FC2ブログ




















忘れられない恐怖体験(不思議編:其の10)第137話:夢の中で見たヤバい薬物売買サイトが実際に存在していた・・・隠し小窓やパスワードもピタリと合っている不思議!得意げに警察に報告した者は行方不明になってしまった

皆さんは不思議な夢を見た事ありますか?

無くした物を見つけた
忘れていた暗証番号を思い出した

色々と不思議なケースがあります

2016y6.png

私の見た不思議な夢を
紹介したいと思います

それはKKK(監視・告発・危険予知)の
活動の時でした

犯罪者組織の
薬物売買の証拠を探している時でした

巧妙な手口で売買サイトを
開設しているという噂でしたが
なかなか見つかりません

見つけたとしても下っ端の下っ端
切り捨てられるだけでした

警察も協力的ではなく
オイシイ所だけ得ようとする感じでした

そんな中
私はヤバイ夢を見ました
暗い部屋
机の上には注射器が転がって
ソファーにはぐったりした女性が・・・

2016y2_20200328205852f98.png

一人の男が
ディスクトップパソコンをいじっています

ふとその男の背後から画面を見ていました
何かしらURLを打ち込んでいます

何もないただの真っ暗なサイトです
ですが男はマウスを操作し
カーソルを右の上段辺りにもっていきました

すると暗証番号の入力を促す
小窓が開きました

カチカチと入力する男
すると入った先を見て驚きました

2016y3_20200328205854d1c.png

ずらりと違法薬物が
並んでいるではありませんか?

『うわ!』
いきなり男が振り向きました
私が見えている感じでした

慌てて起きましたけど
心臓はドキドキ

隠避ツールを使って
早速調べてみました

すると
URLが存在していました

夢の中で見た位置に
カーソルを合わせクリックすると
暗証番号を促す小窓が・・・

試しに他の位置で
カーソルクリックしてみましたが無反応でした

『やはり・・・この位置であってたのか』
驚きました

早速KKKに報告すると
慎重さに欠けていたメンバーが
得意げに警察に報告したそうです

そして警察に長期間拘束され
何処から情報を得たのか尋問が続いたとか

2016y5_20200328205855840.png

しかも私の事をペラペラと喋ったとか

こういう事もあろうかと
対策していたので
私には実害がきませんでしたが
彼はその後
行方不明になりました

尋問中に間抜けな警察官が
警察内にあるパソコンでアクセスしたのか
すぐにサイト自体消えました

2016y1_20200328205851c5e.png

警察関係者のパソコン・スマホは
全てバレているのに・・・

そんな事も知らずに
ネットで捜査とは・・・

ほんと世間知らずといった感じでしょうか?

それとも警察内に内通者がいて
サイトを消すように指示したのでしょうか?

警察といえどクリーンではない
これも都市伝説の類でしょうか


※画像はフリー写真素材【写真AC】
【イラストAC】より イメージ画像として使用しています




怪談ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/03/28 21:02 ] 忘れられない恐怖体験(不思議編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(人間編:其の45)第136話:ヘイト対策には熱心なのに!?いじめ問題は見て見ぬふりの教育者達に問題がある・・・大阪で壮絶ないじめを受けた心の傷は今でも忘れられない

大阪市でヘイトが厳しく制限されているが
私には疑問でしかない

2017k1.png

これは私が小学一年生の時の話しです

母親に連れられて暴力を繰り返す父親から
逃げるように広島県呉市から
大阪市にわずかな荷物で飛び出した

父親に居場所がバレるからと
住所異動は姉の所にして
実際は離れた場所に住んでいました

2017k2.png

その為
転校先の学校は
かなり離れた場所になりました


忘れられない恐怖体験(心霊編:其の5)第19話:
大阪で母親の不倫相手の奥さんが発狂して蛇に取り憑き・・・
20分くらい逃げても逃げても執拗に私を狙って
追いかけ噛みまくられ痛さと恐怖で失神してしまった
https://occult110.blog.fc2.com/blog-entry-19.html



私は
大阪市の福小学校に転校しました

広島県呉市の二河小学校に入学して
二週間も経たずの転校でした

母親に連れられていった私は
服が一着だけ

しかもその服は
広島カーブの古場監督のユニフォームでした
帽子も広島カープ

まず真っ先に
私に冷たくあたったのは
担任の若い女性教諭でした

2017k3.png

クラスのみんなの前で・・・
私が母子家庭である事
母親はだらしなく風俗店で働いている事
学区もめちゃめちゃ
服もない

女性教諭は
クラスのみんなに
私と遊んではいけない
敵だと言いました

クラスの全員が女性教諭と
一緒になっていじめてきました

私も好き好んで
広島カーブのユニフォーム着ている訳ではありません

女性教諭に泣きながら
許しを請いました

ですが
この女性教諭に蹴られたり
罵声を浴びせられたり
唾を吐かれたり・・・

中でも辛かったのが
放課後の掃除でした

2017k4.png

毎日一人でクラス全員の机と椅子の
上げ下げの移動を命じられ
水浸しのモップを投げられたり
大変辛い目に遇いました

しかも一人で掃除させられました

そんな大阪市が
大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例

私の存在は彼ら以下なのでしょうか?
広島カーブのユニフォームを着ただけで
敵と明言され嫌がらせを受けても
誰も助けてくれませんでした

他の男性教諭も
教頭先生も
校長先生も助けてくれませんでした

大阪市のヘイトは
特定の人達が住みやすいようにしただけ

本当の意味での
差別を防ぐ理由ではありません

この女性教諭も教育委員会に上りました
こんな者でも評価される教育って
本当の教育ではありません

野球はスポーツです
スポーツマン精神に溢れ
心を満ち足りたものにしてくれるものであるべきです

阪神ファンの熱心さは評価します
ですが“敵”と憎み
嫌がらせをするのは間違っています

2017k5.png

教育者なら尚更です
この女性教諭の敵意は異常でした

ヘイトヘイトという前に
健全な教育が出来てからいうべきではないでしょうか

何度も書きますが
大阪市のヘイト対策は
特定の人種が
特定の人種を住みやすいようにしているだけ

大阪市は最初に
こんないじめ問題を無くすべきではないでしょうか?

阪神ファンというだけで
こごまで広島カープを憎み
忌み嫌うのでしょうか?

確かに
母親は最低最悪でした

ですが
子供には罪がありません

こんな者が教育者で
教育委員会に上がるとは・・・

これでは
いじめ問題は
絶対に無くならないと感じました

貴方の周りにも
こんないじめありませんか?

