FC2ブログ




















巷で囁かれる怖い話(心霊編:其の9)第130話:いわくつきの場所にある消防署は自殺の名所だった・・・処刑場跡地に建てられた消防署の連続怪奇現象は傍を歩く者にも災いを呼び寄せるのか

『俺じゃない!』と叫びながら
飛び降り自殺が相次ぐ
全国共通のヤバイ場所知っていますか?

それは皆さんの身近な場所にあります
下手すると墓地よりヤバイとか・・・
それは消防署なんです

2017i1.png

あまり口外されていませんが
消防署の多くは屋上を厳重に施錠されています

それは飛び降り自殺が相次ぐ為です

怪奇現象が頻繁な場所なら
上階さえも立ち入り禁止になっています

コンコンコン・・・
そんな異音やポルターガイストなら
大騒ぎになりませんが
私の紹介する消防署は
手遅れというか・・・

あってはならない場所にある
いわくつきの場所にある消防署なのです

2017i2.png

消防署の建物も十分恐ろしいのですが
そこの救急車は死を運ぶ救急車だったり
死者が出る消防車だったり
人命救助ではなく
不幸を運んでくる消防署なのです

働いている人も精神疾患率も
非常に高く

現場は激務のせいだ
ストレスのせいだと誤魔化していますが
ほんの一部のトップは
原因がわかっているみたいでした

そのトップも
消防署前でバケツに灯油を入れ全身にかぶり
火をつけ
『俺じゃない!』と
何度も叫びながら焼死したというのです

2017i3.png

その火は凄まじかったといいます

泡消火剤なら簡単に鎮火できる火なのに
なかなか消せなかったらしいのです

しかも
その自殺した場所は
何度も飛び降り自殺が起きた落下位置だとか

ここはいわくつきの場所で
江戸時代は
首切り処刑場だったらしいのです

2017i4.png

これが原因かな?と思っていたら
私の子供も
そばを歩いただけで狙われたらしいのです

ぼーっとして
偶然にも落ちていたライターで
草木に火をつけようとした所を
近所の人が防いでくれたといいます

消防車も来て
消防士が怒ろうとした途端
『俺じゃない!』と
子供とは思えない中年男性みたいな声を出して
何度も叫びながら泣いていたとか

消防士達もこれには
ドン引きした様な顔をしていたと
近所の人に聞きました

子供に当時の事を聞いても
全く記憶が無いらしく困っていたら
霊媒師さんがメールで教えてくれました

しっかりと
護摩焚き費用も請求されましたが・・・

まさか近寄っただけで
こんな事になるとは

この町では
今でも不審火が相次いでいます

2017i5.png

やはりあの消防署が・・・
呪われた処刑場が原因なのでしょうか?

『俺じゃない』と叫ぶのは
救急車が間に合わなかったせいでしょうか?

それとも
火事現場での救出が遅れたせいでしょうか?

霊媒師さんの話によると
処刑場の首切り処刑人の“声”も混じっているとか・・・


貴方の周りにもありませんか?
近くにヤバイ消防署があるかもしれません


※画像はフリー写真素材【写真AC】【イラストAC】より
イメージ画像として使用しています




オカルトランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


PCの買い替え費用の援助者募集しています
このページをチップで応援



このブログと同じFC2ブログしませんか?アフィリエイトに最適ですよ
関連記事
[ 2020/03/13 16:52 ] 巷で囁かれる怖い話(心霊編) | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する