FC2ブログ




















忘れられない恐怖体験(心霊編:其の17)第127話:物凄い数の生霊や怨念に付きまとわれた原因はあの南米系外国人児童の腹見せが原因だった・・・住所変更できない逃亡生活は惨めで過酷だった

【住所変更もできない!絶望の中であがいた毎日】


これで安心したというのも束の間
あの外国人グループとの問題は解決していなかった

何度も警察に足を運んだが
神奈川県と同じ扱いをされた

中には
『一度会って話し合えばいい』とか言う警察官さえいた

霊媒師さんの話によれば
会えば確実に家族全員殺されていたという

2017q1.png

戸籍をなかなか変更できない苛立ちと
恐怖心で頭がおかしくなりそうだった

彼らは執拗に住所を特定しようと必死だった

戸籍のある兵庫県の某市に
何度も金を貸しているとか
お世話になったから居場所を教えて欲しいと懇願したという

はっきり言って市役所は信用できない
守秘義務があるとはいえ
抜け道はいくらでもある

子供を抱えての住所不定は苦労した

子供は何度も病気にかかり

病院にかかると全額負担・・・
いくら稼いでも
(新聞営業の)カード料の15万~20万はすぐに消えた

前述の霊媒師さんの話によれば
この事件で何故
物凄い生き霊につきまとまれ
怨念に遇ったのか・・・

その理由は
7人が殺されているという

2017q2.png

7人?
不思議だった

恐る恐る聞いてみた

するとあの家族は4人で
残りの3人は私達の捜索にあたった者達だという

住所を聞き出すのに
身分を明かした為だとか

余程
慎重深い犯罪組織なのだろう
証拠隠滅には
抜かりがない感じだった

そんな犯罪者グループに
『話し合えば・・・』とか
アドバイスする警察は本当にお花畑だ

2017q3.png

体内に違法薬物を入れて
運び屋にするような
犯罪者グループの恐ろしさや
残酷性を理解していないとは呑気というか
こんなんだから体内に仕込ませて
入国させてもバレないのだろう

KKKに入り調べて貰ったが
南米でも中規模の犯罪組織で非常に残酷で危険だという

2017q4.png

何故
途中で私達への追跡が止まったのか不思議でならなかった

現地の人の話によると
他の犯罪者グループとの抗争があり
かなりの数の幹部が殺されたという

日本へ違法薬物を運ぶように
指示していた幹部が殺されたのではないか
残虐な犯罪者グループの割には詰めが甘い

それとも運び屋を含め
全て消して証拠隠滅を図ったのだろうか
私達にとっては不幸中の幸いだが・・・

子供達を抱えての住所不定で
四ヶ月間逃げ回るのは大変だった
こういった時に親戚もいない
身寄りもないのは本当に惨めに感じた

それにしても
あの外国人の子供が訊ねもしないのに
勝手に腹を見せて怖い目に遭うとは・・・
これだから南米の子供は怖い

2017q5.png

偏見を持ってはいけないが
日本人の感覚と違う

盗む・盗まれる
そんなスラム街に住んでいるのだから
感覚は違って当たり前なのだろうか?


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
関連記事
[ 2020/03/08 16:08 ] 忘れられない恐怖体験(心霊編) | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する