いじめは
教諭がしっかりしていれば起きません


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています




怪談ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/03/26 19:30 ] 忘れられない恐怖体験(人間編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の18)第135話:『ここにいるよ』これは少女の生霊の声か死霊の声か!?連れ去られた少女達は今も探して欲しいと願っているはずなのに・・・無慈悲な法と警察に恐怖を感じた

これは19年くらい前の話しです

埼玉越谷市の新聞店で
働いていた時の事

夕刊も終わり営業と回っていて
大きな契約が3つも取れ
一息入れようと
区域内の寂れた公園のベンチに座っていると

目の前あった土管が
何故か気持ち悪く感じたのでした

2016e6.png

夕暮れの公園は
時々こんな事が起きます

気にしないように心がけていました

あちら側に気づけば
こちらの存在も気づかれ
後々に厄介になるからです

そんな注意を払っていれば
事無きを得ていたのに
今回は違いました

土管の中に
何か顔があるのです

気にしない気にしない
無視していました

するとドン!という衝撃がしたかと思うと
目の前に男が立っているのです

2016e4.png

先程
土管で見えた顔は少女だったのに・・・

それなのに目の前には
若い男らしき影が
どんどん見えてきます

『これはやばそう』と立ち去ろうとすると
なんと顔にガムテープを貼ろうとするのです

勿論
本当にそうされている訳ではありません

すると大きなアタッシュケースに
小さな女の子を詰めこんで閉めていました

映画を見ているような不思議な感覚でした

2016e1.png

気になったので
古株の人に聞くと
35年くらい前には頻繁に
この公園では児童誘拐が相次いでいたとか

犯人は近くの大学生で
すぐ捕まったものの

誘拐した少女達は
行方知らず知らずとか

2016e2.png

この犯人
結局何も発見に繋がる事を言わずに
病死したらしいのです

本当の恐怖は
その夜に起きました

夢を見ている訳ではありません
目の前に恐ろしい映像が映っているのです

2016e3.png

埠頭らしき場所
コンテナ内に四人の少女
何故か泣き叫ぶ若い男の肩を
トントンと叩く黒い影

そこでばっと切れました

そして
『ここにいるよ』と女の子の声が・・・

警察に
夢で見た話しをすると
『夢でしょ?』
『もう既に解決した事件』
『蒸し返しして迷惑かける気か!』と
呆れた声で電話を切られました

確かに無神経かもしれません

ですが行方不明に繋がる
わずかな情報に変わりありません

あの黒い影の正体は
人身売買の組織の者でしょうか?

貴方の周りにもありませんか?
その行方不明事件未解決ですか?

2016e5.png

連れ去られた者は
何処かで
今も助けを求めているかもしれません

これも都市伝説の類でしょうか?

※画像はフリー写真素材【写真AC】
【イラストAC】より イメージ画像として使用しています




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/03/19 18:12 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(人間編:其の44)第134話:『俺を無視するなら干してやる!』TV局のプロデューサーが招いた自己破滅・・・TV離れの原因か!?こんな者が手掛けるTV番組を見ても面白く感じるはずがない

これは
某アナウンサー&女優からの相談でした

プロデューサーからの夜の誘いが酷く
どうすればいいのかという相談でした

2016q1.png

『俺を無視するなら干してやる!』

プロデューサーの厄介な所は
業界内に働きかけて陰湿で
執拗な嫌がらせをする人が多い事

まるで
芸能界の独裁者といわんばかりの者が多いのです

現に

このアナウンサー&女優さんも
テレビ番組で嫌がらせを受けてしまいました

2016q2.png

ある美容の番組で
『いちいち(服を)着るな』と指示したらしいのです

周りは女性スタッフだらけだったので
裸の上に布一枚で撮影に応じたらしいのです

ですが
これが命取りでした

隠しカメラで撮影されていたのです

『俺の女にならないなら流失させるぞ!』

そう脅されて困っている話でした

ここまでくると
プロデューサーらの性質や性格上
答えは決まっているのです

大人しく従っても
やがて週刊誌への流失や
ゆすりのネタになってしまいます

2016q3.png

ヤクザ以下のチンピラ以下
獣じみたプロデューサーに
話し合いや理性は通じません

ここまでくると
潰しあいの覚悟をしないと駄目でした

情報屋のブンヤに頼み
徹底的にプロデューサーのボロを探しました

手癖が日頃から悪いせいか
すぐにボロは見つかりました

業界内でも
かばえないくらいのネタでした
しかも過去に

薬物にも手を染めていたのですから
勝つには確信が・・・

2016q5.png

そのネタを持って
彼が親しくしているヤクザでも
格上の人にお願いして対処して貰いました

結果的には
面倒なアナウンサー&女優として知れ渡れ
お茶の間からは遠のいてしまいましたが
全裸流失は免れたのでした

2016q4.png

今はそのプロデューサーは飛ばされ
地方局で働いているみたいですが
性癖は直っていないみたいで
悪評は絶えない感じでした

貴方の周りにもありませんか?

TV番組見て
何故か不快になりませんか?

性癖が歪んだプロデューサーの番組を見て
TVが面白いと感じるはずはありません


※画像はフリー写真素材【写真AC】
【イラストAC】より イメージ画像として使用しています




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/03/17 18:06 ] 忘れられない恐怖体験(人間編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(人間編:其の43)第133話:仕組まれた罠!タクシー2台に挟まれてぶつかり高額請求された!警察官ともグルになった悪質な金銭巻き上げに身震いしてしまった

【原付を狙って罠にはめようとするタクシー】

これは
私が大学2年生の時の話です

日曜日の早朝
コンビニアルバイトに原付で向かう途中
稲荷大橋付近で
タクシーの接触事故に巻き込まれました

2017d1.png

私は普通に走っているのに目の前に
一台のタクシーが
急に割り込んできました

すると後ろにも
車間距離が1mも無いくらい
ピッタリとタクシーが!
前後を挟まれました

2017d2.png

『何これ・・・』
と思った瞬間
前のタクシーが
急にブレーキをかけてきたのです

私はとっさに止まれたのですが
後ろのタクシーに押され
前のタクシーにぶつかりました

『何やっとんじゃワレ!』
チンピラみたいなタクシー運転手が出てきました

昔からガラの悪いタクシーで
有名なKタクシーでした

2017d3.png

『警察や!警察!』
捲し立てていました

『呼ばれたくなかったら金払えや!』

え?何で?と思いました

警察官が来ました
すると何という事でしょう

なんか知り合いみたいな感じでした
お互いに談笑しています

しかも私の話は一切聞かず
挙げ句の果てには
『目撃者いるんか?』と
投げ捨てる言い方をしてきました

笑顔で話し合う三人

2017d4.png

すると警察官が来て
驚く事を言い出しました

『大学には内緒にしてくれると言ってんだから』
『あの人達に感謝しなさいよ』
『示談でいいと言ってくれてるんだから』

まるで犯罪者扱いでした

タクシー運転手達は
ニヤニヤ笑いながら言ってきました

『二台分だからな』
示談の内容は次の通りでした

・一日15万稼いでいる
・傷が直るまで7日かかるから105万
つまり
二台分だから210万

更に修理費50万
二台分だから100万

精神的に被害をこうむった
更にむち打ちで一人50万
二人で100万

全部で410万払えと言うのです

2017d5.png

『どう考えでも請求額おかしいでしょ?』
『払えるわけない』
と言うと

『実家は何処や?』
『呉ですが?』

タクシー運転手達の顔が曇りました

『今回は特別に100万にしたる!』
そう言うと
名刺らしきものを見せつけてきました

これはヤクザの名刺?
『この人と仲良しじゃけんのぉ』

急に呉弁を真似ていました

よーく見ると・・・
同級生の親御さんでした

2017d6.png

『何だ?いい加減にしろよ!』

『さっきの名刺寄越せ!』と
怒鳴ると素直に出しました

腹が立って
近くの公衆電話から名刺の電話番号に電話かけると

『●●君の同級生ですが!?』

事情を説明するとすぐに向かうと言うのです

『●●さん来るから』と言うと
『仕事に戻らないと』と言い出すではありませんか?

