我をして・・・

見た目(目に派手な傷)から
何処にも働けず・・・

新聞屋のセールスで働いた
時の事である

某県T市にセールスに
行く事になった

当時も今でもそうだが
この地区も
中日新聞の勢力下だった

割り当て地区は
商店街もあったが・・・
『●●新聞とるとね追い出される』と
本当の話なら
独占禁止法違反に抵触する
断り方が目立った

もうこうなったら
片っ端から攻めていこうと
地図の端の
山のふもとまで来た

コーポやマンションが
ちらちらとあり
3件新規の契約がとれた

ホっとしたのか
急激な寒さに震えた

2016060.png

ふと辺りを見渡すと・・・
ちっぽけな社が祀ってあった
近くには公園が・・・
『あのベンチで休もう』

そうして
ベンチで休んでいたら・・・
5分も経っていないだろうか・・・

耳がキーンキーンとしてきた

『ここは標高高いのかな?』と
思いつつ
鼻をつまみ耳を
楽にしようとした瞬間

すぐ後ろで
『おい』と声がした
後ろを振り返ると・・・
また更にその後ろで
『おい』と声がした

この時
ビクビクっと寒気が走り
怖くなって走った

201606.png

新聞店に1時間早かったが
上司の許可を取り戻った

先程
契約した3件の契約書を
見せると・・・

それを見た店長?と
店主がギョッとしているのである

『これ何処で聞いた?』
『本当にここに行ったの?』
変な事ばかり聞くのである

私はこれ
てんぷらカード(誤魔化した契約)
じゃないですよと伝えると・・・

『ここ拡張禁止にしないと駄目だな』と
話し合っているではないか

私は
そこの住民が不払いか何か
トラブルを抱えているのかと
思っていたら・・・

『これウチの亡くなった従業員』
『交通事故でね』
『あんたは3人目かな』

ゾっとした・・・
確かに生きた人と
契約したつもりなのに・・・

渡した洗剤・ビール券どうなるんだ?と
思ったら・・・
店側で負担してくれた

でもその後
意味深な事を言うのである

『(現場に)戻ったら駄目だよ』
『あんたも事故するでね』と・・・

先程の声と関係があるのだろうか・・・
更にゾっとした




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2019/10/15 07:16 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)