先程まで傷があると
仕事にならんと言い張っていたくせに不思議でした

広島市内の組事務所から来ました
同級生も一緒でした

『こういうのに利用されてんじゃねーよ』と怒鳴りました

『悪かったなぁ』と同級生は苦笑い

他の者は
『グルになった警察官は誰や』
『●●かそれとも●●か?』
観念したかのようにタクシー運転手は答えていました

翌日
部屋に県警の刑事さん二人が訊ねてきました

案の定
タクシー運転手と共謀して長年
学生らしき者から脅しとっていたとか

2017d7.png

ですが
この事件はニュースになりませんでした
これも不思議でした

隠蔽体質が根づいているのでしょうか?

貴方の周りにもありませんか?
その事故は仕込まれたものかもしれません


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/03/16 19:48 ] 忘れられない恐怖体験(人間編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(人間編:其の42)第132話:3日前に殺人事件が起きた部屋で契約してしまった!いるはずの無い住民の正体は殺人犯だった・・・もう少しで私もやばかったかもしれない

これは20年くらい前の話です

新聞拡張団で
東京の某市を回った時の事

ある高層マンションの契約が
無効と言われました

大抵
無効になるのは支払いが
滞る家庭かトラブルが多い家庭・・・

ですが
私が契約した家庭は
人柄が良さそうな感じだったのです

ただ高層マンションで
裕福な者しか住めない感じなのに

『うちはサービス良ければとる』と
異様にがめつかった事

まぁこれは新聞セールスでは
しょっちゅうある事なので
気にしなかったのです

『本当にここで契約したの?』
店長が何度も聞いてきます

4回も聞いてきます
違和感を感じました

『無効でいいですよ』
『回収してきますので』

『いやそうじゃなくて・・・』

店長が気まずそうに
言ってきました

2017a1.png

『そこ3日前に殺人事件あったんだよ』

『今は誰もいないはず・・・』

『警察がね・・・ここの人身寄りがいないって言っていたんだよ』

『そういえば名刺貰ったわ』
店長が電話していました

すると慌てた様子で私に
『何処にも行かないで警察来るから』と言うのです

私には訳がわかりませんでした

遠い親戚が遺品整理でも来たとか
もしかしたら住民になりすまして
遺品整理回収業者が
嘘の契約を結んだと思っていました

2017a2.png

何故
ここの店長が
ここまで必死なのか理解できません

すると年配の店員さんが
こっちこっちと手招きしているのです

自販機の所まで
誘われるとコーヒーを奢ってくれました

『あんたが契約した部屋な若い風俗嬢でさ・・・』
『店長の愛人だったんだわ』

2017a3.png

あ・・・

『店長は妻帯者のくせにな』

あぁ・・・
それで表立って言えないのか

『奥で経理しているおばちゃんが奥さんな』

あぁ・・・
すぐ近くにいるから
はっきりと言えないのかと思いました

愛人だったから部屋の事もわかったのか
でも警察呼んだらバレそうなのに・・・

2017a4.png

案の定
警察が来て説明していると
『なんかおかしくない?』と突っ込まれて自爆していた

警察官と一緒に高層マンションに行くと
まず私がピンポン鳴らせと指示された

『先程の新聞屋です・・・』
そう言うとガチャと開いた

すると荒っぽく警察官が私を押しのけて
『貴方は誰ですか?』と
厳しい口調で尋ねていた

あんなに穏やかそうに見えたのに
ドアを必死に閉じようと
抵抗していたのが印象的だった

2017a5.png

すぐに捕まり後で聞いた話だが
あの住民は殺人犯だったという

ニュースにも出て二度驚いた

殺人犯と出遭うとは
命の危険と紙一重だった

貴方の周りにもありませんか?
空室なのに見知らぬ人が
いつの間にか住んでいませんか?

ヤバイ人が身近にいるかもしれません


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/03/15 23:48 ] 忘れられない恐怖体験(人間編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(不気味編:其の13)第131話:ヤバイ海の魔物に狙われた漁師達・・・襲われた4人の漁師達はサメに噛みちぎられた様にバラバラという不可解な壮絶死を遂げた

これは広島県呉市の警固屋に住む
漁師である叔父さんとの話です

私が小学4年生の夏頃
漁に連れて行ってくれると連絡がありました

新しく譲り受けた漁場らしく
魚影が濃いとの事でした

『夕方は危ないから・・・』
この言葉の意味がわかりませんでした

朝の6時に漁に出ました

漁場は意外と遠く
30分くらいかかりました

2017p1.png

『あの島を避けてきたから時間かかった』と
言うのです

質問すると
不機嫌になる叔父さんでしたが
この時ばかりは尋ねました

『どうしてあの島を避けるの?』
『あの島の周りには恐ろしいものがいる』

ピンときました
サメだ

『サメ?』と聞きました
すると『招くから聞くな』と怒鳴るのです

2017p2.png

怒鳴られてしまったので
それ以上聞けません
モヤモヤが止まりませんでした

叔父さんの顔色を伺いながらの
漁の手伝いは苦痛でした

ですが
それを打ち消すかのように漁は大漁でした

昼過ぎでしょうか
さっきまで快晴だったのに
物凄く暗くなりました

叔父さんの方を見ると血相を変えた表情で
漁船のエンジンを操作していました

辺りを見ると
何とあの島の近くでした

『顔を出すな!伏せてろ』と
言いながら近くにあった
ビニールシートをこちらに蹴り寄せました

『それを被れ!早く!』
叔父さんは怒鳴りました

『伏せてろ!伏せてろ!』
物凄い慌てようでした

その時です
深いはずの海なのに
船底にコツンと何かが当たりました

またコツンコツンと
何かが当たりました

船の揺れに
全く合っていません・・・

明らかに
何かがぶつかっている感じでした

すると船がグルグルと回っている感じでした

2017p3.png

叔父さんも急に船底にしゃがみました

すると釣具ケースみたいな木箱から
藁人形みたいなものを取り出すと
いきなり小さなナイフで左の手のひらを切り
その藁人形に血をなすりつけていました

するとその藁人形を
海に向かって思いきり遠くまで投げ込みました

するとさっきまで遊園地のコーヒーカップのように
回っていた船が
ゆっくりと・・・
回転が止まっていきました

叔父さんは急に船のエンジンをかけて
『前に行け!』と怒鳴るのです
言う通りに這いながら前の方に行きました

物凄い勢いのスピードを出しました
まるで暴れ馬のように船は
上下にバサンバサンとなっています

帰りはあっという間に着きました

2017p4.png

船つき場に着くと
周りにいた同じ漁師に向かって
『塩撒いてくれ!』と言いました
葬式みたいに身体に撒くのかな?と思ったら
船に塩を撒いているのです

それでも
陸にあがっていいと言われません

時々
飛んでくる塩が
目に入り痛くて・・・
体育座りで顔を伏せていました

すると服を脱げと言うのです
叔父さんも服を脱ぎました

2017p5.png

すると普段から
焚き火に使っているドラム缶の中に
投げ込みガソリンをかけて燃やしていました

『臭いをつけられるからな』
子供心に不思議でした

体臭は一緒なのに?
ほっとした安堵感からか
叔父さんの顔色が穏やかに見えたので尋ねました

『どうして服燃やすの?』
すると叔父さんは
先程とは打って変わって顔色が変わりました

『あいつは普通のサメじゃない』
『陸にいても安心できん』

不思議でした
陸にいるのに?

尋ねようとしたら
叔父さんは自ら続きを教えてくれました

あの二匹のサメに狙われると
不幸な事が起きるというのです

4人の漁師達が
次々と怪死したと言うではありませんか!

1人目は車を運転中にトンネル内で
2人目は家の中で
3人目は漁の最中に
4人目は茨城県の実家で

2017p6.png

不思議な事にばらばらに噛みちぎられて・・・
まるで
サメに噛みちぎられたかのようだとか

叔父さんに
この漁場を譲った人は
唯一の生存者らしいのですが・・・

生き延びたのは
その人の様子を見ていた他の漁師が
陸に上がる前に
服を燃やしている異様な光景を見た事から

助かったのは
服を燃やしたからか!?と噂されていました

その人は怖くて漁師を止めて
毎日
鉄製の鎧を着ているそうでしたが
家族に精神病院に入れられてしまったとか

叔父さんは
『今日で漁師止める』言いました
やはり相当に怖い存在なのでしょうか

その日に漁師を止めて
家族と共に
海の無い埼玉県に引っ越して行きました
私も現在まで無事です

叔父さんは86歳で亡くなりましたが
老齢での衰弱死だったので
あの服を燃やした行為は
間違っていなかったと思います

貴方の周りにも
踏みいってはいけない海域がありませんか?

そこには
ヤバイ魔物が住んでいるかもしれません


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/03/14 16:41 ] 忘れられない恐怖体験(不気味編) | TB(-) | CM(0)

巷で囁かれる怖い話(心霊編:其の9)第130話:いわくつきの場所にある消防署は自殺の名所だった・・・処刑場跡地に建てられた消防署の連続怪奇現象は傍を歩く者にも災いを呼び寄せるのか

『俺じゃない!』と叫びながら
飛び降り自殺が相次ぐ
全国共通のヤバイ場所知っていますか?

それは皆さんの身近な場所にあります
下手すると墓地よりヤバイとか・・・
それは消防署なんです

2017i1.png

あまり口外されていませんが
消防署の多くは屋上を厳重に施錠されています

それは飛び降り自殺が相次ぐ為です

怪奇現象が頻繁な場所なら
上階さえも立ち入り禁止になっています

コンコンコン・・・
そんな異音やポルターガイストなら
大騒ぎになりませんが
私の紹介する消防署は
手遅れというか・・・

あってはならない場所にある
いわくつきの場所にある消防署なのです

2017i2.png

消防署の建物も十分恐ろしいのですが
そこの救急車は死を運ぶ救急車だったり
死者が出る消防車だったり
人命救助ではなく
不幸を運んでくる消防署なのです

働いている人も精神疾患率も
非常に高く

現場は激務のせいだ
ストレスのせいだと誤魔化していますが
ほんの一部のトップは
原因がわかっているみたいでした

そのトップも
消防署前でバケツに灯油を入れ全身にかぶり
火をつけ
『俺じゃない!』と
何度も叫びながら焼死したというのです

2017i3.png

その火は凄まじかったといいます

泡消火剤なら簡単に鎮火できる火なのに
なかなか消せなかったらしいのです

しかも
その自殺した場所は
何度も飛び降り自殺が起きた落下位置だとか

ここはいわくつきの場所で
江戸時代は
首切り処刑場だったらしいのです

2017i4.png

これが原因かな?と思っていたら
私の子供も
そばを歩いただけで狙われたらしいのです

ぼーっとして
偶然にも落ちていたライターで
草木に火をつけようとした所を
近所の人が防いでくれたといいます

消防車も来て
消防士が怒ろうとした途端
『俺じゃない!』と
子供とは思えない中年男性みたいな声を出して
何度も叫びながら泣いていたとか

消防士達もこれには
ドン引きした様な顔をしていたと
近所の人に聞きました

子供に当時の事を聞いても
全く記憶が無いらしく困っていたら
霊媒師さんがメールで教えてくれました

しっかりと
護摩焚き費用も請求されましたが・・・

まさか近寄っただけで
こんな事になるとは

この町では
今でも不審火が相次いでいます

2017i5.png

やはりあの消防署が・・・
呪われた処刑場が原因なのでしょうか?

『俺じゃない』と叫ぶのは
救急車が間に合わなかったせいでしょうか?

それとも
火事現場での救出が遅れたせいでしょうか?

霊媒師さんの話によると
処刑場の首切り処刑人の“声”も混じっているとか・・・


貴方の周りにもありませんか?
近くにヤバイ消防署があるかもしれません


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/03/13 16:52 ] 巷で囁かれる怖い話(心霊編) | TB(-) | CM(0)

巷で囁かれる怖い話(心霊編:其の8)第129話:読経をするカラスの呪いは村を丸ごと消滅させた・・・地図から消えた村の存在が怖い理由はカラスの呪いだけなのか!?近寄っただけで発狂死してしまう怖い土地になってしまった

死を呼ぶカラスを
皆さんはご存知ですか?

これは東北地方の村に起きた怖い話です

そのカラスは元々は普通のカラスでした
ただ他のカラスに比べて
好奇心が強く
しかも賢いカラスでした

2017y1.png

村の家々に訊ねては
餌を催促していたくらい

特に村外れにある高齢の婆さんの家は
お気に入りみたいで
ほとんどその家にいたそうです

婆さんも可愛がり
撫でてあげると喜ぶそぶりを見せる等
愛嬌のあるカラスでもありました

毎朝毎晩
お婆さんはお経を唱えていました

2017y2.png

お経を唱えている間カラスは
お婆さんの膝の上に乗り
お婆さんのお経をまるで聞いているかのように
おとなしくしていました

三ヶ月が過ぎた夏の事

村の中心部にある竹林で
お経を唱える声がすると
村の中で話題になりました

姿が見えないのに
お経を唱える声がする

声も低く
人の声にしては
不気味な感じがしたらしいのです

そんな時です
カラスが
お気に入りのお婆さんが還暦を迎え・・・
村の者が
お婆さんの家に集まった時の事です

その場に居合わせた方が
後々この話を伝えてくれたのですが
壮絶な現場だったとか・・・

なんとカラスが皆がいる場で
お経を唱えだしたのです
これに一番驚いたのは
お婆さんでした

いきなり
『達彦!』と叫んだといいます

2017y3.png

達彦とは・・・
二十年くらい前に亡くなった息子さんでした
もう一度『達彦!』と叫んだと思ったら
『ギャー』と叫んで倒れたといいます

するとカラスは嬉しそうに
お婆さんの体や頭の上を跳び跳ねたらしいのです

それを見て村長さんが
近くにあった背中を掻く孫の手を使って
カラスを何度も叩き殺してしまいました

結局
お婆さんは救急車が間に合わず
亡くなったそうです

それからというもの
お婆さんの家付近で
あのカラスの読経の声が聞こえてきたのです

恐ろしい事に
その声を聞いた者は
発狂しながら吐血して亡くなるという
奇怪な死に方をするというのが
頻繁に起こるようになりました

2017y4.png

これに恐怖を抱いたのは村長でした

慰霊碑を建てたり
お祓い師を呼び寄せたり平常心を失っていました

村長には娘がいましたが
危険を回避させる為か海外に留学させたとか

ですが3日後
娘さんは謎の死を遂げたらしいのです
現地の報道が
規制されるくらいヤバイ死に方だったとか

これには村長も気が滅入ってしまい
村を手放す決断をしました

荷物搬出が決まり引っ越し業者の人達が
ぞくぞくやってきました

荷物を搬出するのを見守っていた
村長さんの様子がおかしいのです

『あのカラスの声がする』

2017y5.png

引っ越し業者の人達に声がしていないか
聞き回っていました
ですが声が聞こえるのは村長だけでした

すると突然『ギャー』と亡くなった村人と
同じように村長も突然死しました

他の村人も引っ越し業者も
その場から逃げ出しました

この話を伝えてくれた方は
声が聞こえなかったから
生き延びたと思うと語ってくれました

今では廃村どころか
地図にも載っていないそうです

その人は最後に怖い話も
聞かせてくれました

慌てて逃げた村人が
家財道具を取りに来ると
何処からともなく
あのカラスの読経が聞こえてきて
発狂して突然死するという怪事件が
何度も起きたというのです

地図にも載らない理由は
これだけではないといいます

廃墟探検に来た者さえも
同じように発狂して突然死したり
気がおかしくなるという事が頻繁に起きた為
極めて危険という事で隠す事にしたそうです

2017y6.png

残った村人にも厳しく言い渡されたそうです

私の所に話がきたのも
絶対に場所が特定されないという条件でした

霊媒師さんの話によれば
カラスといえど霊力は高く怨念化すると厄介とか

それに加え土地の神様の力も弱く
不浄な地へと変貌し
いわゆる呪われた土地になってしまったという事でした

貴方の周りにも聞こえませんか?

もしかしたら
カラスの読経かもしれません

これも消えた村の都市伝説の類でしょうか?


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/03/11 11:44 ] 巷で囁かれる怖い話(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(人間編:其の41)第128話:犯罪者への転落一歩手前でクモの糸を垂らしてくれる人が!捨てる神あれば拾う神ありなのか・・・義姉夫婦を変えた金の恨み妬みの怖さも思い知った

【親戚にも見放され犯罪者の仲間入りの寸前まで墜ちた】


ビジネスホテルで部屋で待てというより
閉じ込められた感じだった

無銭宿泊だから仕方ない事だ

土下座もしたが
『それは誰もが出来ること』と一蹴された

2017r1.png

警察官の到着を待っていると
ドアがコンコンとノックされ
開けると高齢の男性老人と
20代くらいの娘さんが立っていた
経営者だという

心から謝罪した

『どうしてこうなったか経緯を教えてくれんかね』

全て話した
驚かれるばかりで
到底信じてくれるとは思えなかった

そう話していると妻の方に向かって
『お姉さんに連絡してくれる?』と言い出した

妻は恐る恐る電話をかけた
経営者の娘が代わってとジェスチャーしている
電話を代わると驚く事を言い出した

『こっちが警察呼ぶのは簡単だけど、
それじゃあ・・・面白くはないでしょ?』

2017r2.png

『お姉さんが金貸して
返してもらえなかったら警察に通報すればいいじゃない?』

『その方が気持ちいいよ』

すると驚く事に経営者の口座に
すぐ入金するというではないか

あっははと笑う娘さんと高齢のお爺さん

『腹黒には腹黒でいかないとね』
『見事に憎まれているね』と笑いこけながら
部屋を出ていった

入れ替わりホテルの従業員が来ると
『明後日の10時まで滞在できます』
『これはオーナーから』
凄い量の食事とお菓子とジュースが
『え?いいんですか?』と問うと
『オーナーの好意なので』と・・・

『感謝しきれませんと伝えていただけますか?』
それしか言葉がでなかった

2017r3.png

なんと三食だしてくれるという
従業員から手紙を渡された
中には
『不思議な人生経験の話を聞かせてくれたお礼、
気にせず食べなさいね』と書かれていた

涙が止まらなかった

最後には
『散歩してきなさい』と
遊園地のチケットと五千円が・・・

従業員はオーナーからの好意ですと言うだけ
返そうとする私達を制止した

早速
昼に出かけた
子供達の笑顔を見るたびに泣き笑いしかできなかった

その後の話になるが
初給料に一万円返しに伺うと
『それを子供達に使って』と言って追い返された

人生とは色んな出会いがある
苦しめる者がいれば
助けてくれる者も
本当に感謝しきれない

2017r4.png

そのおかげもあって
犯罪者にならなくて子供達を悲しませる事にならずに良かった

何故ここまで
義理の姉夫婦は憎むんだろう

それは義母が亡くなってもわからなかったが

後で霊媒師さんが教えてくれた
まもなくそれを裏づけるかの様に
義理の姉の口からとんでもない事を聞いた

義母が亡くなり葬式の時に
『あんた達ばっかり良くしてもらって・・・』

霊媒師さんの話だと
『お前達(姉)夫婦には一切援助しない』
『●●(私達)にしているから金がない』と
義母は口癖の様に義姉夫婦を罵り煽っていたという

金に対して人一倍執着心が強い義姉は
どんどん怨み醜い心を持っていったという

2017r5.png

義母が亡くなったと聞いて
義姉夫婦は

真っ先に義母の所有物を漁っていたという

市役所の者が部屋中にあるものを
遺品整理する気もないのに
荷物の一部を売却していたと呆れていた

金というものは・・・
ここまで人を変えるのだろうか
本当に怖いものである


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/03/10 17:03 ] 忘れられない恐怖体験(人間編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の17)第127話:物凄い数の生霊や怨念に付きまとわれた原因はあの南米系外国人児童の腹見せが原因だった・・・住所変更できない逃亡生活は惨めで過酷だった

【住所変更もできない!絶望の中であがいた毎日】


これで安心したというのも束の間
あの外国人グループとの問題は解決していなかった

何度も警察に足を運んだが
神奈川県と同じ扱いをされた

中には
『一度会って話し合えばいい』とか言う警察官さえいた

霊媒師さんの話によれば
会えば確実に家族全員殺されていたという

2017q1.png

戸籍をなかなか変更できない苛立ちと
恐怖心で頭がおかしくなりそうだった

彼らは執拗に住所を特定しようと必死だった

戸籍のある兵庫県の某市に
何度も金を貸しているとか
お世話になったから居場所を教えて欲しいと懇願したという

はっきり言って市役所は信用できない
守秘義務があるとはいえ
抜け道はいくらでもある

子供を抱えての住所不定は苦労した

子供は何度も病気にかかり

病院にかかると全額負担・・・
いくら稼いでも
(新聞営業の)カード料の15万~20万はすぐに消えた

前述の霊媒師さんの話によれば
この事件で何故
物凄い生き霊につきまとまれ
怨念に遇ったのか・・・

その理由は
7人が殺されているという

2017q2.png

7人?
不思議だった

恐る恐る聞いてみた

するとあの家族は4人で
残りの3人は私達の捜索にあたった者達だという

住所を聞き出すのに
身分を明かした為だとか

余程
慎重深い犯罪組織なのだろう
証拠隠滅には
抜かりがない感じだった

そんな犯罪者グループに
『話し合えば・・・』とか
アドバイスする警察は本当にお花畑だ

2017q3.png

体内に違法薬物を入れて
運び屋にするような
犯罪者グループの恐ろしさや
残酷性を理解していないとは呑気というか
こんなんだから体内に仕込ませて
入国させてもバレないのだろう

KKKに入り調べて貰ったが
南米でも中規模の犯罪組織で非常に残酷で危険だという

2017q4.png

何故
途中で私達への追跡が止まったのか不思議でならなかった

現地の人の話によると
他の犯罪者グループとの抗争があり
かなりの数の幹部が殺されたという

日本へ違法薬物を運ぶように
指示していた幹部が殺されたのではないか
残虐な犯罪者グループの割には詰めが甘い

それとも運び屋を含め
全て消して証拠隠滅を図ったのだろうか
私達にとっては不幸中の幸いだが・・・

子供達を抱えての住所不定で
四ヶ月間逃げ回るのは大変だった
こういった時に親戚もいない
身寄りもないのは本当に惨めに感じた

それにしても
あの外国人の子供が訊ねもしないのに
勝手に腹を見せて怖い目に遭うとは・・・
これだから南米の子供は怖い

2017q5.png

偏見を持ってはいけないが
日本人の感覚と違う

盗む・盗まれる
そんなスラム街に住んでいるのだから
感覚は違って当たり前なのだろうか?


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/03/08 16:08 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(人間編:其の40)第126話:必死の逃亡の末に待ち受けていたもの・・・それは不安と絶望しかなかった!行政にも親族にも見捨てられ無銭宿泊に手を染めてしまった

【荷物を全て捨てて・・・解決策の見えない逃亡のはじまり】


精算は後でと近くの電車に急いで乗り込む

2016n1.png

ドアが閉まってゆっくりと動き出した途端
安堵の為か
どっと汗が吹き出してきた
心臓もバクバク
そんな時である

肌の黒い外国人3人がドアを叩いているではないか

『止まったらどうしよう』
止まらなかった

またどっと汗が吹き出した
すると携帯電話にメールが
『にげてもあなたはにげられない』

2016n5.png

平仮名だらけのメール送信者が
すぐに誰かはわかった

不安がる妻と子供に
『大丈夫としか言えなかった』
するとまたメールが
『にげれない』と
慌ててメールを全て遮断した

子供が不安そうに覗きこんでいたので
馬鹿に陽気なはしゃぎかたをして和ませるのに必死だった

『うるさい!』
他客に叱られたほどだった

東京駅に着いた

今日寝る場所を探さないと!必死だった
お金の心配もあった

代々木公園で妻と子供達を待たせて
神保町のサラ金を次々と回った

2016n4.png

『レジャーで』
貸してくれる所は皆無だった

そんな時
サラ金の業者が
『兄貴のとこ行けや』と言ってきた

簡単な地図を書いて貰って行くと
ヤバそうな建物だった

『●●●さんに言われて来たのですが・・・』
ドア横にインターホンに向かって言うと
電子鍵がガチャと開いた

『失礼します』と入ると
コワモテのお兄さんが四人いた

『いくら欲しいん?』
『親は健在か?』と質問責めに
まぁお金借りるんだから仕方ない
全て答えた

『新聞店に前借りすればいいじゃん』
『レジャー費用じゃないやろこいつ』
『奥さんと電話してみいや』

だいぶかな?と思いながら電話をした
すると妻がいきなり
『お金借りれたの?』と言ってきた
スピーカーで部屋全体に響き渡った

バシン!と何か棒で叩かれたと思ったら
四人がかりで蹴られはじめた

2016n3.png

『やっぱり金に困ってんじゃねーかー』

地面に転がりなから
蹴りの受け身をとるのが精一杯だった

2階だったが階段から突き落とされた

上手いこと受け身をとれて
素早く立ち上がれた

上から追いかけてくる
コワモテ兄さん達から逃げ切ることができた

代々木公園で待っている妻と子供達の所に行った

私の置かれた状況を理解出来ず
責め立てる一方だった

2016n2.png

もう日も暮れて今夜の泊まる場所探しをした

電話帳に載っている
安い民宿みたいなビジネスホテルを見つけた

家族全員泊まるにも
家族が多いと普通の所には泊まれない

意外にも激安のビジネスホテルを見つけた

人数どれだけいても同じ料金だという
だかベッドは2つだけ
私は床に座って寝るにした

後2泊しかできない
不安に襲われながら仕事を探しに出かけた

妻と子供達はもっと不安だっただろう
そう思うと心が苦しかった

行政にも足を運んでみた
だが何処も『知人くらいいるでしょ』と門前払いだった

足立区役所は
『そう言うんなら脚を見せろよ』と言ってきた

もしかしての気持ちから包帯を外していくと
『うわ!グロいな』と言って3人で苦笑いするだけだった
その後そのまま帰らされた
『次来ても一緒だから』その言葉は冷たく心をえぐった

求人も工場で受けた私の顔の傷と
脚のせいで見つからず
(※顔の傷については後程で・・・)

とうとう3日目になってしまった
『払う金がない』
もう無銭宿泊の犯罪者だ

駄目元で妻の姉に相談してみた
『捕まればいい』姉は笑いながら言ってきた

妻もこれが唯一の望みと感じたのか
泣きながら電話していたのが印象的だった
それでも冷たく突き放された

2016n6.png

そんな中
求人の一つから連絡が
凄く感じが良かった

後で分かった事だが
800万の借金を背負わそうとする経営者だった

『ワケアリでもいい』
『うちは犯罪者もかくまっているだからね』
その言葉に驚いたが
反対に今の私にとっては希望に感じた

だが前借りは無理だと言う
日払いに応じてくれ
明日から働けるという
部屋も古いながら一軒家を用意してくれた

ビジネスホテルに戻り正直に事情を説明した
やはり警察を呼ぶという

部屋で待てと言われた
『警察に捕まるのか・・・』
妻と子供はどうなるのか・・・
張り裂けんばかりの気持ちに
責めたてられながら警察が来るのを待っていた

(※字数が多いので次回に続きます)


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/03/06 15:48 ] 忘れられない恐怖体験(人間編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(人間編:其の39)第125話:遊びに来ていた南米系外国人の子供がいきなり腹を見せ・・・南米系マフィアに追われる事態に!警察も助けてくれない住所変更もできない逃避行がはじまった

【何気ない日常から始まった恐怖・・・それは突然やってきた】


これは長男が小学一年生の時の話です
今から26年くらい前でしょうか

妻がお母さんの手紙を見て
お母さんの側にいたいと言い出して
愛知県に帰ったものの・・・

『別れろ別れろ』とうるさく
妻も疲れて『遠くへ行きたい』と言うので
慌てて新聞の求人を見て応募した
岐阜のヤバい新聞拡張団に騙された頃でした

2016c3.png

もう少しで
三重県の方に売り飛ばされるところで
神奈川県大和市の新聞販売店に
救われた時でもあります
順調に働けていました

ちょうど3ヶ月経った頃でしょうか

長男がいきなり友達を連れてきたのです

あれ?と思いました
よーく見ると南米系の外国人の子でした

いやいや偏見は持ってはいけないと快く歓迎しました
それを気をよくしてか毎日遊びにくるようになりました

『困ったなぁ』
そう妻と話している時でした
私の前にいきなり来て服をまくりあげるのです
びっくりしました

男の子といえど
よその子なので驚きもします
『ここ!』と指差すのです・・・
何かの手術痕みたいでした
『ここにね袋入れるの』
『日本に来たら取り出すの』
『お金いっぱい貰えるんだよ』

体内からコカイン246袋 
日本人男性、メキシコ発の機内で死亡
2019年05月28日 BBCニュース
https://www.bbc.com/japanese/48429071


2016c1.png

上記の様なニュースを思い浮かべました

何て返事していいか分からず
『そうなの?』しか言えませんでした

その子が帰って5時間後
深夜の0時過ぎでしょうか

その子の父親だと名乗る者が
血相変えて訪ねてきたのです

深夜だというのに
物凄く呼び鈴を鳴らす異常な雰囲気でした
『一緒に来て・・・』
『一緒に説明して・・・』何度も手を引っ張るのです

2016c5.png

しかも土足で上がりこみ
家族全員で来いと言うではありませんか

『ふざけんな!』
我慢出来ず怒鳴りました

追い出してもドアをバンバン叩くので
警察を呼ぶと姿が消えました

警察の冷たい口調が印象的でした
『あんたも心当たりがあるんだろ?』
『返すもん返していないんだろ?』
何故かこちらが犯罪者扱いでした・・・

その時です
夕方の彼の子供の手術痕を思いだしました
警察にその事を伝えると
『見間違いでしょ』と冷たく切り捨てられました

早々に切り上げていく警察官に
『何かあった時すぐ来て欲しい』と
伝えるとフンと無視されました

忙しいのは分かるんですが
アノ態度は酷いと感じました

気分を取り直して不安がる子供達に
寝なさいと言いました
これは明日は学校に行けそうにないな・・・
そう思いながら寝ついたら5時でしょうか

突然
台所の窓が割られ
先程の父親が腕を伸ばして
ドアの鍵を開けようとするのです
もう必死でした
開けられたら全て終わる感じがしました

2016c6.png

伸ばして鍵を開けようとする腕を蹴りまくりました

すると割れた窓から父親と思われる男が
顔を突っ込みながら
『あんた達が来ないと私達が大変になる』と言ってきました

『知るか!』と私は怒鳴りました
『お願いします』と割れた窓に
更に顔を突っ込んできました
その顔を見て驚きました

右目が赤く腫れあがり潰れています
左目も出血して頭からも血を流している感じでした

妻が呼んだ警察のパトカーがようやく来ました
すると物凄い勢いで立ち去っていきました

声をかけてきた刑事と名乗る者に事情を説明すると
『顔は窓ガラスにぶつけたんでしょ?』と言うのです

どう見ても殴る蹴るされた痕に見えるのに・・・
分かって貰えません

刑事:『何かあったら連絡してください』
私:『かくまうとかして貰いませんか?』
刑事:『あのね・・・テレビの見すぎだわ』

こちらは凄く真剣なのに
苦笑で終わらされてしまいました

こんな状況では子供を学校に行かせられません
ドキドキしながら時間が経っていきました
すると10時頃でしょうか
小学校から携帯に電話がありました

私の子供は休みなのに
外国人の男の人が3人で
私?に頼まれて迎えにきたと言うのです

そんな電話を受けた後に
ピンポンと鳴りました

恐る恐るドアの
覗き穴から様子を伺うと
3番目の子が通っている
近くの保育園の園長先生でした

妻の代理だと外国人女性が迎えにきたという・・・
先程から
固定電話に何度もかけたが
繋がらないというのです

2016c4.png

固定電話の線は繋がっています・・・
何処かで切られている感じでした

不審に思った園長先生が追い返し
事実確認しようと明日の準備が
書かれたお便り帳を持って訪ねてきたというのです

事情を説明すると
『お父さんお母さん以外に預けない』と言ってくれるものの
もはやそんな悠長な段階ではないと感じました

園長先生の話を聞いて
妻が固定電話をあれこれと調べていました
『繋がらない・・・』
妻は青ざめていました

携帯電話で
警察に電話相談すると
『連れ出されたら電話して・・・』とか
『何処にでも公衆電話くらいあるでしょ』と
冷たく突き放されました

恐怖心が最高潮に達しているのか
外の音に敏感になっていました

ガラガラーという音にビクっと感じ
ベランダ窓から覗いてみると
白いワゴン車が2台止まっています

2016c2.png

少し離れた電柱陰に南米系外国人が立ち
こちらを見ながら電話しているではありませんか
これはヤバい!!と感じました

妻と子供達に最低限の
下着と服を入れるように伝えました
タクシーに乗れるかな・・・
後をつけられたら・・・
念のため2台呼びました
待ち合わせ場所を決め
先に妻と子供を乗せ
私は後のタクシーに乗りました

上手いこと彼らは私の後についていきました
『大和駅の交番前で・・・』
交番前に降りると交番にいる二人の警察官に
『フラフラ運転の車がいるんですが・・・』と
わざと彼らに見えるように外に出て指差しました

すると彼らの車は
物凄いスピードで急発進して去っていきました

警察官も異常な感じを察知したのか
あちこちに連絡を取っています・・・
やっと動いてくれました
(別件ですが・・・・)

駅のホームで不安そうな妻と子供達を
見つけました

とにかく
この場を離れなくては!
その一心でした
東京を目指しました

東京なら住所変更しなくても・・・
何とか住めるからです

これが住所変更すらもできない
逃避行のはじまりでした

次回は何故
これが単なる逃避行で終わらなかったのか
どうして心霊絡みなのか
書き綴ろうと思います


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/03/05 09:49 ] 忘れられない恐怖体験(人間編) | TB(-) | CM(0)

巷で囁かれる怖い話(心霊編:其の7)第124話:廃トンネルの肝試しで上から大きな足がきて押し潰した!?逃げ延びた友人もベッドごと潰れて圧死の不可解な死を遂げるという結末に・・・神罰を下せるほどの者の正体とは

これは
大学1年生の時の話である
夏も終わり秋の紅葉が
ちらちら見かけていた頃だ

この時はまだ
下記の記事に書いた
大学から紹介された学生寮みたいな
集合アパートに住んでいた

忘れられない恐怖体験(心霊編:其の3)第10話:
配線が無くても鳴り続ける不思議な呼び鈴・・・
他界した高齢の大家さんは息子と勘違いしたのか?
それとも呼び鈴を形見として
息子に渡して欲しかったのだろうか?
https://occult110.blog.fc2.com/blog-entry-10.html


電話は無く
2F出入口に公衆電話がついていた

夕方
ジリジリンと公衆電話が鳴った

受話器を取ると
珍しく私宛の電話だった

2016l2.png

病院からだったが何故?
私を呼んでいる者がいると言う

よく聞いてみると
高校時代の同級生だったYからだった

「悲惨な事故をされて・・・」
それ以上は語らなかった

夕方から始まる講義を休み
その病院へと向かった

そこには
包帯グルグル巻きのYがいた

声をかけると
「お前なら分かってくれるよな!」
「お前なら・・・」
何度も繰り返すのである

そこに居合わせた家族の中に
お母さんがいたのだが
外にと手招きしてきた
「息子は頭がおかしくなって・・・」
「あの子の話に付き合ってもらえますか?」と
涙を流すのである

部屋に戻りYに尋ねた
「何があったの?」と言うと
「俺も殺されるかもしれん」と言うのである

ヤクザか何かと思ったら
広島の幽霊トンネルの話をしだした

2016l1.png

「そこは鉄の柵あるだろ?」と言うと
友達4人で外して
車で中を走ったらしいと言うのだ

男女4人
もう一人の男性の名は私も知っている者だったが
ほかの女性二人はスナックの女の子だという

話を聞いていくと
どうやら肝試しに行ったみたいだ

トンネルの真ん中で
いきなり車が上から潰れたという・・・
信じがたい話だ

他の3人は押し潰され
Yだけが車外に放り出され
助かったというのだが・・・・

2016l4.png

そこで
Yが見たのは大きな足だったという
足から上は見えなかったらしい

そこで彼はいきなり興奮し
「皆あいつに殺されたんだ!」と叫びだした

計器の異常を感じてか
看護婦さんが慌てて来て病室から追い出された
叫びまくるY・・・
妹らしき女性とお母さんは泣きじゃくっていた

これは
私がどうする事も出来ないと直感した

夕方遅かったが
いつもお世話になっている
お寺さんに連絡してみた

事情を説明すると
「●●トンネル!?」と驚かれ
「無理や勘弁やで」と電話を切られてしまった

その当時
霊媒師さんみたいな方の連絡先を知っておらず
途方に暮れた

そもそも
●●トンネルは呪われているのか
疑問に思った

図書館に行き
●●トンネルについて調べてみた

事故や落盤が相次いでの閉鎖とまでしか
分からなかった

そんな中
話を聞いたお寺さんの
同級生の息子から連絡が・・・
彼にとっても同級生の惨事である

彼の話によると
お父さんである住職は怯えているらしい
そのくらい悪霊なのか
それ以上は聞き出せなかった

だが彼も協力するという
警察署へ訪ねてみた

何度も門前払いされたが
「●●●に行くといいよ」と一人の警察官が教えてくれた
事情に詳しい人が退職して
呉の商店街で喫茶店を営んでいるという

その喫茶店に行ってみた
マスターに
「●●トンネルの事故で聞きたいのですが・・・」と言うと
関わりたくないから退職したという
きっぱり断られた

退店をやんわりと促されたが
帰り間際に
「生き残ったYは同級生なんです」と言うと
「あれはね・・・踏まれたんだよ」とポツリ言い出した

「俺も信じているんだよ踏まれたと・・・」
車の痕には足の型が残っていたという

2016l3.png

だが
上の指示で揉み消されたとか

「●●トンネルみたいな事は初めてではないんだよ」
その話に驚いてしまった

もう何台も何台も同じ事が起きたのだとか
足跡もはっきり残っていたとか
全てトンネル内での操作不良による横転事故で
片づけられたという

お祓いしようにも
何度も失敗しお祓い者も
不可解な事故を遂げたという
圧死だそうだ・・・

何も無い所で圧死

この元警察官は
今でも《トンネルの足の持ち主》が
踏んづけたと思っているらしい

同僚も何人か不可解な事故を起こして
慌てて退職したのだそうだ

「もういいか?」と声を詰まらせるマスターの様子に
食い下がれなかった

「お祓いできる人いないかな」
私の言葉を聞いてお寺さんの息子は
何人か心当たりがあるという

その日はそこまでにと
急いで広島市内に戻った

アパートに戻ると
Yのお母さんから電話があったとメモが
深夜でもいいから電話をくれとの事だった

電話をかけると
「通夜に来てもらえますか?」と言うのである
その場で私も泣き崩れてしまった

2016l6.png

「そんな感じではなかったのに・・・」と私が言うと
「ベッドごと潰れて・・・」
不可解な死に方だったらしい

病院も早々と霊柩車を手配してくれただけで
何も触れなかったそうだ

通夜に行った
そこにはお寺さんの息子も姿があった

「あの件だけど・・・」
お寺さんの息子は重く口を開いた

2016l5.png

「あれ天狗様らしい」
「人が近づくべきものじゃないって・・・」と言うのである

どうやらあの●●トンネルに近づく者は
神罰が下る様だ

2016l7.png

その4か月後だろうか
●●トンネルは完全に塞がれたと聞いた
もう肝試しはできないと・・・・

貴方の周りにも
不可解な事故が起きるトンネルはありませんか?
鉄柵で覆われている廃トンネルありませんか?

入れないようにする理由は
単なる危険を防ぐ為ではなく
神罰から人を守る為ではないだろうか

肝試しという軽い気持ちや好奇心から
その鉄柵から先は入ってはいけません


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています






オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/03/03 12:38 ] 巷で囁かれる怖い話(心霊編) | TB(-) | CM(0)

忘れられない恐怖体験(人間編:其の38)第123話:留守で無人時間帯にうるさいと真上の上階の者が文句を言ってきた・・・引っ越しの挨拶もできない家族ものは異常だと思ったら薬物使用者だった

(2019/06/10の記事です)

最近
息子が通うB型就労施設だけでなく
介護施設を中心に
季節性のインフルエンザが流行っています

そんな矢先
息子が風邪を引きました
すぐに若さゆえか体調を治しましたが
今度は私が・・・・

2016f5.png

頭がズキンズキン
花粉症が悪化
腰痛が悪化
風邪?
よく分からないので病院に・・・

それがなんと3時間待ち
地獄だぁ~と我慢しながら
結局あれよこれよと5時間かかっていました(汗)

帰宅すると
何度も何度も管理会社から電話が!?


折り返し電話すると
「上の階の人がうるさいと言っている」
「壁を叩いてうるさい」と言うのです

2016f1.png

????
不思議に思いました

息子と二人暮らしですが
一つも音を立てていません

私:「それはいつの出来事の話ですか?」
管理会社:「今日の10時です!」

今日の10時は留守で無人です(汗)

私:「上の階の鈴鹿大学の人に言っておいてください」
私:「今日9時から14時過ぎまで留守で無人でしたと」

管理会社:「え?えぇ・・・」

するとあれだけ息巻いていた管理会社も
トーンが下がりました・・・

私:「本当に今日の10時ですか?」
私:「上の学生によく話を聞いてください」

すると
管理会社は驚く内容を伝えてきました

なんと上の階の人はいつの間にか転居し
家族ものが引っ越してきているというのです

2016f4.png

家族!?
家族もので引っ越し挨拶無し!?
驚きました

引っ越しの挨拶もしない者が
堂々とうるさいと言うのはおかしいと思います
その事を管理会社に言うと
先程まで息巻いていた者は歯切れを悪くしています

だから夜中もゴトゴト
昼間もドドドドンと走り回っていたのか・・・・

私も子供が5人いたので
家族持ちには配慮出来ますが
挨拶無しの者には容赦しません

そんな中
上からドドン!ドドン!と床を蹴る音が!!

カチンと来たので
管理会社を呼び上階を訪問しました

すると
「なんだ?おぉ?」とチンピラ父親が出ました

私は日頃から温厚ですが
この態度にスイッチが入り・・・
「9時から14時まで留守していたのに何文句言っとるんけ!」と
怒鳴ってしまいました

「壁をバンバン叩いていたろ?」と言うのです
「だから留守にしていると言っているじゃろうが!」と
言い返しました

すると変な臭いがプーン
何を言っているのか自分でも分かっていません

管理会社の者に
「警察呼んだほうがいいぞ」と指示しました

やはり案の定
見かけ通りなのか胸ぐらを掴んできました

この時ばかりは
何故か早く来る警察官の姿が・・・

タイミングよく警察官の目の前でしたので
警察官が静止してくれました

警察官の姿を見て動揺したチンピラ父親が
玄関を急いで閉めようとします

警察官も違和感を感じたのでしょう
閉めさすまいと足を突っ込み玄関をこじ開け
中に入って行きました

2016f3.png

すると風呂場の浴槽に
裸で2歳から3歳の子供が放り込まれ
汚物だらけだったそうです

そして案の定
薬物も・・・・

2016f2.png

母親は
奥で薬物を吸引中でした

留守で無人なのにうるさいと感じたのは
幻覚だったのでしょう

とんだ近所トラブルです
でも刺されなかっただけマシなのかな・・・・
早く発覚して良かったと思います

それにしても管理会社も
大手チェーンだというのに
全然役に立たない(汗)

皆さんも
挨拶無しで引っ越してくる者が近くにいませんか?

「うるさい!」と
意味不明な発狂をしていませんか?

それは薬物中毒の幻覚かもしれません
巻き込まれないように気をつけてください


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
[ 2020/03/01 15:05 ] 忘れられない恐怖体験(人間編) | TB(-) | CM(0)